【柏】マリンバ&アコーディオンによる癒しのギフトコンサート

【柏】マリンバ&アコーディオンによる癒しのギフトコンサート

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

すてきな音楽を聴くと心が癒されますよね。
このコロナ禍で、多くの大規模なライブ、フェス、コンサートが中止になってきました。会場までの移動も心配ですよね。
そんな中、柏市教育委員会文化課さんが、感染対策を徹底して、柏市と近郊の皆様に、生演奏を楽しんで頂ける機会を設けて下さいました。
ラコルタ柏で開催された、マリンバ&アコーディオンによる癒しのギフトコンサートをご紹介します🎶

ラコルタ柏で、癒しのギフトコンサート🎁🎶

「誰もが集える みんながつながる 地域へ広がる」 柏市教育福祉会館 ラコルタ柏は、中央公民館と総合福祉センターからなる複合施設です。こちらの3階オープンスペースで、コンサートは開催されました。
ご来場の皆様、間隔をあけて着席されて、開始時間を今か今かと心待ちにしていらっしゃいました。
そこへ、すてきな曲を奏でながら、お二人が入場してきました。演奏された曲は、昆虫記ファーブル作曲の「せみ」を原曲とした「ファーブルの見た空」です。すてきな笑顔で楽しそうに演奏されて、もう最初からワクワクが押し寄せてきました!

会場は、ラコルタ柏3階オープンスペースです🎵

会場は、ラコルタ柏3階オープンスペースです🎵

すてきな笑顔で、演奏しながら入場するお二人です🍒

すてきな笑顔で、演奏しながら入場するお二人です🍒

マリンバの藤本亮平さん

マリンバは、打楽器の一種で音盤の下に金属製のパイプ(共鳴管)をつけた木琴の仲間です。
音盤と呼ばれる木の板(ローズウッド)がピアノの鍵盤と同じように並び、その下に共鳴管という金属のパイプがついています。木琴よりも音板が大きいため低音域で音色も柔らかく余韻もあります。
演奏においてはマレットを使って音板を叩きます。そのマレットの選択で音色が変わったり叩く場所や数によって音が目まぐるしく変化する楽器です。
2曲目は、Close to you。「こんなご時世ですが、せめてこの曲で皆さんのお心に寄り添いたいです」という思いを語ってから演奏して下さいました。
藤本さんは、柏市出身です。昨年7月カシワテラスで開催された朝活打楽器で初めてお会いしました。
その時に、最後のレッスン枠でしたので、マリンバを解体して、車に運ぶ作業を手伝わせて頂きました。
5オクターブ半の音階を奏でられる100キロのマリンバ。解体、運搬、組み立て作業がとても大変であることも曲の合間にご説明して下さいましたが、実際にその作業をお手伝いするという貴重な体験が出来ていたタンタンです🎵
そんなご苦労があっても、皆さんにすてきな音楽を届けたいと活動して下さっている、すてきな藤本さん⭐優しく寄り添い、そして力強く元気をくれる、とても素晴らしい演奏です!

5オクターブ半、100キロもある、大きなマリンバ!

5オクターブ半、100キロもある、大きなマリンバ!

優しい笑顔で、楽しく演奏されている藤本さん✨

優しい笑顔で、楽しく演奏されている藤本さん✨

アコーディオンの岩城里江子さん

左手のベースボタン、右手の鍵盤、音色を変えるスイッチに蛇腹と、少し難しそうなのですが、操作性が高いぶん、自分の手によって何色にも変わる音色はとっても魅力的なアコーディオンです。
演奏の合間に、アコーディオンのどこを押したらどんな音色になるかなど、楽器の説明もして下さいました。
岩城さんは、子育て中にテレビで偶然見た、自由に音楽が踊っているような、アコーディオン弾きの姿に衝撃を受けて弾きはじめたのだそうです。
3曲目は、ニューシネマパラダイスを演奏して下さいました。「コロナ禍、お家で映画を観たり、新しいことにチャレンジしたりということが、皆さんも多いのでは?」と、語りかけて下さいました。
岩城さんは、YouTubeで、「星のことほぎ」という星座ごとの動画配信を始められたのだそうです。
昨年末には、全星座が公開され、柏Studio WUUで、「星のことほぎコンサート」も開催されました。
下記URLより、演奏をご覧いただけます。
すてきな岩城さんのお噂は、いろいろなところで伺っていて、その後、2回も偶然お会いするという奇跡的なご縁がありました。演奏を聴けたのは今回が初めてで、とても感動したタンタンでした!

アコーディオンをすてきに演奏される、岩城さん✨

アコーディオンをすてきに演奏される、岩城さん✨

曲の合間に、いろいろなことを楽しくお話しして下さいました!

曲の合間に、いろいろなことを楽しくお話しして下さいました!

素晴らしいコンサートを、ありがとうございました💝

この後、演奏して下さった曲をご紹介します。
4、りんご追分 5、おくりうた 6、クロードへのタンゴ ☆アンコール 糸
りんご追分、クロードへのタンゴは、藤本さんはカホンを演奏して下さいました。カホンは、穴のあいた長方形の木箱を叩いて音を出す打楽器です。アンコールの糸は、きたかしわぶんかさいで、タンタンも歌った楽曲です。心の中で、一緒に歌っていました。(いつかお二人とこの曲をご一緒したい🥰)という夢もタンタンの心に生まれました。
「糸は、人と人とのご縁、繋がりを大切に思う歌です。このコンサートにいらして下さった皆様とのご縁にも感謝して演奏します」と、おっしゃって下さいました。
実は、このコンサートの前日に、藤本さんと偶然お会いして、そのご縁でタンタンは今回伺うことが出来ました。こうして、巡り会えた皆様との繋がったご縁を、これからも大切にしたいと思っています。
藤本さんと岩城さんは、4月2日(土)に、大洞院で、春の寺コン~桜を愛で雅を感じる~にも出演されます。
詳細は、下記URLをご覧ください。

柏市教育委員会文化課スタッフ様からのメッセージ

今後、ご予定されている活動について、詳しく教えて頂きました。
「文化課では,音楽の街かしわ創出事業の一環として,アウトリーチ型のコンサートを定期的に開催しております。今回はその中で,「癒し」をテーマに,コロナ禍でも日々頑張っている市民の皆様へ,音楽を通じて癒しを提供することを目的に開催しました。次回は,5月中旬に,旧吉田家住宅歴史公園にて,「土間コンサート」を開催する予定です。」
そして、市民の皆様へのメッセージを頂きました。
「文化課では,今後も感染症対策に十分留意し,市内各施設にて,柏市ゆかりの素敵なアーティストによる,様々なジャンルのコンサートの開催を予定しています。よろしければ,ぜひお越しいただけると幸いです。」
音楽で、心が繋がれるという素晴らしい場を作って下さいました、柏市教育委員会文化課のスタッフの皆様に心より御礼申し上げます。すてきな癒しのギフトコンサートを開催して下さいまして、どうもありがとうございました💝

【コンサート開催場所】ラコルタ柏

【癒しのギフトコンサート主催】柏市教育委員会文化課

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミンかしわんタンタン

柏市非公式キャラクター『かしわん』の作者タンタンです。柏生まれ柏育ち。フォトグラファー、イラストレーター、シンガー。柏は、沢山のすてきがある素晴らしい街です。すてきな人、場所、文化、お店を皆様にご紹介します。

north