【吹田】大阪大学a-tune(ええちゅーん)が、大阪・関西万博へ!楽器で世界の学生をつなぎ、同時演奏をめざします

【吹田】大阪大学a-tune(ええちゅーん)が、大阪・関西万博へ!楽器で世界の学生をつなぎ、同時演奏をめざします

大阪・関西万博で壮大な学生オンラインオーケストラを実現したい

2025年の大阪・関西万博。始まったら行ってみたいわ~ぐらいに思っている人も多いと思いますが、
せっかく大阪にいるのだから、見るだけじゃなくて参加しよう!という大阪大学の学生部会「a-tune(ええちゅーん)」の取り組みを知りました。
ぜひお話を聞きたいと、代表の吉川馨さんを直撃★

吉川馨さん

学生部会〝a-tune(ええちゅーん)〟代表の吉川馨さん

 

2年後の大阪・関西万博出展を目指して、”世界中の学生と音楽を通じてつながりたい”と結成された、学生部会”a-tune(ええちゅーん)”。
代表の吉川馨さん(工学部・2回生)は入学したときに配られていた”a-tuneの活動チラシ”を見て、「へー、万博に参加できるんか!」と興味を持ったのだそうです。

「”eMotto(エモット)”という、阪大生が立ち上げたスタートアップ企業があるのですが、その”eMotto”が開発した電子楽器がParoTone(パロトーン)です。
楽器が全く弾けない人でも必ず音楽を奏でられる、すごい電子楽器なのですが、例えば楽器が苦手な人はこれを使い、得意な人はそれぞれの楽器で、オンラインオーケストラを実現させたいんです」と吉川さん。

ParoTone

ParoTone(パロトーン)

 

現在4つの目標を掲げて、活動中。学業と両立しながら、大きな目標に向かって邁進中です。

◇目標1◇世界語拠点をつなぐオンライン合奏
世界五大陸のどこかの国に1拠点ずつ置き、その5つの拠点ををつなげてオンライン合奏をする。
5拠点で演奏に参加する学生の国籍の数を合わせて、100カ国の参加を目指す。

◇目標2◇同時合奏と動画の併用
万博のメイン会場は大阪。時差があり、演奏時間に深夜の時間帯になる国があるため、その人たちは同時ではなく、事前に動画を撮影し、合奏に加わる

◇目標3◇楽器と電子楽器との合奏
電子楽器(例えばParoTone)とギターやピアノ、民族楽器を織り交ぜて演奏する

◇目標4◇サブコンテンツを充実させる
例えば、メタバースを使っての演奏や、プロジェクションマッピングを活用し、立体的な演奏情景を実現する

中央公会堂での演奏
2022年12月、大阪市中央公会堂で海外学生との初のオンライン合奏会を開催。沖縄科学技術大学院大学(OIST)と、ベトナムの3拠点での海外合奏に成功しました。関西学院大学の協力で、プロジェクションマッピングも実現!

吉川馨さん
活動の肝になるのが、”拠点づくり”。
「拠点はどこでもいいというわけではなく、ある程度の広さがあり、学生が集まりやすく、しかもオンラインでつなぐための環境を整えられることが条件。あと2年でなんとか課題をクリアして、成功させたいです」

■活動を広く知ってもらうための今年度の活動について
・4月30日、5月1日 大阪大学いちょう祭(学祭)で万博に向けて活動する学生団体の紹介「阪大・学生万博」
・5月21日 いばらき立命館DAY2023 立命館の学生との公開議論(予定)
・9月 海外拠点の設営に学生を派遣
・11月 まちかね祭でオンライン合奏(予定)
・2024年3月 e-Symphony for 2023

★a-tuneについて
https://a-tune.jimdosite.com/

 

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部バンハル

夫と息子+琉球MIX犬(女の子)と暮らしています。以前千里中央に事務所があったときは、お昼休み、コラボの図書館に通いづめてました。おすすめは大阪モノレールから見下ろす街並み。特に秋は紅葉が素晴らしい! アイコンの画像はバンハル3歳のときのものです。

公式LINEバナー

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング

north