【箕面】古民家カフェ「十八代笹川」が8月22日(月)オープン!地域の“サードプレイス”に

【箕面】古民家カフェ「十八代笹川」が8月22日(月)オープン!地域の“サードプレイス”に

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。

箕面の北東に位置する粟生間谷エリアに、

100年以上続く古民家をリノベーションしたカフェレストラン「十八代笹川」が、8月22日(月)にオープンします!

「教えたい/教えて」にもニックネーム・コウさんから「8/22箕面市粟生間谷東にスパイスカレーがいただけるカフェがオープンするようです」と情報のご提供がありました(ありがとうございます!)。

大きな屋敷の工事なので、「何ができるのかな?」と気になっていた地元の人も多いはず。

今回、オープン前に来店できる機会があり、一足先にお邪魔しました。

駐車場手前。石橋を渡ると、白壁と石垣が見事な古民家が現れます。

入り口は建物をぐるっと回った奥。

重厚な佇まいに期待が高まります。のれんをくぐって、さあ、中へ。

手入れの行き届いた庭と、平屋建ての立派なお屋敷

のれんをくぐってからお店までのアプローチも上品です。

新旧が共存する新しい“古民家カフェ”

立派な庭を通って店舗の入り口へ。
そっと引き戸をあけると、中には、少し意外な空間が広がっていました。

土間の広さを生かしたL字カウンターが10席。

土間の広さや天井の高さなど、古民家の特徴的な要素がそのまま生かされた、かなりシンプルな内装。

ドリップの様子を間近で眺めることができます。

奥には6人がけのテーブルが2卓。とにかく静かでゆっくりできます。

特に、奥のテーブル席は、丸太の梁や土壁、左官の下地の竹小舞がむき出しのまま。

古民家の特徴が随所で見られ、まるで展示されている古民家の中でくつろいでいるような、不思議な感覚になります。

新旧が上手く共存した古民家カフェ。建物は古いのに、古民家カフェとしてはなんだか新しさを感じます!

テーブル席の上は屋根裏の構造が見える形に。

スペシャルティコーヒー&スパイスカレーを

そんな十八代笹川でいただけるのは、スペシャルティコーヒーとスパイスカレー。
どちらもオーナーの好きなもので、こだわりもつまっています。

素揚げ野菜とポーク&チキンのカレー(1600円・サラダ付き)、十六穀米は+100円。2種あいがけは+100円

カレーは「スパイスカレー」と「欧風カレー」の2種類のルーがあり、
今回は2種類が味わえる“2種あいがけ”をチョイス。

スパイスカレーはしっかりと風味があり、大人向けのスパイシーさ。
欧風カレーは辛味が抑えられていて、あぶらっこさなし。どちらのルーもサラっとしていて、するするといただけました。

スタッフの方が丁寧にハンドドリップしてくれます。エスプレッソマシンは世界的にも有名な「ラ・マルゾッコ」を導入

スペシャルティコーヒーは、オーナーが時間をかけて探した3つのロースターの焙煎豆を使用。

豆の状態を見ながら、バリスタが納得の1杯を提供してくれますよ。

この日は暑かったので、アイスカフェラテに(750円)。香り豊かなエスプレッソが静かにミルクに流れていきます。

奥のカウンター席からは、庭の緑が眺められ、居心地はバツグン。
シンプルで余計なものがないからか、ただただ時間を忘れてゆっくりと過ごせました。

地域のサードプレイスとしても

実は店舗入ってすぐ右手には、何も手をつけていない、そのまま残された和室がありました。

屏風の奥を覗いてみて!懐かしさを感じる和室です。

実はこちらの建物は、笹川家が代々住んできたご自宅。

“18代目”であるオーナーも幼い頃に何年か住んでいたことあったそうです。

誰も住むことがなくなってからは、そのまま朽ちていく状態を見ているだけでした。

「解体ではなく、この立派な建物を生かす方法」を考えたときに、人が集まれるカフェへの再生へと動きだしたのです。

そして、「地域の人たちのサードプレイスに」との強い思いもあり、広い2間続きの和室はそのままに、
今後、ワークショップや集会所、子どもたちの習い事など、
みんなが集まれる場所として活用していく予定だそうです。

 

涼しくなれば、いずれ庭園部分にテラス席も検討中。店内にも物販スペースができるかも?

懐かしい雰囲気にほっと落ち着くけれど、訪れるたびに新しい変化が感じられる「十八代笹川」。

これはもう、行くしかないですね!

十八代笹川

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

north