【吹田】4月25日(月)「アサヒビール ミュージアム」オープン!ビールが恋しくなるミュージアム♪

【吹田】4月25日(月)「アサヒビール ミュージアム」オープン!ビールが恋しくなるミュージアム♪

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。吹田市にあるアサヒビール吹田工場の工場見学が、コロナの影響でしばらく中止していることを、北摂の人なら知っているのでは?

なんと、実はその工場見学の施設が、4月25日(月)に「アサヒビール ミュージアム」として、大幅にリニューアルオープン!工場見学が休止になって残念だったので、再び吹田で生まれ変わってくれるだなんて、うれしいではないですか。
先日、メディア向け体験会が開かれたので、ワクワクしながらお邪魔してきました!

“記憶に残る最高の一杯に出会える場所”をコンセプトにした“体感型”施設です。

「スーパードライ ゴーライド」でビール缶になっちゃった!?

実はここ大阪は、アサヒビール発祥の地。吹田工場は1891年に誕生した日本人の手による初めての近代的ビール工場なんです。
館内すぐのエントラスには、そんなアサヒビールの130年を超える歴史や、現在・未来の取り組みがパネルで紹介されています。

レンガ調のエントランス。奥にはグッズ売り場もあります

赤と黒で統一されたデザインがスタイリッシュ

スーパードライのろ過工程を見学

スーパードライ体験エリアでは、スーパードライの歴史や仕込み、熟成などの製造工程の見学などのほか、まるで自らがビール缶になったような4面スクリーン映像「スーパードライ ゴーライド」を体験。

茨城工場内でも導入している「スーパードライ ゴーライド」。巨大な4面スクリーンに、まるでビール缶になってビールを詰められるような臨場感ある体験ができます

ホテルのラウンジのようなオシャレ空間で試飲♪

スーパードライ体験エリアを回った最後は、お楽しみの試飲タイム。
カフェテリアで工場内で製造されたできたての「スーパードライ」や「アサヒ生ビール」、微アルコールの「ビアリー」「アサヒドライゼロ」などが、2杯まで無料で試飲できます。

さらに、国内では初の導入となる、アルコール度数やフレーバーが選べる自動サーバー「マイフレーバー」や、自身でビールを注ぐ「サーブ体験」、ビールの泡に絵や文字をプリントする「泡アート」も体験できました。

国内初導入の「マイフレーバー」体験してみた!

さて、気になる「マイフレーバー」。なんで底からドリンクがでてくるの?とかなり不思議だったのですが、

おお!なるほど!ここからドリンクが沸き上がっていくのですね!

底に穴がある、特別な専用グラスが用意されていました!こちらをカチッと鳴るまでセットして

タッチパネルで操作すると…

グラスの底から渦を巻きながら液体が沸き上がってきました!感動~!フレーバーは、もも・青りんご・ゆず。私はノンアルコールのゆずを選択。さわやかでとってもおいしかったです!

もう一つ、泡アート体験もお願いしてみました。私自身が、ペンか何かで泡の上に絵を描くのかと想像していたのですが、専用の機械が見事にプリントしてくれました。

こちらの機械にビールをセット!(してくれます)

泡アートの機械が前後すると、美しいアートが完成!

できあがり~♪可愛いですね。文字や絵のほかに画像もプリントできるそうですよ。

間違いなく大人が楽しめるミュージアムです

北摂には、他にも食育ミュージアムがいくつかありますが、「アサヒビール ミュージアム」は間違いなく大人が楽しめる施設。ビール工程もプロジェクションマッピングや映像を駆使されていたり、カフェテリアも落ち着いた雰囲気だったり。試飲の2杯もしっかりの量をいただけるので、夫婦や友人でまったりと過ごしたいかも(笑)。もちろん、三ツ矢サイダーとカルピスのソフトドリンクも用意されているので、ファミリーでも来館できますよ(授乳室もありました!)。

現在は、大人気で5月31日までの予約は満席。6月の予約は5月20日から開始されるそうです。りんごも5月20日を狙って予約にトライして再訪したいです。

カンパーイ!

アサヒビール ミュージアム

  • 住所:吹田市西の庄町1-45
    TEL:06-6388-1943(9:15~16:00受け付け)
    体験ツアー(無料)は1回約70分。
    完全予約制で、Webまたは電話での事前予約が必要。
    1日5回(午前10時、11時、午後1時、2時、3時)開催。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

north