【茨木】昭和40年頃の南茨木周辺。舗装のない道を通るのは、耕運機かトラクターか牛!

【茨木】昭和40年頃の南茨木周辺。舗装のない道を通るのは、耕運機かトラクターか牛!

こんにちは!石川県から地元・茨木に思いを馳せる手づくり本屋、こころあそびです。

2024年もよろしくお願いします!
年末年始を実家で過ごしていると、母からこんな写真が。

白黒!そして自転車、なんかおっきない?ちょろっとコマもついてるなあ~

白黒!そして自転車、なんかおっきない?ちょろっとコマもついてるなあ~

昭和40年頃の風景

ここは茨木市の沢良宜西付近。
現在の阪急南茨木駅に続く道で、写真の右の方に見えるのはできたての中央環状線とのこと。
阪急の駅はまだなく、JR茨木駅付近の建物が遠くに見えます。

ちなみに当時はJRではなく国鉄・・・でもなく省線という時代。
「テレビはナショナル」の広告塔も郷愁を誘います。

同じ場所の現在。当時見えていた中央環状線は、たくさんの建物でかくれています

同じ場所の現在。当時見えていた中央環状線は、たくさんの建物でかくれています

約60年でいくつもの変化

このナショナル広告塔が今は何かになっていないかな~?と思いましたが、跡形なし。
写真で広告塔の向こうに見えるのは、2008年に製造停止したサッポロビールの工場。
わたしも幼い頃、工場見学に行った思い出があります。
今は立命館大学のキャンパスになっていますね。

その左に写るのは日本専売公社(現日本たばこ産業)の工場。
この跡地に2001年、マイカル茨木(現イオンモール茨木)が誕生しました。
(マイカルってどの世代まで言ってるんでしょう?)

阪急南茨木駅まできて、やっと中央環状線が見えました。(モノレールの下)

阪急南茨木駅まできて、やっと中央環状線が見えました。(モノレールの下)

昭和40年頃この道はまだ塗装されておらず、道路の真ん中は車のタイヤがあたらないため、草が。
車もめったに通らない道で、母は自転車の練習し放題だったそうです。

「通っても耕運機かトラクターか牛やったからなあ~」
・・・牛!!
牛の糞に気をつけて歩いていたそうです。
今の南茨木周辺の景色からは、なかなか想像できません。

日々進化を続けている茨木ですが、たまにこうして昔の景色を見ると、ホッと懐かしくなりますね。
わたしはまだまだ生まれていない頃なんですが・・・なんだかそこにいたような気持ちになりました。

昔の白黒写真に近づけるべく、暗めの写真でお送りしました(ただ曇ってただけ~!)

昔の白黒写真に近づけるべく、暗めの写真でお送りしました(ただ曇ってただけ~!)

阪急南茨木駅周辺

    ★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

    ※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

    • facebookシェア
    • twitterシェア
    • LINEで送る

    ライター一覧

    この記事を書いたのは…

    author avatar

    ジモトミンこころあそび

    茨木で生まれ育ち、いまは石川県で手づくり本屋をしています。帰省するたびに進化していく茨木にわくわくしつつ、失われていく風景もここに残していけたらなあと思います。

    公式LINEバナー

    north