【茨木】人気〝モンハン〟イベントに梅花女子大学の教員の力

【茨木】人気〝モンハン〟イベントに梅花女子大学の教員の力

美しく、怪しく、輝く太刀。
これは人気ゲームシリーズ「モンスターハンター」に登場する
「狐刀カカルクモナキ」を再現したもので、
堺市「さかい利晶の杜」で公開されています。
制作に関わったキーパーソンの1人が、
梅花女子大学 情報メディア学科の山口雅和先生です。

〝彩色の魔術師〟と呼ぶメディアも

山口先生は仕上げとなる彩色を担当。
プロモデラーとしても活動していることから白羽の矢が立ち、
様々な色を組み合わせながら完成させました。
メディアにも数多く取り上げられ、
その完成度の高さに山口先生を〝色彩の魔術師〟と命名した社も。
山口先生は「学生たちにはいつも
『自己表現の手段として造形物問わず、
何でも作って発信できる人間になってもらいたい』と
話している。それを実践できて嬉しい」と笑顔を見せました。

イベントは9月4日まで

特別展「モンスターハンター×堺 いにしえの技にせまる」は
9月4日まで(8月16日休館)。大人800円、高校生600円、中学生以下300円。
ゲームの設定原画などのほか、
堺市博物館所蔵の刀や火縄銃も展示され、
夏の自由研究として訪れる小学生も多いそうです。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

梅花PR隊梅花女子

梅花は梅花女学校を前身とし、1878(明治11)年に大阪で初めての女学校して開校。キリスト教主義の女子の総合学園として茨木に梅花女子大学、大学院、豊中に梅花中学校、高等学校、幼稚園があります。歴史と伝統を糧に、以来、豊かな教養を持ち、社会に貢献できる「Challenge&Elegance」な女性の育成を続けています。

north