【豊中】6月3日(金)~5日(日)、蛍の里で「ほたるの夕べ2022」が開催されます

【豊中】6月3日(金)~5日(日)、蛍の里で「ほたるの夕べ2022」が開催されます

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。
豊中市の広報誌を読んでいたら、“人権・文化・スポーツ”のページに6月3日(金)~5日(日)「ほたるの夕べ」が開催される記事を見つけました。来年は行きたいな~と思っていたらコロナにより中止になっていた同イベント。3年ぶりに豊中のホタルに出会えるチャンスです♪

豊中生まれのホタルの輝きを楽しんで

「ほたるの夕べ」が行われるのは、新豊島川を引き込んだ原田南にある小型ドーム施設「蛍の里」。豊中市の職員の方が卵から飼育し、ふ化させた幼虫のホタルを蛍の里の川に放流。成虫となる6月の上旬に、無料で一般開放をしています。

蛍の里

ヘイケホタル

「卵から人工飼育をして幼虫で放流していますので、どれだけの数が成虫になっているか分かりませんが、発光する時期に合わせて放流をしています。市民の方に楽しんでいただければ」と担当の職員の方が話してくださいました。

ホタルの寿命は1週間から10日間なのだそう。短い間に、精一杯の光を放つホタルの美しい輝きを、そっと楽しませてもらえるのはうれしいですね。私も、今年こそ見に行ってみたいと思います。

駐輪場はありますが、駐車場はないので、自転車か阪急曽根駅から歩いて訪れてくださいね。

ほたるの夕べ2022

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

north