【茨木】10月1日「WALT」(ウォルト)オープン!阪急南茨木駅すぐに本格コーヒーとワインのお店

【茨木】10月1日「WALT」(ウォルト)オープン!阪急南茨木駅すぐに本格コーヒーとワインのお店

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

mrs

<茨木発>阪急南茨木駅からすぐのところに「COFFEE & WINE  WALT」(ウォルト)さんが2021年10月1日にオープンしました。

黒地の看板がシックで目を引きます。開店祝いのお花も多数並んでいます

WALTさんのお隣には、マルケンさんと白洋舎さんがあります。南茨木駅すぐなので、分かりやすい立地です

カウンターの上には、ドリップバッグやコーヒー関連の小物、スイーツが販売されています

店内に入るとカウンター席があり、奥にテーブル席があります。注文してすぐに挽きたて、淹れたてのコーヒーが楽しめるなんて、とても贅沢です。

こちらは、お店の奥側から見た様子です。壁などの色味からすべてこだわられたというだけあり、コーヒーやワインで一息つくのに相応しい、クラシックな空間になっています。

この日私の注文を聞いてくださったのは、オーナーさんでした。いつお会いしてもふわっと優しい笑顔でお迎えくださるので、コーヒーと共に地域の癒やしの存在です

今回はテイクアウトでコーヒー豆をオーダーしました。注文してから、目の前で挽いていただけて、ふわっとコーヒーのいい香りがしてきます。コーヒーの香りってなんでこんなにほっとするのでしょうか。しあわせな瞬間です。

こちらWALTさんは、以前取材させていただいた“たたらば珈琲”さんの系列店(過去の記事はこちら)。茨木の大池本店、トルテJR茨木店に続いての3店舗目となられます。これからもどんどんコーヒーの輪を広げていただきたいです。

写真左が、ヴィンテージブレンド(100g・435円)、真ん中がコロンビア・ブエノスアイレス農園のピンクブルボン(100g・760円)、右がコロンビア・ラ・ルイーサ農園(100g・800円)です。

ヴィンテージブレンドはお店の定番メニューだそうです。自宅でいただいても、気軽に楽しめる親しみやすいお味でした。
コロンビア・ブエノスアイレス農園のピンクブルボンも、口当たりがやわらかく飲みやすかったです。でもさすが、専門店の豆!コクがあり、深い味わいというのはこういうことだと感じるおいしさでした。
コロンビア・ラ・ルイーサ農園は、一番くせのある、生まれて初めて味わうお味でした。果実感が後に残る、普段味わいにはちょっと特別感のあるコーヒーでした。新商品で限定品とのことで一番に興味をもった豆でした。

自宅でも楽しめるWALTさんの本格派コーヒー。店内でいただくともっともっとおいしいのだろうなと思います。皆様も癒やしのコーヒータイムをぜひ!

COFFEE & WINE  WALT
住所:茨木市沢良宜西1-2-20 、タウンハイツ南茨木2号館105-B
TEL:072-646-9277
営業時間:10:00~22:00
定休日:木曜日

(リビング北摂Web特派員:コマチエンジェル)

オリジナルサイトで読む

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

リビング北摂Web

豊中、吹田、池田、箕面、高槻、茨木エリアのグルメ、イベント、お出かけ情報が満載の「リビング北摂Web」。地元在住の「リビング地域特派員」が街ネタを発信する「地域特派員レポート」のほか、「北摂のニュース」など地元密着のニュースやトピックスを盛りだくさんに発信しています。 ※公開日、公開内容は「リビング北摂Web」に掲載された時点の情報です。既に内容が変更されている場合がありますので、お出かけの際はHPなどで最新の情報を確認してください

north