【豊中】曽根・かみかわ珈琲焙煎所の「とよなかSONeブレンド」5種を飲み比べてみた!

【豊中】曽根・かみかわ珈琲焙煎所の「とよなかSONeブレンド」5種を飲み比べてみた!

こんちわー、まちっと編集部こんちゃんです。
北摂生まれ北摂育ち。一度北摂を出て、もうきっと戻ることはないと思っていましたが、偶然のきっかけで北摂に夢のUターン!
北摂に縁と魅力と愛を感じ暮らす毎日。この愛を存分に発信できればと思っています!

テーマは“レコードを掘って、音楽とオーディエンスを繋ぐDJのように”「北摂の人・モノ」を掘って掘ってつなぎまくる!
「北摂の魅力ある人・モノ」を発掘して、「北摂」らしいか検証し、また別の「北摂」を教えてもらって、「北摂の街・人・モノ・想い」を繋いでいくということをやっていこうと思っています!

豊中は曽根の「かみかわ珈琲焙煎所」で見つけた「とよなかSONeブレンド」

今回は、「お砂糖やミルクがいらないコーヒーを焙煎しています」という、コーヒー好きなら誰しもが2度見する超パワーワードを看板に、豊中は曽根でテイクアウトメインのコーヒー店を展開する「かみかわ珈琲焙煎所」。
街の名前を冠した「とよなかSONeブレンド」を複数展開してはるということで、
ほんまに豊中・曽根がイメージされた味がするんか、その名に偽りないんか、全5種飲んで検証しようと思います。
こんちゃん、お店の特徴が顕著にでる「ブレンドコーヒー」大好きで、いろいろ飲んでるから(専門的ではないけど)評価厳しいで!

阪急宝塚線曽根駅から南へ徒歩5分ほどのところにあります

阪急宝塚線曽根駅から南へ徒歩5分ほどのところにあります

「お砂糖やミルクがいらないコーヒーを焙煎しています」ですと?!

「お砂糖やミルクがいらないコーヒーを焙煎しています」ですと?!

マスターに「とよなかSONeブレンド」について話を聞いてみた!

ということで、まずはマスターに話を聞かねばと。
マスターの河上達哉さんにお話を伺いました!
「CQI認定Qグレーダー」という肩書と、ドイツ・プロバット社製焙煎機がドーン!と置かれた店内。
そこに、コーヒーの専門的な知識が一切ない私…。勉強不足しまった!と思いつつも、
シロートですみませんテンションでお話を伺いました。でも、そんな僕にもとってもわかりやすく説明をしてくださいました。

<インタビューで伺ったポイント>
◆河上さん、豊中・曽根で育って、大学卒業後コーヒー会社に就職。その後、地元への縁を感じて2017年にお店を開業されたんですって。
◆河上さんが大学生時代、ふらっと立ち寄ったお店でランチを食べた際、食べ始めから終わりまでの料理人の想い、ストーリー性を感じて「これや!」と思ったんだそう。
一杯のコーヒーも「料理」のように飲み始めから飲み終わりまでのバランスやストーリー、一口目から最後の余韻までが伝わることを大切にしているんですって。
◆「豊中SONeブレンド」は曽根駅の駅名看板「SONE」の文字を見て、ええやん!「e」を小文字にしたらもっとかわいいやん!」と思って名付けたとか。
◆専門的な表現を極力せずに、一目見て誰もに、味やストーリーが伝わる説明を商品につけているんですって。(これ超ポイント★)
◆北摂のお客さんの想いが商品に反映されることもあるとか。
◆飲むシチュエーションで、また違う楽しみ方がある。アウトドア、自然の中でも楽しむコーヒーもGood!(マイボトルでテイクアウトも可)

なるほど、把握。

…百聞は一飲にしかず。家帰って試飲せな。

マスターの河上さん!イェイ! ※撮影のために一時的にマスクを外していただきました

マスターの河上さん!イェイ! ※撮影のために一時的にマスクを外していただきました

マスターの想い、生産者の想い、飲む人の想いが調和したコーヒーをラインナップ

マスターの想い、生産者の想い、飲む人の想いが調和したコーヒーをラインナップ

家にて「とよなかSONeブレンド」5種、いざ実飲!

今回トライしたのは、北摂の日常をサブタイトルで表現したというこの「豊中SONeブレンド」5種。
(忙しい朝でも、リラックスしたい夜でも、ドリップと同じクオリティーのコーヒーが飲める、「ティーバックタイプ」のコーヒーがあるのはうれしいポイント!)

