【北摂】6月15日~6月21日開催のイベント・おすすめスポット情報「今週 どこいく?」(豊中・箕面・吹田・池田・茨木・高槻)

【北摂】6月15日~6月21日開催のイベント・おすすめスポット情報「今週 どこいく?」(豊中・箕面・吹田・池田・茨木・高槻)

「まちっと北摂」内でジモトミン・まちのスペシャリスト・編集部が紹介した

2024年6月15日(土)~2024年6月21日(金)に北摂エリア(豊中・箕面・吹田・池田・茨木・高槻)で開催・開催中・開催予定の

イベント情報、オススメのスポット情報をまとめてご紹介します。

今週末から久安寺で「あじさいうかべ」が開催。

勝尾寺や万博記念公園、服部緑地などでもあじさいが見ごろを迎えそうです。

箕面滝道沿いでは「箕面 蛍テラス」が行われ、今年最後のホタルが見られるかも。

万博記念公園の「MOTOR CAMP EXPO 2024」に参加すれば、

夏のキャンプシーズンに向けて、イメージがどんどん膨らみそうです!

※イベント内容、申し込み、開催ルール等の詳細は各記事ならびに各イベント・各社のホームページ/SNSをご覧ください
※イベント内容、メニュー・料金、営業時間等の内容は取材時のものです

★イベント情報・まちっと北摂のオススメ情報は、メールマガジン、LINEでも配信中です。
ぜひ登録してくださいね。

【「まちっと北摂」メルマガ会員登録はコチラ→】

【「まちっと北摂」LINEお友達登録はコチラ→】

【池田】久安寺でフォトジェニックな風景を「あじさいうかべ」6月15日(土)~30日(日)開催

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。 あじさいスポットとしても有名な久安寺で、 今年も6月15日(土)~30日(日)に「あじさいうかべ」が開催されます。 この時期だけのフォトジェニックな風景を楽しみませんか? 水面に浮かぶ色とりどりのあじさいが映える 1300年の歴史があり、豊臣秀吉が参拝したともいわれる、池田の古刹・久安寺。 「関西花の寺二十五カ所霊場会」第12番のお寺でもあり、 あじさいの名所としても人気があります。 この時期には約1,000株のあじさいが境内に咲き誇り、趣のある風景を見せてくれます。 今年も6月15日(土)~30日(日)に「あじさいうかべ」を開催。 具足池(ぐそくいけ)にあじさいがじゅうたんのように浮かべられ、 ものすごくフォトジェニックな風景を楽しめるんです! シーズン後半に向けて、浮かべるあじさいの数が増えていくんですって。 この幻想的なシーンをひと目見ようと、全国からたくさんの人が訪れるそうです。 境内のあちこちでもあじさいの涼やかなグラデーションが楽しめるので、 散策しながらお気に入りのスポットを探してみるのもいいですね♪ 期間限定!あじさいをデザインした「切り絵ご朱印」 6月8日(土)~7月7日(日)まで1カ月限定で「あじさい切り絵ご朱印」が授与されます。 ご本尊の千手観音像とあじさいをモチーフにした切り絵が 繊細かつ華やかで、思わず見入ってしまいます。 久安寺までは、阪急宝塚線「池田駅」から阪急バスに乗車し約15分。 「久安寺」で下車後、徒歩すぐです。 シーズン中の土日は駐車場もかなり混雑するみたいなので、 公共交通機関を使っての来場をオススメします。 ゆったり過ごしたい人は平日に訪れるのがよさそうです。 ▼「久安寺」のインスタグラムはこちら!   この投稿をInstagramで見る   大阪池田 久安寺(@kyuanji)がシェアした投稿

