【箕面】 箕面市立郷土資料館企画展「むかしのくらしといまのくらし展」3月22日(水)まで開催

【箕面】 箕面市立郷土資料館企画展「むかしのくらしといまのくらし展」3月22日(水)まで開催

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。

年末年始、田舎の家で過ごしていたのですが、

敷地内をウロウロしていたら、

昔使っていたミシンやタンス、ツボが続々。

今見ると、デザインが素敵でけっこう丈夫なんですよね。

そんな“ちょっと昔”に使われていた

道具を展示する「むかしのくらしといまのくらし展」が

箕面市立郷土資料館で、3月22日(水)まで開催されています。

約100点を展示!社会科の学習にも活用

明治から昭和期のものを中心に、

実際に使用されていた生活道具を展示する企画展。

今回が26回目だそう。人気なんですね!

昔の生活道具を学ぶため、小学校の社会科の学習にもこの企画展が活用されているそうで、

小学生のお子さんがいる人は、ぜひとも行っておきたいもの。

現代の電気アイロンに代わって使用されていた“こて”や“火のし”、

かまどでご飯を炊く時に使用されていた“はがま”など、

約100点の生活道具が見られます。

若い世代には新鮮に、大人には懐かしく感じられる生活道具。

りんごは・・・・・

懐かしい世代でした!!使ったことがあるモノもあったー-!
(そりゃそうよね)

 

本企画展を担当した同館の秋吉あみさんは

「昔の道具そのものだけではなく、その背後にある人々の考え方や

ライフスタイルにも興味を持って見ていただけたらうれしいです。

そして、今の生活と比べてみることで、それぞれの良いところ、

もっと工夫できるところなどを発見し、

今後のくらしのちょっとしたヒントにしていただけたら」と話しました。

阪急箕面駅からすぐの場所にあり、入場無料なので

おでかけや近くに行った際は、気軽に立ち寄ってみてくださいね。

箕面市立郷土資料館企画展「むかしのくらしといまのくらし展」

  • 【期間】3月22日(水)まで※木曜日休館
    【時間】午前10時~午後5時
    【場所】箕面市立郷土資料館(箕面市箕面6-3-1、みのおサンプラザ1号館地下1階)
    【問い合わせ】電話:072-723-2235
    【入場】無料
    ※新型コロナウイルス感染症の感染状況に応じて、上記企画展を中止する場合があります
    ※画像は箕面市提供

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

north