【吹田】クリスマスの和菓子はいかが?吹田で60年!泉町の和菓子店「美里屋」でほっこり

【吹田】クリスマスの和菓子はいかが?吹田で60年!泉町の和菓子店「美里屋」でほっこり

mrs

<吹田発>こんにちは! 吹田の地域特派員「ちぃさん」です。

今回は、吹田の下町泉町で昔から親しまれている和菓子のお店「美里屋(みさとや)」さんをご紹介します! 阪急吹田駅から徒歩5分。住宅街にお店はあります。           さっそく、おじゃまします!

出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web

吹田の地で60年!

「この辺一帯が市場でね、とても賑わっていたよ」と一代目ご主人。当初は関大前で2年程お店を構えていましたが、駅の移動などもあり、ここ泉町へ! 現在の静かな住宅地を目の前にすると喧噪が想像できない…。でも、頭の中でタイムスリップして市場を想像してみます!お話していると、吹田一帯の歴史を聞いているような気持ちに。子どもたちや賑やかに呼び込む声が聞こえてきそうです。

出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web

こだわりは”あんこ”

「あんこを炊く」その一言で、丁寧なお仕事ぶりがうかがえる二代目ご主人。和三盆も使っているとのこと!! 和菓子の種類によって硬さを変えたり、同業者の方と情報交換することで、「今」や「季節」にあった和菓子を創作しているそうです。

出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web

故郷〝美里町” に思いを込めて

店名の由来をお聞きすると、一代目ご主人の出身地である和歌山県海草郡美里町とのこと。2006年に合併され、今は紀美野町となってしまったとのことですが、ここ吹田で「美里屋」として地元に愛され息づいています。常連客も多いとのことですが、「えっ!こんな住宅街に和菓子?」とたまたま通られた若い方や子育て世代のお客さんも大勢いらっしゃるとのことです。中には別の場所へ引っ越された後も通ってくださる方も、と笑顔で話してくださいました。

出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web

おすすめは〝どらやき”〝生菓子”

おすすめをお聞きすると、真っ先に「どらやき」とのこと。そして、もちろん「生菓子」。さっそく食べてみました。どれも優しい甘さに季節の香りがして上品です。見た目も可愛く、どれを食べるか家族で取り合いです(笑)

出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web

これからも二人三脚で

人が大好き、というオーラ全開の一代目ご主人と、黙々と手を動かしながら静かに見守っている二代目ご主人の空気感がマッチして、とてもやさしい雰囲気のお店です。

みなさんもお散歩がてら、もしくは和菓子探索に、ぜひ立ち寄ってみてください。心が軽くなるような、優しい気持ちになれるような、ほっこりした空間が待ってます!!

出典:リビング北摂Web
出典:リビング北摂Web

美里屋和菓子店

住所:吹田市泉町2-24-9

TEL:06-6384-8530

営業時間:9:00~19:30

定休日:月曜日

(リビング北摂Web特派員:ちぃさん)

オリジナルサイトで読む

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

リビング北摂Web

豊中、吹田、池田、箕面、高槻、茨木エリアのグルメ、イベント、お出かけ情報が満載の「リビング北摂Web」。地元在住の「リビング地域特派員」が街ネタを発信する「地域特派員レポート」のほか、「北摂のニュース」など地元密着のニュースやトピックスを盛りだくさんに発信しています。 ※公開日、公開内容は「リビング北摂Web」に掲載された時点の情報です。既に内容が変更されている場合がありますので、お出かけの際はHPなどで最新の情報を確認してください

north