まちっと北摂編集部だんだん

【箕面】今年は平日も楽しめる!川沿いのテラス席で特別な夜を「箕面 蛍テラス」6月14日(金)~23日(日)開催

こんにちは。まちっと北摂編集部のさっちーです。 今年もホタルが舞うシーズン限定で、 箕面滝道沿いのレストランのテラス席で特別な時間を過ごせる 「箕面 蛍テラス」が6月14日(金)~23日(日)に開催されます! ゆったり過ごすなら平日に!ホタルを待つ特別な時間を 毎年6月中旬~下旬に、箕面公園につながる滝道沿いでは、 箕面川の水面や木々の間をホタルが舞う、幻想的な光景を見ることができます。 ホタルが飛び始めるまでの夕方から夜にかけて、 川沿いのレストラン「la terrazza al minoh r,」(ラ テラッツア アル ミノオ リバー)と 「Franc et élégant YUZUYA 橋本亭」のテラスを特別にオープン。 緑に囲まれた空間で川のせせらぎを感じながら、食事やドリンクを楽しめます。 これまでは金・土・日曜の週末限定でしたが、今年は平日も実施。 混雑を避けてゆったりと過ごしたい人は、平日に訪れるのがよさそうです。 どちらのお店も予約不可なのでご注意を。 当日はホタルたちの邪魔をしないようテラスの照明は控えめに、 キャンドルの灯りがメインのロケーションを楽しめるんですって。 タイミングが合えば、席からホタルが見られるかもしれませんね。 ホタルは美しい光景を見せてくれる一方で、とても繊細な生きもの。 気温や湿度などさまざまな条件によって、よく飛ぶ日や時間帯も変わります。 ホームページにあるホタルの鑑賞マナーなどを確認して、 このシーズンだけのロマンチックなひとときをお楽しみください。

まちっと北摂編集部さっちー

【箕面】しっとり咲くあじさいを愛でに勝尾寺へ「勝ちフォトコンテスト」6月30日(金)まで開催中!

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。 “勝ちダルマ”で有名な箕面の「勝尾寺」は、春は桜、秋は紅葉スポットとしても有名ですが、 実は“あじさいの名所”でもあるのをご存じですか? 8万坪もの広大な境内には、なんと3,600株ものあじさいが植えられているんです! ヤマアジサイやガクアジサイ、タマアジサイ、アマチャなど種類もさまざまで、 中には少し緑がかった花をフジのように円錐状に咲かせる「カシワバアジサイ」という珍しい品種も。 毎年6月中旬~7月中旬に見ごろを迎え、 山々の新緑に鮮やかなグラデーションが映える美しい風景にうっとり・・・♪ 境内に置かれたたくさんの「ダルマ」とあじさいのコラボを楽しんだり、 観音池周辺の水辺に咲くあじさいや、 石段沿いに咲き乱れる群生など見どころも満載。 場所によって咲き始める時期も違うようで、 境内を歩きながらその変化を楽しむのもいいですね。 少しヒンヤリとした神聖な空気とともに、心癒やされるひとときを過ごしませんんか? 「第15回 勝ちフォトコンテスト」6月30日まで実施中 勝尾寺では6月1日(金)~30日(日)に「第15回 勝ちフォトコンテスト」が開催。 テーマに沿った写真を勝尾寺で撮影し、インスタグラムで投稿。 受賞者には非売品のプレゼントを用意。そのほか、ポストカードやカレンダーになるかもとのこと! 6月のテーマ「勝尾寺と水」です。 応募方法は、 ①勝尾寺公式インスタグラム(@katsuoji.temple)をフォロー ②撮影した写真に「♯カチフォト2406」「♯勝尾寺ふぉとこんてすと」の両方をつけてインスタグラムに投稿 水辺に咲くあじさいの写真を撮影して、応募してみるのもいいですね! イベントの詳細については勝尾寺のインスタグラムでご確認ください。 ▼「勝尾寺」のインスタグラムはこちら!   この投稿をInstagramで見る   勝尾寺【公式】アカウント(@katsuoji.temple)がシェアした投稿

まちっと北摂編集部だんだん

【箕面】箕面市立郷土資料館が移転リニューアル!特別企画「箕面の至宝展」を7月7日(日)まで実施中(教えたい/教えて)

