【池田・豊中】「ワインのワイン」ってナニ?気になるコレ、「ウォンバット課(自称)」に聞いてみた!

【池田・豊中】「ワインのワイン」ってナニ?気になるコレ、「ウォンバット課(自称)」に聞いてみた!

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。

子どもが小さい頃、よく遊びに行っていた五月山動物園。

ウォンバットが暮らしていることでも有名ですよね。

今年1月には、33歳のウォンバット「ワイン」が、

“世界最高齢の飼育されたウォンバット”としてギネス世界記録®に認定!

そのウォンバットの魅力を発信するプロジェクト第5弾として

「ワインのワイン」が発売されています!

ウィンバットの日2022での試飲・販売会の様子

ウォンバット課(自称)とスイミージャパンがコラボ

このワインは、池田市の「ウォンバット課(自称)」が、

「ワインくんの名にちなんでワインが作れないか…」と企画したもの。

製造を、大阪国際空港内でワイン醸造所併設ワインバル

「大阪エアポートワイナリー」を運営する、

スイミージャパンに依頼!

ウォンバット課(自称)とスイミージャパンとのコラボにより

「ワインのワイン」が誕生したのです。

ワインのワイン 1本2800円です。

手土産や帰省土産にぴったり

ブドウは、ウォンバットの生息地でもある

オーストラリア産を使用。ラベルには

「ワイン」の写真が大きく載った白ワイン。かわいいですね。

手土産や帰省土産にすれば、きっと

「ナニコレ?」となって、話が広がるはず。

 

本数に限りがあるそうなので、欲しいと思った人は、早めの行動が吉かも。

販売場所は、大阪エアポートワイナリー。

空港に遊びに行った際や、帰省の前には立ち寄ってみてくださいね。

あ、五月山動物園の「ワイン」にも会いに行くのをお忘れなく~♪

大阪エアポートワイナリー/ワインのワイン

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

north