【茨木】梅花女子大学 “もちもち”の魅力がわかる特別講座 開催!

世界に先駆けて日本で開発された「もち小麦」。
名前の通り、もちもち・滑らかな食感、調理加工により、
糖質の吸収が、おだやかで太りにくい食品になるのも魅力です。
その「もち小麦」の魅力を知る特別講座を、
茨木市・大阪ガス・大阪ガスクッキングスクールと共同で開きます。

茨木市特産「龍王味噌」とも特別コラボ

当日は、梅花女子大学 食文化学部管理栄養学科(食品学・基礎栄養学)の
藤田修三教授が「もち小麦の魅力」と題し講義。
もち小麦が登場した経緯、商品開発のほか、
「もち小麦を使った春餅風」
「もっちりつるりんすいとん入り豚汁」、
「キノコと貝柱のもち小麦粒ごはん」などの料理を披露。

また、茨木市北部地域の米麹と大豆、塩のみで出来た特産品
「龍王味噌」とも特別コラボ、
「もち小麦粉のみたらし団子」も作ります。

料理は持ち帰りいただけるほか、
お土産として、もち小麦粉と、
もち小麦粉で作ったパン(1個)も
お渡しします。

講義の日時・場所は
2022年2月25日(金)18時~20時 大阪ガスクッキングスクール 淀屋橋、
2022年3月21日(祝・月)10時30分~13時 ハグミュージアム(大阪市西区)。
申し込みは1月25日(火)締め切りで、
大阪ガスクッキング(https://www.og-cookingschool.com/)までお願いします。
抽選後、ご参加いただける方のみ、申し込み締め切り日より
1週間以内にメールでご案内します。
ふるってご参加ください!

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

梅花PR隊梅花女子

梅花は梅花女学校を前身とし、1878(明治11)年に大阪で初めての女学校して開校。キリスト教主義の女子の総合学園として茨木に梅花女子大学、大学院、豊中に梅花中学校、高等学校、幼稚園があります。歴史と伝統を糧に、以来、豊かな教養を持ち、社会に貢献できる「Challenge&Elegance」な女性の育成を続けています。

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング

north