【豊中】地元をテーマに語りつながり合う機会を

【豊中】地元をテーマに語りつながり合う機会を

街には人と人をつなぎ、地元の活性化に貢献するイベントや取り組みを行うキーパーソンがいます。
リビング新聞とリビングWebで特集した“きになる!地元で光る人”の中から、北摂エリアでの“光る人”を紹介します!

<豊中発>とよなかStyle代表 中川喜隆さん

photo:とよなかStyle代表 中川喜隆さん

とよなかStyle代表
中川喜隆さん

ロート製薬食品事業推進部部長。ロート製薬の社内ベンチャー制度で豊中の幸福度を上げることを目標とした新規事業を発足

ビール作りをきっかけにつながった、とよなかStyleの仲間と

福岡や東京への転勤を経て30代で豊中に戻ってきた際、地元でのコミュニティーを広げたい気持ちが強まり“パパズクラブ”を発足。地域イベントに出店するなど充実した日々を送り「サードプレイスができたことに喜びを感じていました」と中川喜隆さん。

その経験から“定年後に地域貢献をしよう”と考えていた矢先、社内ベンチャー制度のコンペが。「チャンスだと思いました。国産ビール初の販売者が豊中出身だったことから豊中初のクラフトビールを作ってみたくて」。その提案が通り図らずも定年を待たずに事業が実現。さらにビール作りをきっかけに地元での賛同者も増え、つながりも深まりました。

「今後はビールを飲みながら豊中愛を語り合う機会も作りたい」。二足のわらじを履きながら豊中の魅力を高める活動に邁進します。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

公式LINEバナー

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング

north