こんにちは。まちっと北摂編集部のさっちーです。 「教えたい/教えて」コーナーに、ニックネーム「志庵」さんから、 「箕面市立郷土資料館が4月29日に移転リニューアル!特別企画「箕面の至宝展」が開催されているみたいです」 という投稿をいただきました。ありがとうございます! 「れきし」「はっけん」「くらし」をテーマに楽しく学ぼう 箕面市立郷土資料館は「みのおサンプラザ1号館」の建て替えにより、 「箕面市役所第二別館2階」に移転し、4月29日に全面リニューアルオープン。 北大阪急行「箕面船場阪大前駅」から徒歩8分とアクセスしやすい立地です。 館内は「れきし」「はっけん」「くらし」と3つのテーマに展示室が分かれており、 「れきしを歩む」では、大迫力の横幅7メートルのワイドシアターで、 箕面の旧石器時代から近現代にいたるまでを、音と映像で分かりやすく解説。 当時の写真やイラストが使われた迫力満点の映像が登場します。 「はっけんにワクワク」では、等身大パネルや歴史資料などを展示して、 円筒ごとに箕面ゆかりの“ヒトやコト”を紹介。 「くらしを知る」では、市の地形をかたどったテーブルの上に、 主要スポットを示すプレートを配置し、各地域の特色を紹介しています。 そのほか、透過液晶を使った最新展示「時空遊覧」や、 阪急箕面駅鉄道開通など近現代の箕面を紹介する「ペーパークラフト額装展示」なども見どころ。 興味深い仕掛けがあちこちに散りばめられていて、 お子さんも一緒に箕面の歴史を楽しく学べそうですね。 特別企画「箕面の至宝展 中尊寺経と八天石蔵」 リニューアルオープン特別企画として、 「箕面の至宝展 中尊寺経と八天石蔵」を7月7日(日)まで開催中。 平安時代後期に奥州の藤原清衡が中尊寺に奉納したといわれる 瀧安寺所蔵の「中尊寺経(紺紙金銀字交書一切経(こんしきんぎんじこうしょいっさいきょう)」を公開。 さらに、八天石蔵の仏像写真と仏像発掘のきっかけとなった 勝尾寺所蔵の「勝尾寺文書」の画像から、八天石蔵の魅力を読み解きます。 リニューアルして見どころ満載の箕面市立郷土資料館へ、ぜひ足を運んでみてくださいね。

まちっと北摂編集部さっちー

【箕面】大自然の中で旬の料理を楽しむ「箕面川床」4月20日(土)~11月4日(休・月)開催

こんにちは。まちっと北摂編集部のさっちーです。 4月20日(土)から明治の森箕面国定公園(箕面公園)周辺で開催中の「新緑カーニバル」。 それと同時に、「箕面川床」が11月4日(休・月)までオープンしています。 「川床 磯よし」と「川床 音羽山荘梅屋敷」の2店舗で、 心地よい空間と旬の食材をふんだんに使った料理が楽しめますよ! この季節だけのぜいたくなひとときを楽しんで 明治時代に始まった「箕面川床」は、度重なる洪水などが原因で徐々に衰退しながらも、 社会実験としての復活を遂げ、2012年から本格的な営業を開始。 現在では箕面を代表する風物詩の一つとして定着しました。 春は新緑の青もみじとともに、夏は川のせせらぎに涼やかに癒されて、 秋は色づく木々を愛でながら、旬の食材をふんだんに取り入れたお料理が楽しめます。 このぜいたくな空間はぜひ一度体験してみたいですね! どちらのお店も要予約となっているので、詳細は電話でお問合せください。 川床 磯よし ■営業日程: 【春】4月20日(土曜日)~6月30日(日曜日)正午~午後4時 【夏】7月1日(月曜日)~8月31日(土曜日)正午~午後9時 【秋】9月1日(日曜日)~11月4日(月曜日・休日)正午~午後4時 ■問い合わせ・予約先:072-724-2477(利用日の前日までに要予約) ※梅雨時期は休業する場合あり 川床 音羽山荘梅屋敷 ■営業日程: 【春】4月20日(土曜日)~6月16日(日曜日)午前11時30分~午後3時 【夏】7月13日(土曜日)~9月15日(日曜日)午後5時~午後8時30分 【秋】9月22日(日曜日・祝日)~10月27日(日曜日)午前11時30分~午後3時 ■問い合わせ・予約先:072-721-3005(利用日の前日午後5 時までに要予約)/火曜日定休 ※金・土・日曜・祝日の営業。10名様以上は左記日程以外でも予約可

まちっと北摂編集部さっちー

【吹田】キャンピングカーやアウトドアグッズが勢ぞろい!万博記念公園で「MOTOR CAMP EXPO 2024」6月15日(土)・16日(日)開催!

