【吹田】ESAKAミュージックストリート2022 ~音楽屋通り~Vol.1 Mirror in the Mirror  5月14日(土)

【吹田】ESAKAミュージックストリート2022 ~音楽屋通り~Vol.1 Mirror in the Mirror  5月14日(土)

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

こんにちは、副委員長です。
ESAKAミュージックストリート2022 ~音楽屋通り~Vol.1
Mirror in the Mirror 5月14日(土)ストリートライブ開催のお知らせです。

秋だけではなく、春からスタートします!!

今年度は、過去2年とは少し違う企画内容でこの春からスタートします。そして、年間を通して吹田市からも後援を頂くことになりました。主催は江阪企業協議会、地域に貢献できることを考えた無料の催し内容を展開していきます。

ダスキン本社ビル2F公開空地。

まず1回目のスタートは5/14(土)15:00。
場所は、大阪メトロの北側にあるダスキン本社ビル2F公開空地というところ。ライブハウスでも音楽ホールでもなく、どちらかというと小さな庭園という感じの場所なんです。皆さん、この場所をご存じでしょうか?私は、かれこれ20年ほど前に、このダスキン本社ビルのお隣のビルに出入りをしている時期がありました。どうも不思議・・・横のビルディング、「この階段あがっていいのかなぁ・・・。」等と色々考えてしまうところです。色んな人に尋ねると、私だけではなく、誰もが、そう思うらしいのです。しかし、地元の方は、皆さんご存じという場所です。階段を上がれば、そこは3階分くらいの吹き抜けでしょうか。大きな空間なんです・・・ちょっと静かです。この場所で、綺麗な演奏ができれば・・・と思ったのが、かれこれ20年前。やっと叶ったロケーショングッドな場所です。今年度は、この場所から、ESAKAミュージックストリート2022スタート致します。

今回は、ひとつのユニットに出演頂くための特別企画!!

出演は、吹田市には馴染みの深いギタリスト「清野拓巳」さん、「MIKIKO」さんのユニットです。
清野さんに当日演奏される内容を少し、お聞きしてみました。演奏ユニットのこと、1部、2部、3部それぞれの想い、吹田フェスタ2022で予定されているスカイランタンの楽曲、そして演奏家として等・・・ちょっと深掘りで宜しくお願いします!!

清野拓巳さん

清野拓巳さん

MIKIKOさん

MIKIKOさん

インタビューコーナー

■清野拓巳さんとMIKIKOのユニットのご紹介をお願いします。
「深い部分での音楽観を共有できる、僕にとって特別なユニットです。MIKIKOの歌や朗読、鍵盤ハーモニカを生かして、時には演劇的要素も感じられるような、聴いてくださる方々の想像力を刺激する音楽を目指しています。このユニットでは毎月第二木曜日に吹田のTAKE FIVE Osakaというお店でレギュラー出演しています。」


■5/14の演奏内容はステージごとにテーマを設けられていますが、それらのテーマ性や演奏されるオリジナル曲に関しての内容をお話しください。

・いちご組曲について
「小学生の頃に出会った『いちご』という絵本は僕のお気に入りの一冊でした。その作者である世界的な造形作家、新宮晋さんご本人との奇跡的な出会いから『いちごエクスプレス』という舞台が生まれました。2016年の初演のために作曲したのが『いちご組曲』です。鮮やかな色彩で心を掴む素晴らしい絵と、各ページに添えられた美しい言葉とともに、いちごの宇宙を巡っていきます。」

・Mirror in the Mirrorのことについて
「コロナ禍が始まって、高校生の頃読んだ一冊の本のことを思い出しました。ミヒャエル・エンデの「鏡の中の鏡」です。この本が今の世界のありように深くリンクするように思ったのです。30の短編ひとつひとつからインスピレーションを得て、合わせ鏡に映し込むように作曲してみようとこのプロジェクトを始めました。その中からいくつかの作品を聴いていただければと思っています。」

・スカイランタンの音楽について
「3年前、吹田まつり第50回の記念イベント『スカイランタンナイト』に呼んでいただきました。子供の頃に自分が毎年楽しみにしていたお祭りで演奏できることがとても嬉しく光栄でした。スカイランタンはラプンツェルのお話や日本の精霊流しにも似て、誰かが大切な誰かを想って飛ばすのだと思います。個人的には僕をかわいがってくれたおばあちゃんのことを考えながら作曲しました。誰かのことを想いながら聴いていただければと願っています。」


■最後に、コロナ禍が2年を越え、まだ予断を許さない状況ですが、清野さん自身が、そのような中での音楽活動への思い入れをお願いします。

「コロナ禍が始まってほとんどの音楽活動が停止していた頃、僕は毎日家でただただギターを弾き続けていました。そうせずにはいられなかったのです。それはある意味、純粋に楽しく充実した時間でした。自分にとって音楽の持つ意味の大きさを再確認することができました。ギターに触れることで、自分自身が深く癒されていくことを実感しました。僕たちの音楽が、聴いてくださる誰かにとって、日常を忘れて気持ちを解放できるようなちょっと特別な時間となれば、これほど嬉しいことはありません。」

美しく音を紡ぐギタリスト。

その昔、実は私自身が、清野さんをライブで拝見して真面目にギターを習っていた時期があります。その関係でいうと「師匠」にインタビューということに・・・なりました(笑)。ライブに行った時には、気軽に話しているのですが、活字となれば、少し緊張もありますね。いつも精力的に、いろんなグループやユニット、セッション活動、個人の作品を発表したり、ジャズ~コンテンポラリーな立ち位置で「美しく音を紡ぐギタリスト」として一度、聴いて頂きたい、ご覧になって頂きたいアーティストです。宜しくお願いします!!





ESAKAミュージックストリート2022 ~音楽屋通り Vol.1~
Mirror in the mirror
5/14(SAT) 江坂 ダスキン本社ビル2F公開空地

・清野拓巳 (acoustic & electric guitars)
・MIKIKO (vocal、朗読、鍵盤ハーモニカ)

1部 15:00~  いちご組曲
2部 16:00~  スカイランタン等のオリジナル曲
3部 17:00~  Mirror in the mirror

この場所の予備知識(^O^)

ダスキン本社ビル2Fの公開空地には、今は亡き岡本太郎氏の作品があるところでも知られています。
ダイナミックな陶壁画「みつめあう愛」は縦8m、横4mの大作です。
来られたら、是非ご覧になってくださいませ。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

江坂企業協議会催事委員会副委員長

大阪創都学園キャットミュージックカレッジ専門学校カレッジ企画室の井原です。昨年13期務めた学校長を退任、学校教育業務を続けながら江坂企業協議会や吹田シティプロモーション推進室等に協力、音楽を中心にイベント関連メディアを通しての地域活性化に務めます。野球・音楽・自動車・イベント制作が好きで、過去に大型免許/イベント業務管理者1級も取得。そして、関西では珍しいスワローズファン、宜しくお願い致します!!

north