【箕面】レトロ建築に愛をこめて②

バンハルです。
以前、北摂エリアで、食事やイベントを楽しめるレトロな建築を特集しました。
その建物にまつわるクイズとともに紹介しますね~。今回は箕面です。<2021年8月26日公開>

明治時代の元旅館でユズが香るランチを

Franc et élégant YUZUYA(フラン・エレガン・ユズヤ)橋本亭

photo

店内は2・3 階が吹き抜け。広々とした空間が広がります。

photo

ランチセット2750円

明治時代末期から大正時代にかけて親しまれた、料理旅館“橋本亭”。これを復元した、カフェ&物販が昨年末にオープン。
橋本亭は滝道の一の橋のたもとにあり、立地の良さから2004年からは複合施設として利用されていましたが、自然災害の影響でやむなく全面解体に。再築を望む多くの市民の声を受け、建具やガラスなどの希少パーツを再利用し、見事に復活しました。
明治時代のレトロさと箕面の自然を感じながら味わう、ユズを使ったランチやデザートは格別です。

DATA

箕面市箕面2-5-37(阪急箕面駅歩5分)▽11:00~22:00、不定休▽TEL 072-720-5135

◆問題

「フラン・エレガン・ユズヤ 橋本亭」で今も活用している当時のガラスの名称は?
①結霜(けっそう)ガラス
②結雨(けつう)ガラス
③結霧(けつむ)ガラス

【ヒント】ガラスの模様がそうみえることから名づけられています

答は一番下!

photo

【答】
①結霜(けっそう)ガラス
橋本亭を復元する際、木製建具や看板のほか再利用されたのがこのガラス。
結霜ガラスは、一面に霜がおりたような美しい模様が特徴です。現在は生産されておらず、明治・大正の面影を残す貴重なガラスです。

Franc et élégant YUZUYA(フラン・エレガン・ユズヤ)橋本亭

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部バンハル

夫と息子+琉球MIX犬(女の子)と暮らしています。以前千里中央に事務所があったときは、お昼休み、コラボの図書館に通いづめてました。おすすめは大阪モノレールから見下ろす街並み。特に秋は紅葉が素晴らしい! アイコンの画像はバンハル3歳のときのものです。

north