【柏】映画『Trumpet』🎺トーク&演奏付き上映🎦主演⭐曽根麻央直撃インタビュー🎊

【柏】映画『Trumpet』🎺トーク&演奏付き上映🎦主演⭐曽根麻央直撃インタビュー🎊

「柏でも活動されている、すごいジャズプレイヤーがいるんです⭐!!」タンタンのバンドのベーシストが何度もそう話してくれたことで、その方のことを知りました。そして先日、柏 Studio WUUに設置されていたフライヤーに、そのお名前を見つけました!曽根麻央さんです⭐柏西口にある映画館キネマ旬報シアターさんで、曽根麻央さん主演の映画『Trumpet』の映画上映があり、尚且つ、ご本人が映画館にいらして、トークショーと演奏まで観ることが出来るとありました!これはすごい!!沢山の方にお知らせしなくては!!という使命を感じたタンタンです。
上映初日に映画を鑑賞しました後に、なんと麻央さんご本人に取材をさせて頂くことが出来ましたので、たっぷりご紹介致しますね🎦🎺🎵✨

映画『Trumpet』リーフレットの下部です。映画上映の詳細が書かれています。

映画『Trumpet』リーフレットの下部です。映画上映の詳細が書かれています。

映画『Trumpet』高く評価され、数々の賞を受賞⭐

映画『Trumpet』は、アメリカを初めて訪れたジャズに憧れたトランペット奏者である日本人の青年が、到着早々パスポートや携帯を失くし、ブルックリンで道に迷い、地獄のような一夜を経験。言葉がわからないなりにもニューヨークで生きる人々と接しながら、音楽を通して状況を打開していくという、17分間の短編映画です。アジア最大級短編映画祭「ショートショート・フィルム・フェスティバル」にて『オーディエンス・アワード』を受賞した作品です。

また、アメリカ、ロードアイランド国際映画祭で「ベスト・コメディー・ショート賞」と「アンバサダー賞」も受賞。演技は初めてだったという曽根さんですが、とても心温まる、笑っちゃうようなコメディー的な場面も、感動的なラストも、素晴らしい演技で表現されています!映画上映後、舞台に登場した曽根さんに、会場の皆さんから大拍手が起こりました👏👏🎊

ニューヨークに到着後、タクシーに乗ってドライバーと一生懸命会話する純朴な主人公を演じる曽根さん(許可を頂いて、映画画面を撮影しました)

ニューヨークに到着後、タクシーに乗ってドライバーと一生懸命会話する純朴な主人公を演じる曽根さん(許可を頂いて、映画画面を撮影しました)

上映後、会場からは大拍手がおこりました👏👏✨

上映後、会場からは大拍手がおこりました👏👏✨

映画『Trumpet』リーフレットの上部です。

映画『Trumpet』リーフレットの上部です。

上映後のトークショー

この映画を制作するにあたり、監督のケビンさんが主演俳優を探している時に、曽根さんのバークリー修士課程発表のYouTubeを観てオファーされたそうです。最初は嘘かと思ったそうですよ(笑) でも、監督から具体的なお話しを色々なSNSを通じて頂いて、やろう!という気持ちになったそうです。どんなふうに撮影されたか、トークショーでは色々なことをお話しして下さいますので、楽しみにして下さいね。

タンタンが取材で曽根さんから伺った中では、こんなことを話して下さいました。
「自分の言葉で言うということは大事にしていました。台本はあっても、おおまかな流れだけで日本語の台詞はあまり書いてなかったんです。何回も何回もやるうちに、自然な言葉がでてきたタイミングでカットしたんです。いかに自然にこなすか、周りの役者さんが素晴らしいので、なんとかやってこれました!」
曽根さんの台詞と表情、演技に大注目して、お楽しみ下さいね。

左にいらっしゃるキネマ旬報シアター番組編成の江崎毅さんが、映画について曽根さんにインタビューする形式でトークショーが行われました。

左にいらっしゃるキネマ旬報シアター番組編成の江崎毅さんが、映画について曽根さんにインタビューする形式でトークショーが行われました。

撮影について、いろいろなことをお話しして下さいました。

撮影について、いろいろなことをお話しして下さいました。

素晴らしい演奏

トークショーの後には、演奏をして下さいました。フリューゲルホルンで、即興曲の演奏です。
その美しく深みのある優しい音色に、会場の皆さん聴き入って、感動していらっしゃいました。
映画を楽しんだ後に、生演奏を聴けるという、こんな贅沢な時間を過ごせるなんて幸せだなぁと、タンタンもしみじみ思いました。曽根さんは、「芸術を、音楽を、映像を、肌で感じるという機会は、いつの時代にも必要なことです。僕はそれを発信し続けることが使命だと思っていますので、今後とも応援して頂けると嬉しいです。」と、語って下さいました。
曽根さんは、インスタグラムで音楽活動の詳細を随時更新されていますので、ぜひフォローしてみて下さいね。
この上映会の模様も、早速アップされています。