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。 「今年の夏はキャンプに行きたい」と計画している人に嬉しいイベント情報です。 2024年6月15日(土)・16日(日)に万博記念公園 お祭り広場で、 “車×アウトドア”をテーマにした「MOTOR CAMP EXPO 2024」が開催されます! 展示車両は約90台!見て・比べて・体感しよう 「車」と「アウトドア」をテーマに、キャンピングカーをはじめとした「クルマ旅」や さまざまな「ソトアソビ」を体感できる同イベント。 人気のキャンピングカーやアウトドア・車中泊に最適な車両や、 アウトドアブランドのグッズなどが展示・販売されます。 軽キャンパーからキャンピングトレーラーまで、 あらゆる種類のキャンピングカーが集結。その数なんと約90台! 屋外開催なので、実用シーンに近いイメージが湧きやすく、 さまざまな種類の車両を見比べて、体感できるチャンスです。 気に入ったモデルが見つかれば、その場で商談も可能なんですって。夢が膨らみますね♪ 最新のアウトドアグッズの販売、子ども向けイベントも キャンプやアウトドア、車中泊で使えるグッズも多数スタンバイ。 気に入ったものがあればその場で購入でき、 会場でしか手に入らないお得なグッズが見つかるかも! 6月16日(日)(午前11時~/午後3時~)に会場内の特設ステージにて、 タレント・野々村真さんのスペシャルトークショーを開催。 そのほか、ワークショップや縁日などお子さんも楽しめる体験型コンテンツ、 グルメバーガーエリアも用意されていて、 家族でピクニック気分を味わいながら、一日中楽しめる内容となっています! 入場料は高校生以上・前売り700円、当日1,000円(会場で使用できる金券200円付き)。 別途自然文化園・日本庭園共通入園料(大人260円、小中学生80円)が必要となります。 前売りチケットはローソン、セブンイレブン、ファミリーマートにて販売中。 夏休みのキャンプシーズンに向けて、ぜひ足を運んでみてくださいね! 【イベントの詳細はこちら】

まちっと北摂編集部だんだん

【吹田】「関大Vs関学」良きライバルの定期戦が開幕  今年度のスローガン"燦爛(さんらん)"を体感してはいかが!

 こんにちは、SUITAcolorsのイエローです。  吹田市には、関西大学、大阪大学、大阪学院大学、千里金蘭大学、大和大学、国立民族学博物館があり、全国でも有数の「大学のあるまち」です(吹田市のホームページより)。実は、イエローの母校も関西大学(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ  今回、47回目を迎える総合関関戦(関西大学と関西学院大学の体育会が良きライバルとして各クラブが試合)が開催される情報をキャッチしてきました。本戦を盛り上げるため開催された前夜祭の様子レポートします!これを見て、是非、各クラブの試合を応援してもらえればファイトー( ・ᴗ・ )⚐⚑⚐

吹田市の特派員SUITA Colors

【吹田】6月15日(土)dios北千里で「dios北千里 de フリマ」が初開催!物産展などマルシェも(教えたい/教えて)

こんにちは。まちっと北摂編集部のさっちーです。 「教えたい/教えて」コーナーに、ニックネーム「ハナ」さんから、 「6月15日(土)に北千里駅前で『北千里マルシェ+』が開催されるようです!」 という投稿をいただきました。ありがとうございます! フリマに物産展と盛りだくさんのマルシェプラス 阪急北千里駅前のショッピングモール「dios北千里」にて開催される「北千里マルシェ+(プラス)」。 今回はイベントの一環として、日本スワップミート協会が主催するフリーマーケット 「dios北千里 de フリマ」が初開催されるんですって! ハンドメイドのアクセサリーや雑貨、家庭のリサイクル品に加え、 マルシェで恒例の「産地直送市」やdiosテナントなどさまざまなブースも出店。 入場無料なので、お買い物ついでにふらっと立ち寄るのもOK! マルシェを楽しみながら、意外な掘り出し物が見つかるかもしれませんね。 「関西各地でフリーマーケットを開催していますが、今回はディオス北千里マルシェ+(プラス)の一環で行います。 フリマだけじゃなくいろいろなお店が出店するので、ぜひお買い物に来てくださいね!」(日本スワップミート協会より)

まちっと北摂編集部さっちー

【吹田】梅雨ならではの風情にうっとり♪「万博記念公園 あじさい祭」6月1日(土)~23日(日)開催!

