【高槻】地元のブランド米粉“清水っ粉”で清水地域の田園風景を守りたい

【高槻】地元のブランド米粉“清水っ粉”で清水地域の田園風景を守りたい

街には人と人をつなぎ、地元の活性化に貢献するイベントや取り組みを行うキーパーソンがいます。
リビング新聞とリビングWebで特集した“きになる!地元で光る人”の中から、北摂エリアでの“光る人”を紹介します!

<高槻発>米粉伝道師・高谷直樹さん

photo:米粉伝道師TAKAYA 高谷直樹さん

米粉伝道師TAKAYA
高谷直樹さん

高槻市出身。祖父から農家を、父からベーカリーを受け継ぎ、地元産の米粉を使った数々の商品を開発

photo:稲の収穫を行う高谷さん

農家で米粉作りに用いる稲の収穫を行う高谷さん

高槻市内の清水地域で、地元のブランド米粉“清水っ粉”を製造し、さらにその米粉で作ったパンを販売している高谷直樹さん。「国の史跡にも指定された芥川城から見下ろしたときに見える、辺り一面の黄金色の景色を次世代に継承していきたい。そのためには何より田畑を衰退させないことが大事です。しかし米を作るだけでは収穫量が足りず、先細りになることが目に見えていたため、収穫した米を米粉に加工して量を確保し、パンも作ることにしました」

この試みが成功し、今では清水っ粉を使ったパンケーキミックスや米粉を用いたたこやき粉、米粉100%麺など商品も拡大、高槻市の観光協会でも販売されるほどに。近隣には、「清水っ粉」を用いたスイーツをいただけるカフェも登場しています。「知恵をしぼって、高槻の自然環境を守る、持続可能な取り組みを考えていきたい」

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部バンハル

夫と息子+琉球MIX犬(女の子)と暮らしています。以前千里中央に事務所があったときは、お昼休み、コラボの図書館に通いづめてました。おすすめは大阪モノレールから見下ろす街並み。特に秋は紅葉が素晴らしい! アイコンの画像はバンハル3歳のときのものです。

公式LINEバナー

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング

north