心に響く、美しい音色を奏でて下さいました。

心に響く、美しい音色を奏でて下さいました。

音に、情感を込められていることが、表情からも伺えます。

音に、情感を込められていることが、表情からも伺えます。

映画館のスクリーンに映った、演奏されているシルエットもすてきです💖

映画館のスクリーンに映った、演奏されているシルエットもすてきです💖

アルバム「ブライトネス・オブ・ザ・ライヴス」即売会&サイン会

2022年2月9日には2枚目のアルバムとなる「ブライトネス・オブ・ザ・ライヴス」がリリースされました。
上映後には、そのアルバムの即売会とサイン会が開催されました。感染対策万全のスペースで、曽根さんがCDジャケットにサインをして下さいます。リクエストしましたら、名前も入れて下さいました。
曽根さんに、このアルバムに込めた想いを伺いました。
「このアルバムは、トランペットの音色にこだわって録りました。トランペットという楽器が、こんなにいいことが出来るんだよっていうのを、自分の出来る最大限の力でやりたかったんです。トランペットは、明るくて輝いている音色、そういう音を聴くと幸せになれると思うんです。そういうふうになって欲しいなと思って作ってみました。」
アルバムに収録されている曲を、キーボードで弾きながら、曽根さんが丁寧に解説して下さっている動画がYouTubeに公開されています。そのリンクを下記にはりますので、ぜひご覧くださいね。

上映後に、サイン会を行って下さいました。サイン会の会場には、映画『Trumpet』の大きなポスターパネルも設置されています。

上映後に、サイン会を行って下さいました。サイン会の会場には、映画『Trumpet』の大きなポスターパネルも設置されています。

タンタンのバンドのベーシスト、鵜沼海里くんです。柏市の公立高校の一年生で、ご家族と一緒に来場してくれました。

タンタンのバンドのベーシスト、鵜沼海里くんです。柏市の公立高校の一年生で、ご家族と一緒に来場してくれました。

タンタンも、CDを購入して、サインをして頂きました。リクエストして、名前も入れてもらっちゃいました!

タンタンも、CDを購入して、サインをして頂きました。リクエストして、名前も入れてもらっちゃいました!

音楽活動のルーツ

1歳から流山市に住んでいる麻央さん。ご両親が音楽家でいらして、お父様が選んで色々な名曲を麻央さんに小さい頃から聴かせてくれていたそうです。8歳の時に、トランペットの音に感動してご両親に「やってみたい!」と話したら、プラスティックのマウスピースで音が出たら本物を買ってあげよう!と言われチャレンジした麻央さん!なんと一発で音が出ちゃったそうなんですよ。それから、めきめき上達した麻央さんは、ご両親と一緒に流山で音楽活動を始めました。福祉施設や老人ホームなどでも演奏されていたそうです。

高校生の時に、師事していた先生からの勧めで、トランペット奏者タイガー大越さんのクラスに参加し、タイガーさんからバークリーで学んだ方がいいという導きを受け、アメリカの本科のオーディションでは、全額奨学金を受けるという成績で入学したのだそうです。高校卒業後、渡米入学までは、ジャズドラマー猪俣猛グループにも参加していました。

在学中国際的に著名な様々な賞を受賞されました。2014年度『国際トランペット協会(ITG)ジャズ・コンペティション』で優勝。2015年に地元・流山市より『ふるさとづくり功労賞』受賞。2016年に同大学の修士課程の第1期生として主席で卒業されて、その後帰国。2018年にメジャーデビューを果たしました。

曽根麻央さんが、上映後の演奏のために持参された楽器。左がフリューゲルホルン、右がトランペットです。

曽根麻央さんが、上映後の演奏のために持参された楽器。左がフリューゲルホルン、右がトランペットです。

YouTubeでの発信

曽根さんは、YouTubeでもいろいろなコンテンツを発信して下さっています。
今、野球界では大谷選手が投手と打者、オリンピックでは平野歩夢選手がスノーボードとスケートボードで、二刀流として活躍して注目されています。ジャズ界の二刀流といえば、左手でピアノと右手でトランペットを演奏する曽根麻央さんです⭐🎹🎺曲とタイミングを選んで、この演奏方法もされるそうなんです。すごい才能ですよね✨ライブ演奏やMVも公開さていますので、この二刀流での演奏もYouTubeで観ることが出来ます!

