【南区】歴史豊かな堺市だから!その地名には、由来があるのです①「上神谷」

【南区】歴史豊かな堺市だから!その地名には、由来があるのです①「上神谷」

はじめまして、いまむーです。
堺市に住んでいても、その地域から遠いところだと意外と知らない地名があるかも?ですよね。
そこで、より“地元ツウ”になれる豆知識をご紹介します。
年末年始、お掃除やお料理の合間に、ちょっと肩の力を抜いて読んでみてください。

「うえかみたに」?「かみかみや」?

正解は「にわだに」です。

堺市のホームページにある「南区地名あれこれ」によると、
「古い時代には神のことを『みわ』といい、神が降りてこられた伝説があるこの地域は『上神郷』(かみつみわのさと)と呼ばれ、『みわのさと』が『にわのさと』となりました。
明治22年の町村制で北・中・南の上神村(にわのむら)に分かれますが、明治27年には、同じ谷筋にある村だからと合併して、上神谷村(にわだにむら)となりました」
とあります。

 

そんな歴史豊かな「上神谷」には、国宝・櫻井神社をはじめ古刹が数多くあり、だんじり祭りはもちろん、毎年10月の第1日曜日には櫻井神社秋祭で国の無形民族文化財である「上神谷のこおどり」が奉納されるんだそうです。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部いまむー

まちっと編集部いまむーです。街ネタ探しの経験を生かして、堺・泉北がもっと好きになる情報をお届けします。アイコンの画像は、3匹いる飼い猫の中の紅一点・リドォです。

公式LINEバナー

north