【吹田】約5,500本の桜が咲き誇る!万博記念公園で「桜まつり」3月17日(金)~4月9日(日)開催。3年ぶりのライトアップは3月31日(金)から

【吹田】約5,500本の桜が咲き誇る!万博記念公園で「桜まつり」3月17日(金)~4月9日(日)開催。3年ぶりのライトアップは3月31日(金)から

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。

暖かい日が続き、そろそろ桜が咲き始めるころですね♪

どこでお花見をしようかと、桜スポットを探している人も多いのでは。

万博記念公園では、3月17日(金)から4月9日(日)まで「桜まつり」を開催。

「日本さくら名所100選」にも選ばれている万博記念公園の桜は見ごたえ抜群!

3年ぶりに実施される桜並木のライトアップは3月31日(金)から。にぎわい必須の桜スポットになりそうです!

3月下旬~が見ごろ!約5,500本の桜が咲き乱れる絶景を楽しもう

万博記念公園内全体で約5,500本もの桜が咲き誇る「桜まつり」。

万博記念公園桜まつり2023

3月中旬ごろからヒガンザクラやカンヒザクラが咲き始め、

3月下旬ごろからソメイヨシノなどが園内をピンク色に染めていきます。

万博記念公園桜の見ごろカレンダー

万博記念公園桜みどころマップ

中でも一番の見どころは、太陽の塔の東側、東大路の200メートルを超えるソメイヨシノ並木。

ソメイヨシノに覆われる“桜トンネル”は、見逃せない絶景ポイントです!

公園内にはさまざまな品種の桜があちらこちらに咲いているので、

お気に入りの桜スポットを探して、家族や友人などとゆったりお花見を楽しむのもいいですね♪

毎年、焼きそばやフランクフルトなどの屋台も出ているみたいです。

3年ぶりに桜並木のライトアップが復活!艶やかな夜桜も見どころ

今年は3年ぶりに、東大路の桜並木のライトアップが3月31日(金)~4月9日(日)に実施されます!

光に照らされた幻想的な雰囲気の園内で、日中とはまた違った艶やかな夜桜を楽しみたいですね。

「桜まつり」開催時間は午前9時30分~午後6時(最終入園は午後5時30分)。

ライトアップは午後6時~9時(最終入園は午後8時30分)。

桜まつりやライトアップの入場料は無料ですが、

別途自然文化園・日本庭園共通入園料(大人260円、小・中学生80円)が必要です。

ライトアップ実施期間中は、園内の飲食店なども営業時間を延長。太陽の塔も午後7時まで開館しています。

駐車場は混雑必須!公共交通機関を使って来園しよう

「桜まつり」イベント期間中は、駐車場の入庫・出庫時間が以下のようになります。

  • 3月17日(金)~30日(木)

開場時間=午前9時、最終入庫時間=午後5時30分、出庫可能時間=午後8時30分

  • 3月31日(金)~4月9日(日)

開場時間=午前9時、最終入庫時間=午後8時30分、出庫可能時間=午後10時

※南駐車場・西駐車場は通常通り。詳しくはWEBで確認を。

(万博記念公園の駐車場情報はこちらから確認できます)

ただ、車での来園は、かなりの混雑が予想されるので、公共交通機関を使うことをおすすめします!

大阪モノレール「公園東口」駅で下車し、東口ゲートへ向かうルートが比較的入園しやすいかもしれません。

万博記念公園のインスタグラムでも、桜の開花情報などがアップされているので、ぜひチェックしてみてください!

▼「万博記念公園」のインスタグラム

 

この投稿をInstagramで見る

 

万博記念公園(@expo70park)がシェアした投稿

万博記念公園「桜まつり」

  • 場所:万博記念公園(自然文化園の東大路を中心とした公園内各所)
    期間:3月17日(金)~4月9日(日)※水曜休園。ただし3月29日(水)は開園、4月は無休。
    時間:午前9時30分~午後6時(最終入園は午後5時30分)
    料金:無料(別途自然文化園・日本庭園共通入園料が必要)

    【桜並木ライトアップ】
    場所:万博記念公園(自然文化園の東大路桜並木エリア)
    期間:3月31日(金)~4月9日(日)
    時間:午後6時~午後9時(最終入園は午後8時30分)
    料金:無料(別途自然文化園・日本庭園共通入園料が必要)
    ※ライトアップ開催時(午後5時以降)は中央口ゲート、日本庭園前ゲート、東口ゲートからのみ入園可能
    ※画像は万博記念公園より提供

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部だんだん

大阪で生まれ育ち、社会人半ばで上京してから出産を機にUターン、憧れていた北摂住まいに。自然豊かで人があたたかく、便利で住みやすいこの街に愛着を感じる毎日です。万博記念公園の外周を走るのがお気に入りのランニングコース♪アイコンの画像は2歳のときの私です。

公式LINEバナー

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング

north