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。 5月もいよいよラストスパート、もうすぐ梅雨のシーズンがやってきますね。 天気も悪く、ジメジメとした空気に、何となく気分もどんよりしがち。。 そんなときはこの時季をしっとりと彩る「あじさい」に心癒やされませんか? 今年も6月1日(土)~23日(日)に万博記念公園で「あじさい祭」が開催されます! 色とりどりのあじさいが幻想的に彩る 万博記念公園 自然文化園 あじさいの森では、5月下旬から6月下旬にかけて、 ガクアジサイやホンアジサイなどを中心に30品種・約4,000株のあじさいが咲き誇ります。 青や紫、ピンク、白とさまざまな色のグラデーションも見どころ。 あじさいは土壌の性質や時間帯で色が変わったり、 咲き終わるまでに色が変化する品種もあり、「七変化」と呼ばれることもあるとか。 雨露にぬれながら咲くあじさいに、この時季ならではの風情を感じたいですね。 「あじさい祭」開催期間中は、会場最寄りの北口ゲートも臨時開門するとのこと。 「あじさい」を季語にした俳句を募集 6月1日(土)~9日(日)には、「あじさい」を季語にした俳句を募集。 季題は「『あじさいの森』に咲くあじさい」。 「あじさいの森・自然文化園中央口・日本庭園前ゲート・西口・東口・北口」に設置された投句用紙に 必要事項を記入し、投句箱に入れて投稿(1人3句まで)。 入選句は6月15日(土)~23日(日)に「あじさいの森」にて掲示されるんですって。 俳句を詠みながら、趣のある風景を楽しんでみては。 【2023年度の入選句はこちら】 ▼「2022年の万博記念公園 あじさい祭の様子」(万博記念公園公式YouTubeチャンネルより引用)

まちっと北摂編集部だんだん

【吹田】竹見台マーケットで「つなぐマルシェ mini」が6月18日(火)にあるみたい!(教えたい/教えて)

こんにちは。まちっと北摂編集部のさっちーです。 「教えたい/教えて」コーナーに、ニックネーム「まな」さんから、 「6月18日(火)に竹見台マーケットで『つなぐマルシェ』が開催されるようです♪」 という投稿をいただきました。ありがとうございます! 今回は平日開催!雑貨・グルメ・ワークショップが集う “近所でちょこっと楽しいこと”をモットーに北摂で活動している「つなぐマルシェ」。 今回は平日ということで小規模開催の予定が、出店数が増えて12店舗になったそう! ハンドメイドアクセサリーやバッグなど雑貨、 焼き菓子や自家焙煎コーヒーなどさまざまなお店が登場。 個性あふれるアイテムはギフトにもぴったり! スイーツのようなアロマバスボム作り、押し花シールづくりなどワークショップも開催。 ヘッドマッサージやハンドケア体験、包丁研ぎまで気になるコンテンツが盛りだくさんです。 竹見台マーケットでのお買い物ついでに立ち寄るもよし。 いつもと少し違ったマーケットで、素敵な出会いが待っているかも! 開催時間は午前10時~午後4時。入場無料です。 「7月以降は奇数月の第2土曜日に『つなぐマルシェ』を定期開催する予定です。 平日のほうが出店しやすいママ作家さんを応援する意味でも、今後も平日開催は続けていきたいと思っています。 今回は小規模の予定が出店者様が増えて大きくなりましたので、ぜひ皆様お越しください!」(イベント主催者より)。 ▼イベントの詳細は「つなぐマルシェ」のインスタグラムでチェック!   この投稿をInstagramで見る   つなぐマルシェ(@tunagumarche)がシェアした投稿

まちっと北摂編集部さっちー

【豊中】約150ブースが出店!服部緑地 東中央広場で「ガレージセール」6月16日(日)開催

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。 2024年6月16日(日)服部緑地 東中央広場で 「服部緑地ガレージセール」が開催されるみたいです! 約150ブースが出店!掘り出し物を見つけよう 万博記念公園など大阪各地でガレージセールを開催する 「日本ガレージセール協会」主催の同イベント。 今回は服部緑地 東中央広場に、衣類や雑貨、日用品、 こども用品やハンドメイド作品など約150ブースが出店します! これからの季節に使えそうなもの、前から気になっていたものなど じっくり見て回れば、掘り出しものが見つかるかもしれませんね♪ 開催時間は午前10時~午後4時。入場無料です。 お目当てのものがある人や目玉商品を狙うなら午前中、 午後になると「今日中に売り切りたい」という出店者が値下げを始めることもあるそうなので、 欲しいものが残っていれば、お得な値段でゲットできるかも! 同日、円形花壇では「百貨創作祭~クラフトフェスタ~」、 西中央広場では「北摂マルシェ」などイベント盛りだくさんの服部緑地。 あじさいも見ごろを迎えているようなので、ぜひお出かけしてみては! ▼「日本ガレージセール協会」のインスタグラムはこちら!   この投稿をInstagramで見る   日本ガレージセール協会(@japangaragesale)がシェアした投稿

まちっと北摂編集部だんだん

【豊中】千里中央公園LABO内にシェア型本棚『本の集会所』がオープン!!

