「かつアンドかつ」初の大阪産(もん)コラボメニュー“季節の花かごランチ 大阪産(もん)”

「かつアンドかつ」初の大阪産(もん)コラボメニュー“季節の花かごランチ 大阪産(もん)”

こんにちは!まちっと編集部のりんごです。先日、「かつアンドかつ」の新メニュー試食会にお邪魔した時のレポートをご紹介します。サクサクのカツに小鉢がたくさんついた、女性に人気のメニューです。

大阪産(もん)をおいしくいただくランチが新登場

大阪・京都・兵庫・奈良でとんかつ専門店を展開する「かつアンドかつ」では、12月13日から「大阪産(もん)」のきくな・にしかわ農園の大根・大阪海苔・ツヅミいちじくソースを使用した「季節の花かごランチ 大阪産(もん)」を、月~土曜日のランチタイム限定で提供をスタートしています。

季節限定「季節の花かごランチ 大阪産(もん)」1331円。大阪産(もん)を使用したフライ1品と小鉢2品がヒレカツなどと一緒に花かごに盛り付けられています

同メニューは、親会社であるダスキンが今年7月に大阪府と7分野にわたって包括連携協定を結び、そのうちの“地域活性化”分野での取り組みとして開発された商品。大阪産(もん)とは、大阪府域で栽培・生産される農産物・畜産物・林産物・水産物と、それらを原材料として使用した加工品です。

“きくな”と“大阪海苔”を巻いたフライ、“きくな”を生で味わえる豚しゃぶサラダ、“にしかわ農園の大根”を使用した煮物、フライのソース“ツヅミいちじくソース”で、大阪産(もん)が楽しめます。

写真左手前から、和泉市の“にしかわ農園の大根”、“大阪海苔”、“きくな”。同左奥“ツヅミいちじくソース”。同中央奥にある日本酒は、日本最古の銘醸地、摂津富田郷で造り続ける大阪の酒“國乃長 上撰 本醸造”(通年販売・「季節の花かごランチ 大阪産(もん)」には含まれません)

「口あたりが軽くて食べ飽きないとんかつ」をコンセプトに、1999 年大阪府吹田市にて第1号店紫金山公園店をオープン。現在は、大阪府・兵庫県・奈良県・京都府に16 店を展開

かつアンドかつでは、初となる大阪産(もん)とのコラボメニュー。素材の味や旨味を生かしたメニューをぜひ味わってみて。

かつアンドかつ“季節の花かごランチ 大阪産(もん)”

  • ■販売期間:2022 年2月28日まで。月~土曜日のランチタイム限定販売(午前11時~午後3時)
    ※12 月27 日(月)~1 月5 日(水)は販売を休止。
    ■販売店舗:かつアンドかつ15 店(西大和学園前店では販売していません)
    ※天候不順などで食材が入手困難な場合は、他の産地の食材に変わることがあります。

    詳細は、webで確認を

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

north