【柏】久兵衛屋でモーニングうどんを味わってみませんか?

【柏】久兵衛屋でモーニングうどんを味わってみませんか?

「まちっと柏」を御覧の皆様、グリフォンです。
こんにちは。

最近、グルメ記事の公開頻度が短くなってるなぁと思ってる方、正解です
筆者も思ってます(笑)

先日に続いてチェーン店のご紹介になりますが、ちょっと面白い事をやっているお店なのでご紹介です。
お店は「久兵衛屋」といううどんや天ぷら、しゃぶしゃぶのお店になります。
すき家やなか卯、ココスでおなじみの「ゼンショー」グループの1ブランドですね。
埼玉県を中心に関東で50店舗ほどを展開しているそうです。

久兵衛屋 南柏店は駐車場が結構広い

久兵衛屋 南柏店は駐車場が結構広い

うどんでモーニング?コスパが高いなんてもんじゃない!近場にいる人は絶対行くべき!

南柏駅から歩いて20分ちょっと。柏駅からだともう少しかかるかな。
お正月にご紹介しました「豊受稲荷本宮」のすぐ隣りにあります。

こんなちょっと離れたところにある久兵衛屋になぜ来たかというと、
実はこの南柏店で朝食メニューが食べられるとのこと。

ちなみに南柏店以外では松戸五香店でも食べられるそうです(*´ω`*)
なので松戸市民もお楽しみに。

モーニングの展開は午前7時から午前10時の間。
なので今回は超早起きして午前8時に来ました(笑)

早朝なので店内は超キレイ。

早朝なので店内は超キレイ。

注目のモーニングメニューはこちら。

注目のモーニングメニューはこちら。

モーニングというだけあって、一番高い「久兵衛朝食」でも390円。
今回はこれに決めっ!
ちなみに、モーニングの場合はまず最初に店頭でお会計。
それから出来上がるのを待ちます。

午前8時ということで、店内はワンオペ。
取材日はワタシ1人だけだったのでよかったのですが、時間帯が時間帯だけに例えばガテン系の人たちが大勢来た時に難しいかもしれませんねぇ。

さ、オーダーから10分もしないうちにやってきました。
いただきましょー( ´ ▽ ` )ノ

これが久兵衛朝食。

これが久兵衛朝食。

うどんは魚介と昆布のだしベースで優しい味わい。うどんちゅるちゅる

うどんは魚介と昆布のだしベースで優しい味わい。うどんちゅるちゅる

ご飯は男茶碗に普通に一杯。うどんも通常の半分くらいのサイズ。
どちらも50円追加で大盛りにサイズアップできます。
うどんは朝にピッタリの優しい味わい。
奇をてらわないベーシックな釜揚げうどんなので、前日に胃もたれなんかしちゃってる人でも安心して食べられます。

かき揚げをこのうどんに載せて崩して食べてもいいし、天つゆをちょっとつけてご飯と一緒に食べてもいいんじゃないでしょうか。

かき揚げはふっくら。小エビと野菜がぎっしりです。

かき揚げはふっくら。小エビと野菜がぎっしりです。

こうやってうどんにかき揚げを載せると、天つゆにかき揚げの油と

こうやってうどんにかき揚げを載せると、天つゆにかき揚げの油と

たまごかけご飯にオススメのたまご「茜美人」は黄身が美しい!

そして、久兵衛朝食の目玉ともいうべきものがこの卵。
「茜美人」という品種で、千葉県産の卵なんだそうです。
開発したのは「ヨード卵・光」という卵で卵のおいしさに革命的な一石を投じた日本農産工業株式会社。

コクがありしっかりした味わいの黄身とのことで、特徴的な赤っぽい黄身。
その黄身の色は、カラーチャートで他社の卵よりも2段階も濃い色合いなんだとか。

この黄身をどうやって食べようかな・・・と思っていましたが
今回は黄身を溶かした後、半分をご飯に、半分をうどんに投入~。

お店の方に聞くと、この「茜美人」とかき揚げを追加注文して、一つをTKG+かき揚げ、もう一つを溶き卵投入したかき揚げうどん、のような形にする方も多いんだとか。

卵は必要な栄養が全部入った「完全栄養食」ですし、タンパク質もたっぷり。
子供からお年寄りにぴったりな食材ですからいいですね( ´ ▽ ` )ノ

朝からおいしくて楽しいご飯を食べることが出来て大満足でした!

次回は柏で大人気の100食限定!のとんかつ店をご紹介します(人´∀`).☆.。.:*・゚

たまごかけご飯にぴったりの卵「茜美人」

たまごかけご飯にぴったりの卵「茜美人」

卵を溶いてかき揚げ卵うどんもよき!

卵を溶いてかき揚げ卵うどんもよき!

久兵衛屋 南柏店

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミングリフォン

食べ歩きやイベントが好きな柏育ちのジモトミンフォトグラファー。楽しくアクティブに生きる!がモットー。 南柏を中心に柏、流山、我孫子が生活圏です。

north