また、星野源さんの「不思議」やあいみょんさんの「裸の心」など、J-POPの名曲もカバーされています。「J-POPもいい曲がいっぱいあります。名曲をインストでカバーすることで、Jazzのナンバーは歌い継がれてきました。J-POPも、何十年後にも曲を残したいという思いから、Jazzのハーモニーを使いつつカバーしています。」という思いを、曽根さんは話して下さいました。

楽器の練習方法やコツ、聞いておくべきトランぺッターを紹介して下さる動画もあります。現在、朝ドラで話題になっている、ルイ・アームストロングは、曽根さんがトランペットを始めるきっかけになった方です!もちろん、この動画で紹介されています。曽根さんは、テレビを持っていないそうですが、朝ドラの評判はお耳に届いているそうで、NHK大阪で制作されているため、お知り合いの関西のミュージシャンの方が沢山バックで活躍されているのだそうです。朝ドラで、トランペットへの関心は、とても高まっています。
曽根さんのYouTubeでも、トランペットの素晴らしさや魅力をさらに深く知って感じて頂きたいです!ぜひ、チャンネル登録してみてくださいね💝

ライブ、その他の活動

曽根さんの2ndアルバム『Brightness of the Lives』のリリース・ライブが、ジャズの殿堂「ブルーノート東京」で、3月12日(土)に開催されることが決定しました。ブルーノート東京は、日本中心のジャズミュージシャンにとって最も評価されるライブハウスで、特にリーダーでのる(自分の名義でのる)ということには、特別な意味があるのだそうです。曽根さんは、ブルーノート東京でのステージは2回目の出演となり、前回も今回もご自分の名義での出演です。とても素晴らしいです✨
一方、曽根さんは、教育活動も積極的に携わっていらっしゃいます。浜松の文化振興財団からは毎年依頼を受けて、吹奏楽部の指導に行かれています。また、地元流山でも吹奏楽部の指導をしていらっしゃいます。

映画『Trumpet』のパネルの前で、主演⭐曽根麻央さん🎺✨

映画『Trumpet』のパネルの前で、主演⭐曽根麻央さん🎺✨

曽根麻央さんからのメッセージ

「流山の方達は、いまだに僕のことを大事にしてくれています。なので、感謝の気持ちがすごくあります。」と、曽根さんは話して下さいました。2009年から開催されていた流山ジャズフェスティバルが、コロナの影響で2年位出来ていないので、復活させたいと思っているそうです。地元の皆さんのことを思っての音楽活動も大事にされている曽根さんはとても素晴らしいなぁと、心打たれたタンタンです。
曽根さんは、「学校生活を、流山市、柏市、松戸市で過ごしてきたので、東葛地域全体が地元として大切にしているエリアです!」とも、おっしゃって下さいました。
今回のアルバムの2曲目に収録されている、「Luminous(ルミナス)」のオフィシャルビデオを、曽根さんのYouTubeで観られます。
下記がそのURLとなりますので、ぜひご覧になってみて下さいね。流山の風景もふんだんに盛り込まれています。
沢山の方に、曽根さんの音楽が届くように、皆さんと共にタンタンも応援していきたいです!

流山の風景をバックに、トランペットを吹いている曽根さんです。

流山の風景をバックに、トランペットを吹いている曽根さんです。

キネマ旬報シアター

  • 住所:千葉県柏市末広町1-1 柏高島屋ステーションモール S館隣り
    TEL:04-7141-7238
    営業日時: 年中無休(ただし元日を除く)
    開館:8時45分  閉館:22時頃
    窓口は最終上映開始10分後に終了いたします。
    チケット購入の際は各日の上映スケジュールをご確認ください。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミンかしわんタンタン

柏市非公式キャラクター『かしわん』の作者タンタンです。柏生まれ柏育ち。フォトグラファー、イラストレーター、シンガー。柏は、沢山のすてきがある素晴らしい街です。すてきな人、場所、文化、お店を皆様にご紹介します。

north