こんにちは! 千里中央公園の1OOORE SCENES『LABO』に駐在しているパークコミュニケーターのyokoです。 暑くなってきましたが、千里中央公園には大きな木が多いので、木陰をゆっくり歩きながら、まだまだ気持ち良くお散歩して頂けますよ! 千里中央公園1OOORE SCENES『LABO』内に、4月1日からシェア型本棚『本の集会所』がオープンしています! 『本の集会所』を利用すれば、千里中央公園の大自然の中で読書も楽しめちゃいます♬ 今回はそんな『本の集会所』について詳しくお伝えします!

パークコミュニケーター1OOORE SCENES

【高槻】健康づくり広場「アクトレ」でからだを動かしたあとは「高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川)」で自然のものしり博士になろう!

こんにちわ。さえぴよです。   高槻の摂津峡に行く道すがら、2016年に閉園した高槻市立芥川緑地プール跡地をしばらくぶりに通ったら なんと、きれいな公園になっているではありませんか!健康づくり広場「アクトレ」という公園施設です。 高槻在住の友人が言っていたのはこれだー 場所は「南平台小学校」の目の前です。 車で行くと171号線「今城町」交差点を北へ進み6分ほど、名神高速道路高架をくぐればすぐのところにあります。 芥川緑地 健康づくり広場「アクトレ」3月オープン 健康増進を目的とした、様々なストレッチやトレーニングの健康遊具があります。(大阪医科薬科大学が監修) ストレッチエリア、体力維持エリア、体力アップエリアがあり…無理なく続けられそうなシンプルな健康遊具が揃っています。 50肩と更年期には嬉しい限りですぅ(泣) 親子エリアや子供エリアもあります。 芝生のテラスからは高槻を一望できる素晴らしい景色です。小学生がわいわいお弁当を広げていました。 休みの日には芝生にテントでゴロゴロ、のんびり過ごすのもいいなぁ。 夜景もキレイでしょうね。夜景の写真だれか見せてください(笑) 健康づくりのポイントは? ウォーキングと組み合わせることによりさらに効果があがるとのこと。 自分のレベルに合った運動、時間、強度を設定するといいそうです。無理は禁物ですね(気をつけます)   広場の新しい健康遊具でのびのび体をほぐしたら、ここからが、お楽しみ! 同じ芥川緑地内にある「高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川)」をご存じですか? 高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川)へGO! 芥川緑地駐車場出入口から左へ赤色の道なりに行くとすぐに高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川)があらわれます。 高槻市内の幼稚園・保育園の遠足でも、小学校の総合学習や校外学習などで必ずと言っていいほど、皆が訪れる定番の自然博物館です。 高槻市は半分以上が森林で、その自然豊かな川や森の動植物を収集し剥製や標本にして展示、水生生物(淡水魚)はそのまま生態(飼育)展示をしていて、高槻の自然を堪能できる博物館です。 入場無料なのも嬉しいですね 【赤いゲートがめじるし】 このゲートだけ見ると小さい施設に見えるのですが、実はここが屋上で地上4階建の建物なのです。 4階展望デッキ ゲートをくぐると目の前に広がるのどかな風景…ウッド調の椅子とテーブルがあり、ゆっくりと景色を眺められます。(飲食可能スペースです) 【フロアマップ】 地下に降りていくような…秘密基地感がたまりません。ドキドキ…3階から順に降りてみましょう。 3階 多目的ホール・ミュージアムショップ(事務所) キッズコーナーには昆虫になりきるマントやアイテムがあります。とっても可愛い姉弟さん、ほほえましくあそんでいました(笑) 【図書コーナー(図書館と提携)】 自然や水辺の生き物などの図書がいっぱい。夏の自由研究にいかがでしょう? 自習をされてる学生さんの姿もありました。 貸出しのオリジナルパズルやカルタで遊ぶと時間を忘れます… 【「あくあぴあいきものクイズ」にチャレンジ!】 3階のミュージアムショップでスタッフに言うとクイズシートがもらえます。 2階展示室 芥川のいきもの 展示室に並ぶ水層、芥川に生息する淡水魚をはじめ甲殻類やカメなど40種類以上が展示されています。 コンパクトながら中身の濃い淡水魚の水族館です。 【芥川を再現した大水槽】 【芥川で見られる魚50種類以上】 【ハカセの部屋】 【私たち魚たちの未来】 芥川では魚たちが移動したり生息場所を確保、生態系を守るための魚道(さかなみち)を作るプロジェクトがあるのだそう。 なんでも答えてくれるスタッフさん!面白い魚の生態を詳しく教えてくれます。色々聞いてみてね。   1階 高槻のいきもの 高槻では32種類の哺乳類が確認されています。 私達の身近に生息する哺乳類の剥製が並びます。その迫力に子供たちは圧倒されていました。 「今にも動き出しそうでドキドキするね」 こんなにたくさんの動物が生息しているとは驚きです。 【企画展】「川」ってなぁに?-川についての大研究- 開催期間:2024年5月25日(土)~9月1日(日) 【1階正面出入り口・自然工作室】 自然工作室では月1回のワークショップを開催しています。 その他フィールドワーク、講座や観察会、お話し会などイベントが多数あります。   【1階水上ステージでは音楽イベントも開催】   【芥川沿いに広がる里山残存緑地帯(芥川緑地)】 ホタルの生息地でもあるんです 5月から6月には芥川緑地北側「トンボ池」周辺ではヒメボタルやゲンジボタルも見られるそうです。 高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川)では目の前を流れる「芥川」の生き物達をはじめ、高槻に生息する動植物、昆虫などを研究、丁寧に調査して環境保全に努めています。市民とともにという観点から「あくあぴあ芥川共同体」として高槻の自然を博物館で余すことなく紹介しています。 子供だけでなく、大人も楽しみながらふるさとの自然が学べる参加型の施設。ディープで面白い生物の世界にどっぷり浸かってみてくださいね。 ▼詳しくはあくあぴあ芥川ブログをご覧ください

