【豊中】豊中市の歴史を紐解く多数の資料・文化財を展示!「郷土資料館」(庄内)

【豊中】豊中市の歴史を紐解く多数の資料・文化財を展示!「郷土資料館」(庄内)

mrs

今年11月、庄内栄町に「豊中市立郷土資料館」が開館しました。同館は、豊中市に残る歴史・文化財に関する豊富な資料を保存・活用する施設です。

出典:リビング北摂Web

1階の常設展示室では、マチカネワニが生きた時代から古代を「第一章 とよなかのあけぼの」とし、第二章では「中世のムラと港のにぎわい」、第三章では「お殿様の時代と農村のくらし」、第四章では「住宅都市とよなかの誕生」と、時代に分けて豊中市の歴史を紹介しています。

出典:リビング北摂Web

先史時代の資料(約45万年前~、人がまだいない時代)

出典:リビング北摂Web

弥生時代(約2500年前~) 米をつくりはじめる

出典:リビング北摂Web

さまざまな形の埴輪も見つかっています。後列左から、盾形・武人・朝顔形。前列左から2つめ、奥は鶏形(頭がない)。手前は犬形

出典:リビング北摂Web

豊中で最も大きな荘園「垂水西牧」を管理するために鎌倉時代にやってきた、今西氏の屋敷について紹介。現在も同じ場所に屋敷があるそう!

豊中市の歴史や文化財にじっくり触れて

「豊中市域全体の歴史について土器・古文書・農具などのさまざまな資料を展示して紹介しています。実物の資料から、豊中市の歴史にじっくり触れてみてください」と同館。

年に数回、企画展示を開催。豊中の歴史や文化財についての講演会や史跡巡り、夏休みの体験学習などの活動も行います。

豊中に住む人はもちろん、近隣市の人も興味深い歴史に触れられそう。ぜひ一度足を運んでみては。

入館無料。

※画像は全て郷土資料館提供。

詳細はWebで

https://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/hall/kyodosiryokan/index.html

オリジナルサイトで読む

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

リビング北摂Web

豊中、吹田、池田、箕面、高槻、茨木エリアのグルメ、イベント、お出かけ情報が満載の「リビング北摂Web」。地元在住の「リビング地域特派員」が街ネタを発信する「地域特派員レポート」のほか、「北摂のニュース」など地元密着のニュースやトピックスを盛りだくさんに発信しています。 ※公開日、公開内容は「リビング北摂Web」に掲載された時点の情報です。既に内容が変更されている場合がありますので、お出かけの際はHPなどで最新の情報を確認してください

north