【茨木】ミュージカル「So In Love」上演決定!|梅花歌劇団「劇団この花」

【茨木】ミュージカル「So In Love」上演決定!|梅花歌劇団「劇団この花」

◆小学生のお子様からご観覧いただけます◆
ぜひお気軽に本物のミュージカルを体感ください!
-------------
20世紀屈指の大作曲家コール・ポーターを世に出した、
ある女性の愛と献身を、
芸術監督 謝 珠栄が美しいミュージカルに仕立てました。
歌と踊りと心に残る台詞の数々。
春一番に観たい、心ふるわせる愛の物語をどうぞ。

公演はミュージカルとショウケースの2本立て

梅花歌劇団「劇団この花」が2023年の春一番に公開するのは、第7回公演「So In Love」!
オリジナルミュージカル作品と、歌とダンスのショーがご覧いただけます。
全席指定、小学生からのお子様もぜひ!

音楽と洗練された言葉、身体が交じり合う総合芸術の世界をご堪能ください。

########################################################
◆第1部「So In Love」
芸術監督・演出・振付 : 謝 珠栄
作曲:コール・ポーター
音楽:竹内 一宏
作詞:謝 珠栄
曲:Shota Lee Big Band

=STORY=

これは、世界的な名曲の誕生を支えた、一人の女性の物語。

1920年代パリ ―世界中から芸術家が集まり、新たな芸術が次々と生まれた舞台―。
社交界の喧騒にうんざりした日々を送っていた美しきリンダ・リー・トーマスは、
友人の結婚式で運命の男性と出会う。
彼の名はコール・ポーター。
後世に名を残すあまりにも有名な作曲家の若き才能に、
誰よりも早く気づき、そして深くのめりこんでいくリンダ。
コールの奔放な振る舞いに苦悩しつつも、ひたすらにその才能を信じ
寄り添い、彼をスターの道へと導いていく。
しかし才能が認められるほどに、コールとの距離は遠のいて・・・。
脚光の影に隠された、作曲家の妻の愛と献身、そして二人の絆が今、明かされる。
---------------------------------------
◆第2部Dance & Songs
演出・振付:謝 珠栄
振付:池田 舞風 / 黒木 かほ / 今中 友子 / 蔡 暁強 / いいむろ なおき
歌唱指導:有田 優子 / 鈴木 あゆこ

#########################################################

エレガンス・レディ・ミュージカル シリーズとは?

梅花歌劇団「劇団この花」では、芸術監督 謝 珠栄のもと、
エレガンス・レディ・ミュージカルと題したオリジナル作品を発表・上演しています。
描くのは、世界中で、有名・無名であることや、表舞台・裏側のサポートにかかわらず、
素晴らしい生き方をしている女性たちの物語。
これまでに、マザー・テレサ、宋家の三姉妹、ココ・シャネルなど、
実在した女性のメッセージ性にあふれた素敵な生を、
歌と踊りで表し、発信してきました。

演じる劇団員は、物語の主人公と同年代の女子大学生たち。
登場人物を演じることを通して、
時代背景を学び、考え、悩み、発見をし、日々人間的に大きく成長していきます。
そんな劇団員の渾身の舞台を、どうぞお楽しみください。


【公演情報】
・公演日
2023年2月17日(金)、2月18日(土)、2月19日(日)

・開演時間
17日開催(金)①16:00
18日開催(土)①12:30 ②16:00
19日開催(日)①12:30

・座席
全席指定 2,000円(小学生以上はチケットが必要です。)

・会場
梅花女子大学 茨木ガーデンキャンパス 澤山記念ホール

梅花歌劇団「劇団この花」

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

梅花PR隊梅花女子

梅花は梅花女学校を前身とし、1878(明治11)年に大阪で初めての女学校して開校。キリスト教主義の女子の総合学園として茨木に梅花女子大学、大学院、豊中に梅花中学校、高等学校、幼稚園があります。歴史と伝統を糧に、以来、豊かな教養を持ち、社会に貢献できる「Challenge&Elegance」な女性の育成を続けています。

north