【箕面】「新緑カーニバル2022」に魅かれて5月の山へ♪青葉を愛でて、ソフトクリームを食す

【箕面】「新緑カーニバル2022」に魅かれて5月の山へ♪青葉を愛でて、ソフトクリームを食す

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

風薫る季節、箕面では「新緑カーニバル2022」を5月末まで開催中!トレッキングや森林ヨガ、近隣店舗の特典などさまざまなイベントが催されるということで・・・面白そう♪
ゴールデンウイークで暇を持て余した5歳の娘と一緒に行ってきました。

まずは阪急電鉄「箕面」駅に隣接した観光案内書でチラシをゲット!

まずは阪急電鉄「箕面」駅に隣接した観光案内書でチラシをゲット!

イラスト地図をたよりに散策開始!

チラシの中にはイラスト調のマップがあり、お店で賑わう滝道からちょっと離れた「カフェ 山帰来」を目指すことに。まあまあ方向音痴の私ですが、「きっとこっちだ!」とほぼ直感で進みました。日差しが温かく、空気はカラッとして気持ちのいい散歩日和。多少迷ったとしても、大丈夫!

駅を背にして進むのは右側・・・のはず

駅を背にして進むのは右側・・・のはず

少し歩くと「雅楽 UTA」という渋いカフェが。こういう発見があるのが、楽しい!

少し歩くと「雅楽 UTA」という渋いカフェが。こういう発見があるのが、楽しい!

これまた趣のある池のような、水路のような。涼し気な風景に癒される~

これまた趣のある池のような、水路のような。涼し気な風景に癒される~

キラキラの青いモミジもまた絶景

目的のカフェへ向かうには、まず「西江寺」というお寺を見つけた方がよさそう。なだらかにずっと続く坂道を上がっていくと・・・あ、あった!なんて木々が青々とがまぶしい景色。このお寺の裏の道がカフェにつながるはずです。
山へ入って行く道を踏みしめ、木漏れ日を浴び、柔らかな緑色のトンネルを抜けて。すっごい上質なマイナスイオンを浴びているような気がする~!でも、感動する私とは反対に、娘の表情はどんどん険しくなっていきました。あちゃ。

車一台が通れるほどの坂道。立派な日本家屋や新築のお家もちらほら

車一台が通れるほどの坂道。立派な日本家屋や新築のお家もちらほら

生命の伊吹がむせ返るような、若葉しげるモミジ

生命の伊吹がむせ返るような、若葉しげるモミジ

山からエネルギーをもらってる気分になりました

山からエネルギーをもらってる気分になりました

目的地変更でも全然OK♪

結局、お寺の裏の道が予想以上に長くなりそうなので諦めました。引き返して山を下り、滝道に合流すると、びっくり。人、人、人!先ほどの山道では休憩中のおじさん一人に会ったきりなのに。
急に俗世間に帰ってきたような気分でしたが、それでも滝道の緑も美しく、小川の水がさらさらと流れる音を聞いてうっとり。そんな私の後ろで娘は「ジュース!アイス!」と叫んでいました。

西江寺の前の道を下って行くと滝道とつながっていました

西江寺の前の道を下って行くと滝道とつながっていました

滝道沿いには「橋本亭」が新緑をバックに威風堂々と

滝道沿いには「橋本亭」が新緑をバックに威風堂々と

箕面温泉の足湯は利用停止中でした。残念!

箕面温泉の足湯は利用停止中でした。残念!

遠出の締めくくりは定番のお土産で

滝道の両脇には飲食店やお土産屋さん。すると前の週に取材した「よもぎや」で取り扱ってるモミジの天ぷらの製造元「久國紅仙堂」、見っけ!よもぎやで買ったきな粉のモミジの天ぷら、めちゃくちゃ美味しかったんです♪娘にソフトクリームを与えて、その間にショッピング。イベント期間中、こちらでは3000円以上のお買い上げで記念品をプレゼントしてくれるそう。
他のお店でもいろいろな特典が用意されています。自然に触れて、お店に寄って、ココロもお腹も満たされるひとときをぜひ味わってみてください♪

イートインスペースのある「久國紅仙堂 Cobeni店」。人が映らないようにしたらこんな写真になりましたが、実際はかわいいお店です

イートインスペースのある「久國紅仙堂 Cobeni店」。人が映らないようにしたらこんな写真になりましたが、実際はかわいいお店です

生乳ソフト(350円)はミルクの風味たっぷり。モミジの天ぷらがトッピングに

生乳ソフト(350円)はミルクの風味たっぷり。モミジの天ぷらがトッピングに

厚い衣がザクザクと歯ざわりバツグン。油っぽさがなく、ずっと食べ続けられます

厚い衣がザクザクと歯ざわりバツグン。油っぽさがなく、ずっと食べ続けられます

久國紅仙堂 Cobeni店

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミンイナリーバ

若いとき世界に向いていた目が今は地元に全集中。徒歩や自転車で見つける街の情報、楽しくてたまりません♪

north