ジモトミンさえぴよ

【北摂】ジモトミンオススメ!「北摂水遊びスポット」川遊びに公園、プールも!(豊中・箕面・吹田・茨木・高槻)

北摂の夏は暑い! 川に公園、プール。北摂には水遊び、川遊びができるスポットがいっぱいあります! 今回は北摂のジモトミンがオススメする、とっておきの北摂の水遊びスポット(豊中市・箕面市・吹田市・茨木市・高槻市)を紹介します。 場所、施設の紹介だけでなく、遊び方や注意点等、実際に体験しているからこそのコメント満載です。ぜひお出かけ前にチェックしてくださいね! なお、水遊びにお出かけの際は ◆熱中症対策 ◆水の深みやスリップ、急な天候の変化での水深の変化等に注意 ◆子ども、周りの状況を常にチェック しながら、楽しい水遊び時間を過ごしてくださいね! 国土交通省ホームページへリンク「河川水難事故防止!「川で遊ぶ前に」」 ※情報はすべて取材当時のものです ※2024年7月6日更新

まちっと北摂まちっと北摂編集部

【北摂】ジモトミン・編集部オススメ!「北摂の“疲れたときに癒やされたいスポット”」まとめ

長期休暇が終わった後や季節の変わり目などは 疲れが出やすかったり、気分もなんだかどんより。。 今回はジモトミン・編集部がオススメする「北摂の“疲れたときに癒されたいスポット”」をご紹介。 温かいお湯や、自然や動物に囲まれてリラックスしたり、 おいしいものを食べたりなど、疲れた気持ちをゆったり癒やすひとときをお過ごしください。 ※メニュー・料金、営業時間等の内容は取材時のものです。

まちっと北摂まちっと北摂編集部

【北摂】ジモトミン・編集部オススメ!「雨の日に子連れで遊べる室内スポット」まとめ(高槻・箕面・吹田・豊中・茨木・池田)

子どもを連れて外へ遊びに行きたいけど、天気は雨。 「どこへ連れて行こうか・・・」と子どもの遊び場に悩みますよね。 そんな雨の日でも心配無用!の室内で遊べるスポットが北摂にはたくさんあります。 今回は、高槻・箕面・吹田・豊中・茨木・池田エリアのジモトミンと編集部がオススメする 雨の日に子連れで遊べる室内スポットをご紹介します! 雨が降っていても、元気に外出して楽しい思い出を作りましょう♪ ※記事内容は取材時のものです

