【茨木】6月14日は川端康成の誕生日!入館無料の「川端康成文学館」で企画展を開催中!

【茨木】6月14日は川端康成の誕生日!入館無料の「川端康成文学館」で企画展を開催中!

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。

北摂は、スポーツ選手や芸能人、作家など著名人が多くて驚くのですが、「伊豆の踊子」「雪国」などで知られる作家・川端康成さんもその一人。幼児期から旧制中学校卒業期まで、茨木で暮らしていたそうです。

現在は、川端康成さんの文学に親しめるようにと、上中条に「茨木市立川端康成文学館」が置かれ、著書、原稿、墨書、写真、模型、ビデオなど、ゆかりの品約400点が展示されています。
実は、こちらの文学館、入館無料で気軽に入れるんですよ。

館内には川端康成さんが少年時代に暮らしていた家の模型も。じっくりと眺めたくなります。

6月14日が誕生日!生誕月記念企画展開催中

そんな川端康成さん。実は、今日、6月14日生まれ(1899年6月14日)なんです! 「茨木市立川端康成文学館」では、誕生日を記念して、生誕月記念企画展「川端康成の書」を7月18日(祝・月)まで開催しています。

川端康成さんや川端文学にゆかりのある企画展です。

作品の一例の書も、味があって魅力的。

作家として活動するかたわら、書にも力を注ぎ、さまざまな筆を用いて作品を残していた川端康成さん。作家とはまた違う“書家”としての顔ものぞいてみたいですね。

没後50年のギャラリー連続企画展も

また今年は川端康成さんが亡くなってから50年目にあたるため、川端康成没後50年ギャラリー連続企画展として、11月30日まで4つの企画展も開催予定。

① 佐々木鐵仙 遺墨展 「川端文学を書く」
期間 2022年6月11日(土)~7月18日(月・祝)

② 田主誠 版画展「川端康成の少年時代」
期間 2022年7月30日(土)~8月28日(日)

③ 谷敷正人 作陶展「美しい日本の私」にみる川端康成の美の世界
期間 2022年9月17日(土)~10月16日(日)

④ 奥宣憲 書作展「日本のこころと美」
期間 2022年11月2日(水)~11月30日(水)

まだ茨木市立川端康成文学館に足を運んだことがない人は、これを機会に一度訪れてみてはいかがでしょう。かく言う私も訪れたことがないので、機会を作って行ってみたいと思います。

茨木市立川端康成文学館

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

north