【吹田】閑静な住宅街に佇む蕎麦屋「梵保庵」、モダンな空間で癒しのランチ

【吹田】閑静な住宅街に佇む蕎麦屋「梵保庵」、モダンな空間で癒しのランチ

今日は近所にあるお店に行ってきました。ずっとずっと行きたかった蕎麦屋さん、梵保庵さんです。営業日が土日、月曜のみ。すぐにいっぱいで入れなくて、、、今日は開店時間前にいくことができました。こちらのお店、閑静な住宅街にあります。開店前は暖簾がかかっていないので、通り過ぎてしまうこともあります。

黄色い暖簾が目印です

黄色い暖簾が目印です

思わず通り過ぎてしまうほど静かな住宅街に隠れた名店あり!!

梵保庵さんの外観です。何度か通り過ぎてしまいました!!三保ヶ池が目印ですよ。

はじまりは、梵保庵名物だし巻き卵から。

分厚くてふわふわ。プルプル揺れています。和食屋さんのだし巻き卵ってどうしてこんなにほっこりするのでしょう。やさしい味だけどしっかり出汁がきいています。いくらでも食べられそうです。そばをを食べる前の前菜に名物だし巻き卵を注文される方が多いそうです。

こちらは鴨の燻製です。蕎麦と相性がいい。

こちらは鴨の燻製です。蕎麦と相性がいい。

今はお昼営業のみです。

今はお昼営業のみです。

どちらがお好き?白と黒の蕎麦

蕎麦には白と黒があります。白はそばの実の芯の部分を取り出した喉越しが良く、甘みがある更科そば。黒は粗挽きにしたそばの香りが強い田舎そば。欲張って両方いただきました。女将さんが、お塩でも食べてみてください。と、、、そばの香りが鼻にぬけてたまらないです。わさびと塩の組み合わせも最高です。

三保ヶ池を眺めながら蕎麦を食する至福の時間

最後の締めにはあたたかい花巻を。半人前ほどの小椀でいただきました。お出汁が深い。そばの存在感もしっかりしていました。窓辺にある、三保ケ池を眺めながら静かな時間を味わうことができました。店内は和とモダンが融合した空間です。ジャズが流れていて別世界に来たようでした。

梵保庵

  • 住所:吹田市新芦屋下27−5
    TEL:06−6877−0999
    営業時間:11:30〜14:00(当面の間、夜の営業は休業)
    定休日:火曜、水曜、木曜日、金曜(祝日は営業)
    駐車場:2台

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミン風天のみぽりん

ビールと餃子とコーヒーと与論島をこよなく愛する。食と人が繋がることで、女性たちが健康で働き続けられる場を目指す『人生を変えるコーヒーの学校』を主宰。

north