【吹田】関西大学の学生が起業! 韓国語学習Webサービス K-up!

【吹田】関西大学の学生が起業! 韓国語学習Webサービス K-up!

大学のスタートアップ支援で関大生が社長に

関西大学K-UP

関西大学の学生がつくった、K-UP!のWebトップページ

写真:中山優陽さん

政策創造学部・中山優陽さん

関西大学では、2016年の梅田キャンパス開設時から、学生やOBのスタートアップ支援に取り組んでいます。昨年から、学生を対象に、金銭的、人的支援を行う、インキュベーション・プログラムを開始。そこで最も優れたビジネスアイデアと認められたのが、政策創造学部・中山優陽さん(現在休学中)の「韓国語学習Webサービス K-up!」。

「もともと韓国のコンテンツが好きだった」中山さん。誰もが平等に教育を受けられる社会を実現する、という大きな夢を持って、関大の友人らと開発に挑みました。「このサービスのポイントは、多彩な教材の中から、ユーザーが学んだ知識を共有し合い、自分で教材を作って投稿、勉強すればポイントが貯まるところです」と話します。

インキュベーション・プログラムについて、「特に学生ではなかなかお会いできない、例えば大企業の役員の方々などと会う機会もいただき、とても刺激を受けました」と中山さん。これを機に4人の仲間と株式会社OCHERを立ち上げ、代表取締役に。4月にサービスをリリースしました。
「今後はクラウンドファンディングなども実施し、収益化できる事業へ育てていきたい」

■韓国語学習Webサービス K-up!Web https://www.k-up.site

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部バンハル

夫と息子+琉球MIX犬(女の子)と暮らしています。以前千里中央に事務所があったときは、お昼休み、コラボの図書館に通いづめてました。おすすめは大阪モノレールから見下ろす街並み。特に秋は紅葉が素晴らしい! アイコンの画像はバンハル3歳のときのものです。

north