【豊中】11月開館の郷土資料館で「さわれる♪ミュージアム」12月28日まで開催!弥生土器・須恵器を触ろう!

【豊中】11月開館の郷土資料館で「さわれる♪ミュージアム」12月28日まで開催!弥生土器・須恵器を触ろう!

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。

11月1日に豊中市の庄内に「豊中市立郷土資料館」がオープンしましたね!

豊中の歴史や自然、文化財について学べる、

豊中市民であれば一度は行っておきたい資料館です!

子どもが通う学校からも案内をいただいたのですが、

「さわれる♪ミュージアム」が12月28日(水)まで開催。

え!?触れるん!?

とのことで、郷土資料館の方に教えていただきました!

企画展示室で行われています。

4500年前の土器を触っていいの!?

「さわれる♪ミュージアム」では、

豊中市で発掘された「古墳時代」「弥生時代」「縄文時代」

それぞれの土器を実際に触ることができます。

レプリカじゃないんですね~

「4500年前のいろんな種類の貝がら化石、

赤っぽくてザラザラした弥生土器、

高温で焼き上げてカッチカチの須恵器。

豊中で見つかった

化石・土器の実物をじっくりさわってみてください!」と資料館の担当者さん。

 

今、さらっと言われましたが、

4500年前!?の実物!?なんですね。

これはとっても貴重!歴史好きの方からすれば

この上ない機会だわ。

4500年前は海だった穂積の貝化石

豊中市北部で見つかった須恵器。古墳時代に朝鮮半島から伝わった焼き物ですね。

大阪国際空港の滑走路の下から見つかった弥生土器ですって!ドキドキする~(失礼!)

時代による土器の違いってあるのかしら?

と画面の前で思った方!

百聞は一見に如かずです。

入館料は、まさかの無料!

お子さんと一緒に、4500年前の豊中にタイムトリップしてくださいね。

豊中市立郷土資料館

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

north