〝博多天ぷら〟でしあわせを運ぶ 榊潤二さん 【北摂しあわせ2.0】

〝博多天ぷら〟でしあわせを運ぶ 榊潤二さん 【北摂しあわせ2.0】

mrs

IMG_3286-2

<Profile>

福岡県出身。箕面市在住。A型。カフェ運営など、飲食業に携わり20数年。12年前に、箕面に「天ぷらの山」を開業。3月9日、2号店を吹田にオープン。http://yama-yama.com/

-明太子、ラーメン、水炊き…。食の宝庫と言われる福岡には、たくさんの名物がありますが、〝博多天ぷら〟もその一つ。

博多天ぷらは、目の前で天ぷらを揚げ、1品1品提供し、天つゆや大根おろし、漬け物などが、食べ放題というスタイル。 今では、珍しくなくなったこのスタイルですが、12年前に、箕面店をオープンさせた時は、関西で、気軽に天ぷらを食べられるお店は少なかったんです。調理人が丁寧に揚げる天ぷらを、定食並みの料金で、食べていただきたいとの思いで、始めました。

-本格天ぷらが、気軽にいただけると、箕面のお店は大盛況。3月9日、吹田グリーンプレイス内に、2店目がオープンしました。順調にお店を展開されておられますが、榊さんが、幸せと感じる瞬間はどんな時ですか?

家族で、お店に来ていただいて、お子さんが「この海老おいしいわー。もう1本食べたい」なんて言ってくれたら、もう最高に幸せです!!

〝天ぷらの山〟は、決して高いお店ではないですが、ご飯を〝食べるだけ〟という場所ではなく、みんなが集える〝場〟にしたい。だからコミュニケーションをとても大切にしています。

家族みんなで、食べにきていただく時間を作ってもらえるのも嬉しいし、
お1人で来ていただいて、僕たちと会話してくれることも嬉しい。カウンターにこだわるのは、そのためで、僕の顔を見に、来てくださるお客さんもいて、本当にありがたいと思います。一見、日常に思える一コマこそが、幸せなんだと感じますね。

-揚げたてアツアツの天ぷらを、甘いつゆにジュッとくぐらせて、炊き立てのご飯と、一緒に口へ運ぶしあわせ。
AI時代が訪れたとしてもきっと
変わらない、美味しいモノを囲む輪と人の温かさが、〝天ぷらの山〟にはあります。

 

北摂エリアの好きな場所は?
「大阪国際空港と、伊丹スカイパーク」 飛行機を見に、子供たちとよくでかけます。

お店の紹介はコチラ 絶品 博多天ぷらを吹田で体験!

オリジナルサイトで読む

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

リビング北摂Web

豊中、吹田、池田、箕面、高槻、茨木エリアのグルメ、イベント、お出かけ情報が満載の「リビング北摂Web」。地元在住の「リビング地域特派員」が街ネタを発信する「地域特派員レポート」のほか、「北摂のニュース」など地元密着のニュースやトピックスを盛りだくさんに発信しています。 ※公開日、公開内容は「リビング北摂Web」に掲載された時点の情報です。既に内容が変更されている場合がありますので、お出かけの際はHPなどで最新の情報を確認してください

north