【吹田】5月5日(祝・金)・6日(土)「よしもと放課後クラブ in 万博記念公園」開催!芸人たちと遊び・グルメを楽しみ尽くそう

【吹田】5月5日(祝・金)・6日(土)「よしもと放課後クラブ in 万博記念公園」開催!芸人たちと遊び・グルメを楽しみ尽くそう

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。

みなさん、ゴールデンウィークの予定はもう決まっていますか?

よしもと芸人たちと一緒にステージ、遊び、グルメと多彩なコンテンツを楽しめるイベント

「よしもと放課後クラブ in 万博記念公園」が5月5日(祝・金)・6日(土)に開催されます!

夜には1万発の花火!芸人さんと一緒に笑い・グルメと遊び尽くそう

昼は「みんなであそぼう!スマイルパーク」(入場無料/別途自然文化園・日本庭園共通入園料が必要)、

夜は「みんなの花火大会2023 GW」(別途専用チケットが必要)と2部構成の同イベント。

「みんなであそぼう!スマイルパーク」では、

【ステージ】 【遊び】 【グルメ】【ふれあい】の4つのコンテンツをよしもと芸人たちと一緒に楽しめます。

【ステージエリア】では、漫才や吉本新喜劇、K-POPダンスを当日体験できるステージや、

音ネタ芸人、パパ芸人などが得意分野で会場を盛り上げます。

【5/5開催】ロングコートダディらが出演する、お客さん参加型の芸人となぞなぞ対決!(観覧無料)

【5/6開催】ミルクボーイらが登場するステージ「あなたも漫才師!親子漫才 写真撮影会」(観覧無料)

【遊びエリア】では、一直線に駆け抜ける三輪車レース、マジックバルーン教室、世界のボードゲーム体験、

スポーツ、アート、伝統芸能などさまざまなジャンルの遊びブースが登場!

【5/5開催】芸人との熱い三輪車レース。小さいお子さんから大人まで誰でも参加可能(参加料金:300円)

【5/6開催】文字や絵、柄などを彫り、オリジナルの消しゴムハンコを作ろう!(参加料金:500円)

輪投げ、コイン落としなど、大人から子どもまで楽しめる縁日を開催!(参加料金:300円)

【グルメエリア】では、芸人が焼くたこ焼きや、オリジナルクッキーが添えられたジェラート、

ポテトフライ、からあげ、フルーツバーなど、子どもたちも大好きなメニューのキッチンカーが並びます。

【ふれあいエリア】では、オンラインで海外の各国とつなぎ、「アジア住みます芸人」たちが

知られざる海外のスポットの魅力を紹介する「海外とつながろう!~オンライン社会科見学」を実施。

夜の花火大会では、約1万発の花火が万博記念公園の夜空を彩ります。

遊びにグルメに夜は花火に、楽しいコンテンツ盛りだくさんで一日中楽しめますね♪

▼「よしもと興業チャンネル」YouTubeより引用

夜の花火大会は事前にWEBでチケット購入を

昼の「みんなであそぼう!スマイルパーク」への入場は無料(別途自然文化園・日本庭園共通入園料が必要)。

ステージや体験教室などは一部有料です。

夜の「みんなの花火大会2023 GW」は事前にチケットの購入が必要です。

●S席(指定エリア内自由席)/大人5,000円、子ども(小・中学生)2,000円
●A席(指定エリア内自由)/大人3,800円、子ども(小・中学生)1,000円

チケットの購入についてはこちら。

普段テレビで見ている芸人さんと、一日中遊び尽くせるフェスイベント。

ゴールデンウィークの思い出に、家族や友人と足を運んでみては!

※内容、出演者は一部変更になる場合があります。詳細はイベントのホームページをご確認ください。

よしもと放課後クラブ in 万博記念公園

  • 日時:2023年5月5日(祝・金)・6日(土)
    【みんなであそぼう!スマイルパーク】 午前11時~午後4時
    【みんなの花火大会2023 GW】 午後8時~(約45分間/午後6時開場)※雨天・荒天中止
    場所:万博記念公園(上の広場・下の広場・お祭り広場)
    入場料:
    【みんなであそぼう!スマイルパーク】無料(別途自然文化園・日本庭園共通入園料が必要)
    【みんなの花火大会2023 GW】●S席(指定エリア内自由席)/大人5,000円、子ども(小・中学生)2,000円
    ●A席(指定エリア内自由)/大人3,800円、子ども(小・中学生)1,000円
    ※画像は吉本興業より提供

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部だんだん

大阪で生まれ育ち、社会人半ばで上京してから出産を機にUターン、憧れていた北摂住まいに。自然豊かで人があたたかく、便利で住みやすいこの街に愛着を感じる毎日です。万博記念公園の外周を走るのがお気に入りのランニングコース♪アイコンの画像は2歳のときの私です。

north