フルーティな甘酸っぱさに感動! ~桃色のときめき~

「とよなかSONeブレンド ~桃色のときめき~」
焙煎度/浅煎り 風味/フルーティ、マスカット
マスターの一言/さわやかなフルーティな風味は目覚めの一杯に。

うわ、口に入った瞬間、まじ粒のフルーツ噛んだような甘酸っぱさがある!

豊中の穏やかな日常が感じられる ~グリーンの穏やかさ~

「とよなかSONeブレンド ~グリーンの穏やかさ~」
焙煎度/中煎り 風味/スイートテイスト、マイルドボディ
マスターの一言/マイルドNo1。とよなかの穏やかな日常をブレンドで表現しました。

めちゃくちゃバランスよい、尖りがない、なにも邪魔がない!まさに穏やかな北摂・豊中の日常や。

ふわっと甘い! ~ゴールデンシロップの輝き~

「とよなかSONeブレンド ~ゴールデンシロップの輝き~」
焙煎度/中深煎り 風味/シロップ、ブラウンシュガー
マスターの一言/人気No1 滑らかで口中に広がる甘苦い風味。

一番人気、わかる。お砂糖いれてないのに、ふわっと甘い。すごいいい甘み!

コクと甘みをギュンっ!と感じる ~ショコラの深み~

「とよなかSONeブレンド ~ショコラの深み~」
焙煎度/深煎り 風味/ショコラ、ビターテイスト
マスターの一言/ストロングNo1。ほろ苦さと香ばしい甘さが重なる味わい。

酸味が遠くなって(けど感じる)、その分コクと甘みが前にギュンっ!と感じるな。

深いコク、奥深い! ~極上のブラック~

「とよなかSONeブレンド ~極上のブラック~」
焙煎度/深煎り 風味/ビタースイート クリアーボディ
マスターの一言/ミルクとの相性No1。カフェオレにするならこれ。

これはコーヒーバックタイプがないのでこんちゃん自らミル&ドリップ!

ああ、極上・・・深いコク、深い、いい意味で奥深すぎる!

これは、まさに「北摂・豊中・曽根」の魅力あふれるコーヒーやわ…

それぞれの味、言葉にするの難しい…食レポちゃんとできる人うらやましい…。

どのブレンドも特徴的であって、でも尖りすぎず、バランスよく一口目のうまい!から最後の一口まで続く余韻。
これはまさに僕がずっとゆるりと住み続けたい自然と住みやすさのバランスが絶妙で、”普通暮らしが気持ちいい”「北摂」の日常を表現してるわ…。
そして、飲み始めから終わりまで完成してて、その一杯に修飾が必要ない。
「お砂糖やミルクがいらないコーヒー」。コーヒーの専門知識がない僕でもわかりやすい言葉で理解できる、なるほど!

この5種ラインナップ、きっと好みあると思うんで、ぜひ自分にぴったりなコーヒーを、数種類試してもらって見つけてほしいなと思いました。
僕は深ーい味わい極上のブラックが一番でした。
ちなみにコーヒーバックは1つから、豆も100gから気軽に買えますよ!

豊中をコーヒーの街にしたい!コーヒーで人を繋げたい!
と笑顔でおっしゃる河上さん。
人が行きかう場所でコーヒーを提供したいという想いで、大阪モノレール少路駅等でもポップアップショップ展開をすることもあるとか。

ぜひこれからも「北摂・豊中・曽根」の日常を伝える素敵なコーヒーを、北摂のみなさんに提供し、コーヒーの輪を拡げ続けてください、河上さん!

かみかわ珈琲焙煎所

  • 〒561-0802 大阪府豊中市曽根東町5-10-1
    06-6842-9860
    営業時間: 10:00〜19:00
    定休日: 月曜日、第1火曜日と第3火曜日(祝日の場合は営業し翌日代休)

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部こんちゃん

北摂生まれ北摂育ち、一度北摂を出て、もうきっと戻ることはないと思っていましたが偶然のきっかけで北摂に夢のUターン! 北摂に縁と魅力と愛を感じ暮らす毎日。この愛を存分に発信できればと思っています! テーマは(レコードを掘って、音楽とオーディエンスを繋ぐDJのように) 「北摂の人・モノ」を掘って掘ってつなぎまくる! 「北摂の魅力ある人・モノ」を発掘して、「北摂」らしいか検証し、また別の「北摂」を教えてもらって「北摂の街・人・モノ・想い」を繋いでいこうと思っています!

north