【豊中】老舗和菓子屋さんの「くずバー」に夢中!「御菓子司 富貴屋」

【豊中】老舗和菓子屋さんの「くずバー」に夢中!「御菓子司 富貴屋」

mrs

<豊中発>こんにちは。北摂地域特派員のにこです。
数年前から、「溶けないアイス」として年々人気の高まっている「葛アイス」。
ここ豊中市でも、ブームの前から販売されている老舗の和菓子屋さんがあるとお聞きし、さっそく保冷バッグを片手に(笑)、お邪魔して参りました!

創業1962年、看板商品はあの豊中銘菓!

お店の最寄りは、阪急宝塚線・服部天神駅。駅の北側からすぐ東西にのびている府道145号線を、西に歩くこと約4分。魅力的なお店が点在する「服部阪急商店街」の一角に、創業昭和37年の老舗、「富貴屋」さんの本店があります。本店も駅近ですが、改札を出て東側すぐの所に駅前店もあるので、電車に乗る前にサッとお買い物できてとっても便利!


落ち着いた佇まいの「富貴屋」さん本店

ところで、豊中市民ならお店の名前を聞いてピンとくる方も多いのでは・・?
そう!この「富貴屋」さん、あの有名な豊中銘菓、「白球もなか」を製造されているお店なんです!
豊中市が高校野球発祥の地だったご縁で生まれた「白球もなか」は、今やお店の看板商品となっています。


   豊中銘菓・白球もなか(1個180円)

野球ボールとグローブをかたどった皮に、小豆と柚子の2種類の餡。皮と餡が別包装になっていて、食べる時に餡をはさんでいただくので、ぱりぱりの香ばしい最中がいつでも楽しめる逸品。野球好きな方へのプレゼントとしてはもちろん、今の時期は帰省土産としても重宝しそうです。これまでに、結婚式の引き出物やイベントの記念品として、皮に好きなデザインをプリントした最中を製作されたこともあったとか。個性的で素敵!

夏のおススメデザート!「くずバー」には、隠れた誕生秘話が・・!

「白球もなか」を筆頭に、練りきりやお餅、お赤飯などが並んだお店の一角に、今回のお目当て、「くずバー」がありました!


「くずバー」(各220円)

「富貴屋」さんで「くずバー」が生まれたきっかけは、元々葛切りをお祭りに出すために加工していた時のこと。間違って葛切りと蜜を同時に溶かして混ぜてしまったのだそうです。そのまま捨てるのは勿体ないので、凍らせて食べてみた所、意外にイケる!という所から、開発を開始。硬さや甘さを改良しながら誕生したのが、「くずバー」。葛粉とお砂糖、クエン酸をベースに、保存料を一切使わずに作られているので、小さなお子さんも食べられます。

店内には、「くずバー」と並んでお子さんに人気の「おえかきどらやき」(大・400円、小・200円)もありました。お話によると、このどら焼きも、2枚の生地がくっついて焼けてしまった時に、売り物にならないので自宅で絵を描いておやつにした所、子どもに大好評!それが商品化につながったのだそう。失敗を成功に変えてしまうアイデアの数々が、お店の魅力的な商品に活かされているのですね。

しゃりっと、もっちり♪くせになる食感の「くずバー」

たくさんのお話を伺ったあと、「くずバー」を自宅に持ち帰ることに。「とけないアイス」の名前がついている通り、30分程度の持ち歩きなら、特に保冷しなくても大丈夫とのお話でした。万一、完全に解凍されてしまった場合でも、なんと再冷凍OK。多少形は崩れても味はそのまま美味しく頂けるそうです。
そんな「くずバー」、現在「富貴屋」さんでは6種類の味が販売されています♪


右下から時計回りに、マンゴー・抹茶・いちご・ゆず甘夏・ブルーベリー・カルピスミックスフルーツ

自宅でまず、頂いたのはマンゴー味。一口噛むと、しゃりっとした歯ごたえと冷たさを感じ、それが口の中で溶けると、葛のもっちりした食感と、濃厚なマンゴージュレの味が追いかけてきます。葛の生地に果汁を混ぜてから固めるのですが、重さの比重で果肉や小豆が浮いて、自然と二層になるんですって。不思議!
どのお味も、果肉がしっかり入っているのと、葛のもちもち感とで、食べ応えたっぷり!また、酷暑の中でも溶けて手がベタベタになることがないので、外でも気軽に頂けます。
このやみつき食感、是非皆さまもお試しくださいね♪

御菓子司 富貴屋
■本店
住所:豊中市服部西町2-5-23、服部阪急商店街内
TEL:06-6863-0504
営業時間:7:00~18:00
定休日:月曜日
■駅前店
住所:豊中市服部元町1-9-18。服部天神商店会内
TEL:06-6867-0504
営業時間:9:00~20:00
定休日:なし
http://wafukiya.com

(リビング北摂Web特派員:にこ)

オリジナルサイトで読む

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

リビング北摂Web

豊中、吹田、池田、箕面、高槻、茨木エリアのグルメ、イベント、お出かけ情報が満載の「リビング北摂Web」。地元在住の「リビング地域特派員」が街ネタを発信する「地域特派員レポート」のほか、「北摂のニュース」など地元密着のニュースやトピックスを盛りだくさんに発信しています。 ※公開日、公開内容は「リビング北摂Web」に掲載された時点の情報です。既に内容が変更されている場合がありますので、お出かけの際はHPなどで最新の情報を確認してください

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング

north