まちっと北摂まちっと北摂編集部

【吹田】ジモトミンがオススメ「江坂のおいしいランチ」14選 〜おしゃれな人気店から、おひとりさまでも楽しめるお店まで〜

活気あふれる駅周辺から、少し路地を入るとおしゃれなカフェや隠れた名店があふれる江坂エリア。 今回ご紹介するのは、ジモトミンが実際に食べてオススメする江坂のおいしいランチのお店14店! 友人とゆっくりくつろげる穴場のカフェごはん、ひとりでも楽しめる人気のラーメン店、古くからある名店など、ジモトミン独自の視点でオススメポイントを紹介します。 ※メニュー・料金、営業時間等の内容は取材時のものです。

まちっと北摂まちっと北摂編集部

【豊中】ジモトミンおすすめ「豊中のおいしいランチ」10選 ~おしゃれなカフェ、テイクアウト情報も~

東西南北でさまざまな景色を見せる、豊中市。 今回は、そんな豊中のジモトミンがおすすめするおいしいランチのお店を10店ピックアップ。 おしゃれなカフェや、人気のおひとりさまグルメ、テイクアウトやデリバリーで 家でも楽しめるお店など、ジモトミンが実際に体験した感想をご紹介します! ヘルシーランチやホテルバイキングなどなど、 1人や家族はもちろん、ママ友とのランチ会にも役立てて。 ※メニュー・料金、営業時間等の内容は取材時のものです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まちっと北摂まちっと北摂編集部

【茨木】ジモトミンがオススメ!とっておきのカフェ11選 ~おいしい、おしゃれなお店満載~

どんどん新しいお店がオープンし、おしゃれな街に進化している「茨木」。 今回は、普段実際に利用しているジモトミン・編集部がオススメする、とっておきの茨木のカフェを まちっと北摂編集部がピックアップして15店ご紹介します! 友だちや、一人でまったりカフェ利用して、おいしいコーヒーを味わうのはもちろん、モーニングやランチでおいしいカフェ飯に舌鼓。 子連れも楽しめるお店、テイクアウト利用できるお店、古民家カフェや気持ちのいいテラス席でくつろげるお店も! カフェへのおでかけの際はイベント・お出かけ情報もチェックして、おいしい!おしゃれ!楽しい!茨木を満喫してくださいね。 ※情報は取材当時のものです。最新情報はHP等でご確認ください ※2024年7月6日更新

まちっと北摂まちっと北摂編集部

【箕面】ジモトミン・編集部オススメ「箕面のおいしいランチ」22選 〜おしゃれな人気店から穴場まで!〜

北大阪急行が箕面萱野まで延伸し、ますます目が離せない箕面エリア。 開発が進むおしゃれなスポット船場から、話題の新店が続々登場の小野原、隠れた名店がいっぱいの阪急箕面線沿線まで 北摂地域に住む、関わるジモトミン、まちっと北摂編集部が実際に食べてオススメする箕面のおいしいランチのお店22選! 子連れでもOKのお店、大人がゆったりくつろげるお店、駐車場情報など、ジモトミン独自の視点でオススメポイントを紹介します。 ※メニュー・料金、営業時間等の内容は取材時のものです。 ※2024年7月7日更新

まちっと北摂まちっと北摂編集部

【池田】ジモトミンがオススメ!「大阪・池田の美味しいランチ」14選 

学生の街、活気あふれる「石橋阪大前駅」から、カップヌードルミュージアム、五月山公園等観光スポット満載の「池田駅」、緑あふれる「細河地区」まで、エリアによって異なるさまざまな魅力があふれる街「大阪・池田」 そんな「池田」で、ジモトミン・まちのスペシャリストが実際に食べてオススメする美味しいランチのお店を14店ご紹介します! 市内で人気のお店から、子連れでも予約して訪れたい隠れ家ランチ、学生もうれしいボリュームランチまで、ジモトミン独自の視点でオススメポイントを紹介します。 ※メニュー・料金、営業時間等の内容は取材時のものです。 ※2024年7月6日更新

まちっと北摂まちっと北摂編集部

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと北摂まちっと北摂編集部

大阪・北摂(豊中・吹田・池田・箕面・茨木・高槻)で地域密着の生活情報紙「リビング新聞」を発行する株式会社サンケイリビング新聞社が展開する地域情報プラットフォーム「まちっと北摂」の編集部です。 50年以上地域で培った取材力で、とっておきの北摂エリアの情報、編集部からのお知らせを発信していきます!

公式LINEバナー

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング

north