【堺区】三宝水再生センターの一般公開で、約100種の紫陽花を愛でる

【堺区】三宝水再生センターの一般公開で、約100種の紫陽花を愛でる

こんにちは。さとです。

何を隠そう、私、紫陽花が好きなんです。

桜も、咲き始めから、花びらが舞い散るまで楽しみ
開花時期は桜の咲く場所を求めてはしごするほど好きなのですが

桜における造幣局の通り抜けのような場所が、

紫陽花で、しかも我がまち堺にもあると知り早速行ってきました!

 

場所はどこ?

以前、ジモトミンのじゅんさんが、ビーチクリーンキャンペーンで行かれていた
堺浜自然再生ふれあいビーチから大和川沿いに車で5分ほどの距離にある
生活排水を綺麗にして川や海に戻す役割を担う「三宝水再生センター」にて開催されています。

処理水を有効利用して育てられた約100種1200株の紫陽花が、
ベストシーズンの毎年6月上旬に一般公開されているんだとか。

HPによると、三宝水再生センターには、例年5月〜6月に多くの小学生が社会見学で訪れるそうで、
その小学生たちに、下水処理水で育てた紫陽花の花を見てもらうために職員の皆さんが植えたのが始まりなんだそうです。

平成3年に紫陽花の一般公開を開始し、今では人気スポットとなっているようです。

また、多くの方に紫陽花を楽しんでもらうとともに、下水道についてもより深く知ってもらえるように施設見学等も行っているそうですよ!

どんな紫陽花があるの?

「三宝水再生センター」に到着すると、警備の方が会場へと誘導してくれました。

広い敷地内には順路が書いてあり、道順に沿って進んでいきます。

 

紫陽花_あじさい

スタート地点はテントが張ってあるのですぐにわかります

道に沿って咲く紫陽花は一見似ている様で、よく観察すると、ガクの数や形状に違いがあり、見たことのない種類もちらほら。花の名前が書いてあるコーナーもありました。

紫陽花_あじさい

八重咲きが華やかな「小町」。世界3大美女、小野小町をイメージしているのでしょうか

 

紫陽花_あじさい

初夏の代表的な花木で、可愛らしい花弁が集まって咲き、ピンクの大花が特徴の「美少女」

 

紫陽花_あじさい

「ブルーサファイア」という名前ですが、ピンク色から水色へのグラデーションがとっても綺麗

 

紫陽花_あじさい

ヤマアジサイとの交配で作られた「ロンド」はシックな雰囲気。全体的に小作りで枝も細め

 

紫陽花_あじさい

柏葉アジサイの八重咲き種。柏に似た切れこみの入った葉と、真っ白で長い房状の花が美しい「八重柏葉」

 

紫陽花_あじさい

花は青紫の一重で額縁咲き。葉は鋸歯がなく光沢があり蜜柑の葉に似ていることから「ミカンバガクアジサイ」と命名

 

白覆輪の八重咲きとなる金平糖のようなかわいい花が特徴。一輪は10枚ほどの花弁で華やかな「コンペイトウ」

 

存在感を放っていた「ハーモニー」。手毬状の花が段々に重なって花房を形成してボリューム満点

 

紫陽花を一株ずつ鉢植えにして、フェンスにハンギングされているコーナーもありました。

目の高さで見られるので、絵画鑑賞のように楽しめます。

 

紫陽花_あじさい

色々な種類の紫陽花がズラリと並ぶハンギングゾーン

 

立札がなく、名前は分からないけれど、思わず写真を撮りたくなる

珍しくて可愛い形の紫陽花があちこちにあって

時間が経つのを忘れて見入ってしまいます。

スロープへ出る突き当たりに、360度花が見られる場所があり

どの方面から見ても紫陽花が綺麗に見えるように工夫して植えられていたり

屋根の下では、種類も色も様々な花が鉢植えで大事に育てられている様子が伺えました。

 

360度どこからでも紫陽花が堪能できる場所。この盛り盛り感がたまりません

鉢植えで育成中の紫陽花たち。スプリンクラーで上から水が滴り落ちています

 

紫陽花にどっぷり浸かって忘れがちですが、スプリンクラーもさることながら、

所々で「あ!ここは水再生センターだったんだ」と思い出させてくれる設備に出くわします。

 

施設の概要を、パネルで分かりやすく図解してくれています

下水処理の勉強もできて、紫陽花も堪能できるとっても貴重な機会。

最終日の今日は、17時で終了だそうですので、

時間に余裕を持って、ぜひとも足を運んでみてください。

令和6年度「三宝水再生センターあじさい一般公開」

  • 日程:令和6年6月6日(木曜)~6月9日(日曜)

    時間:午前10時~午後4時(土・日曜は午後5時まで)

    住所:堺市堺区松屋大和川通4丁147-1

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部さと

生まれも育ちも大阪で、結婚を機に泉北ニュータウンに移り住み、居心地の良さに気付けば早8年。緑豊かな環境に癒されながら日々を過ごしています。

公式LINEバナー

north