【吹田】約100 ㎡もの巨大なフラワーカーペットが万博記念公園・太陽の広場に出現中!

【吹田】約100 ㎡もの巨大なフラワーカーペットが万博記念公園・太陽の広場に出現中!

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。

突然ですが、みなさん。

「インフィオラータ」って知っていますか?

知っているような…知らないような…。

イタリア発祥の花絵のイベントで、

日本でも今注目されているアートイベントなんです。

SUITA Colorsのシアンさんが詳しく紹介されていた、あのインフィオラータです!

りんご、興味津々で万博記念公園で開催の完成セレモニーにおじゃましてきました!

到着がちょっと早すぎでまだ制作をされていました。

約100 ㎡もの巨大なフラワーカーペットが出現

万博記念公園・太陽の広場で行われたのは

「Osaka Flower Carpet 2022(オオサカ・フラワー・カーペット 2022)」。

大阪での万博開催の「誇り」と「機運醸成」の向上が目的で

日本のインフォラータの第一人者・花絵師の藤川靖彦さん

プロデュースをされたそう!

藤川靖彦さん(写真中央)とともに、

制作にあたったのは関西大学・大阪大学の学生さん80人。

6色4万本のカーネーションと16色のカラーサンドを使って、

太陽の広場に約100 ㎡もの巨大なフラワーカーペットを作り上げました。

すいたんやミャクミャックも登場

完成セレモニーには藤川靖彦さんや後藤圭二吹田市長、

大阪観光スペシャルサポーターの塩月希依音さん(NMB48)らのほか、

大阪・関西万博公式キャラクターのミャクミャク、すいたんもゲストに!

吹田市のイメージキャラクターの「すいたん」。セレモニーなのでタキシード姿!か、かわいい~

2025年開催予定の日本国際博覧会の公式キャラクター「ミャクミャク」。はじめましてです。

全員が揃ったところで、花置きセレモニーが行われ、フラワーカーペットがついに完成。

みなさん大切そうに花びらを持って、そっと置いていました

万博記念公園は27日まで

この巨大なフラワーカーペットが太陽の広場で見られるのは27日(日)まで。

わずかな期間ですが、圧倒的な美しさを放つ生きたアート作品が見られるチャンス。

遠方からでも行く価値のあるアートイベントです。

特別に近くで撮影をさせていただきました(通常、芝生の上は入れないです)

下絵の上に丁寧に花びらが置かれています。

これはきっと神経を使う作業!カラーサンドの美しさが見事!

ららぽーとEXPOCITYでも25日まで

「予定があって見に行けない!!」

と、画面の前で嘆いているアナタ!

実は、ららぽーとEXPOCITY1階モンベル前でも「Osaka Flower Carpet 2022」を12月25日(日)まで開催中。

どのようなデザインのフラワーカーペットかは、

楽しみに訪れてくださいね。

中央部分は、1970年~2025 年の時を巨大な曼荼羅で表現。

Osaka Flower Carpet 2022(オオサカ・フラワー・カーペット 2022)

  • 開催場所:万博記念公園・太陽の広場(吹田市千里万博公園)
    開催日:11月25日(金)~27日(日)
    開催時間:午前9時30分~午後5時
    観覧無料
    ※自然文化園・日本庭園共通入園料が必要(大人260円、小中学生80円)
    ※トップページ画像は提供画像

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

north