【豊中】伝統の「隠岐周吉(おきすき)神楽」を豊中で!申し込みは1月27日必着!入場無料

【豊中】伝統の「隠岐周吉(おきすき)神楽」を豊中で!申し込みは1月27日必着!入場無料

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。

2月26日(日)、アクア文化ホールで「隠岐周吉(おきすき)神楽」が開催されます!

 

豊中で隠岐?

 

あれ、デジャブかな?

以前にも、こんなことがあったような・・・・

そうです!以前ご紹介した「石見神楽の舞」

実は、石見神楽の舞同様「隠岐周吉(おきすき)神楽」も

同市の「空港を活かしたまちづくり」の一環として開催される

入場無料のイベントなんです。

豊中初披露!伝統の神楽を間近に

「隠岐周吉神楽」は、

隠岐諸島に伝わる隠岐神楽の一つで、今回が豊中市初披露なのだそう。

演目は、東郷高倉会・今津神楽保存会による「一番立」「随神」「切部」。

『質素で素朴な衣装や舞が特徴』だそうで

どのような神楽が見られるのか楽しみですね。

神社への奉納、豊作や大漁祈願、雨乞いなどを祈る巫女が重要な役割を果たす「祈祷の神楽」。

実は、りんご以前紹介した石見神楽の舞を見に行ったのですが、

初めて見る神楽に圧倒され

“伝統文化”の奥深さにただただ感動して帰ったんです。

「隠岐周吉神楽」もきっと何か心に残るはず。

本来であれば、隠岐まで行かないと見られないものが

豊中にやってきてくれて、さらに無料!

申し込むしかないですよね~。

当日は、島根県の特産品なども販売されますよ。

隠岐周吉(おきすき)神楽

  • 日時:2月26日(日)13時30分~15時(12時30分開場)
    場所:アクア文化ホール(曽根東町3‐7‐2)
    定員:430人(定員を超えた場合は抽選)
    入場料:無料
    内容:東郷高倉会・今津神楽保存会による「一番立」「随神」「切部」の上演
    申込方法:1月27日(金)(消印有効)までに市の電子申込システムまたは往復ハガキにて申し込み。必要事項など詳細は市ホームページ参照
    ※画像は豊中市提供

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

north