【流山】流山本町にはその昔線路だった道路がある。

【流山】流山本町にはその昔線路だった道路がある。

流山駅を出て左手に歩くと大きく曲がった道路があります。

この道は、その昔流山電鉄から流山キッコーマンまで荷物を運ぶための線路(貨物引込線)が作られていた場所なのです。

その貨物引込み線は「万上線」と呼ばれていたよう。

本当にきついカーブです。

本当にきついカーブです。

流山といえば、白みりん発祥の地

白みりんは流山市内の二箇所で誕生したと言われていますが、そのうちの一つが流山キッコーマン。(万上本みりんって聞いたことありますよね)

ここにあった貨物引込線は、流山電鉄で運ばれた荷物をキッコーマンまで運び、そして出来上がったみりんや醤油を出荷するためにも使われていたのですね!

突き当りがキッコーマンです。

突き当りがキッコーマンです。

案内板

歩いてみるとあっという間の距離ですが、駅から一番離れたところに案内板がありました。

昭和4年にできた貨物引込線は昭和44年に廃線となりその軌道が道路になったとのこと。

写真も付いているので、駅の様子などもわかりおもしろい!

また、昭和4年より以前はきっと川から荷物を運び入れていたのだろうと思うのでまちの歴史や移り変わりに思いを馳せてみるのもお勧めです。

貨物引込線(万上線)跡の案内板

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミン星子

星子スコーンと言うお店の店主をしています。 流山市にある菓子工房と松戸市八柱にあるカフェを中心に街をウロウロしています。

north