【箕面】「廣屋珈琲店」で珈琲が際立つ大倉陶園のカップで至福のひととき

【箕面】「廣屋珈琲店」で珈琲が際立つ大倉陶園のカップで至福のひととき

日常の喧騒から離れた「時間」の流れにしばし身を置きたいとき。。ありませんか?
そんな時におすすめのゆった~りと時が流れるお店をご紹介します。

桜井の住宅街にたたずむ、珈琲専門店「廣屋珈琲店」

桜井の住宅街にたたずむ、珈琲専門店「廣屋珈琲店」

木の温かみ溢れる落ち着いた店内

お店にはカウンターとテーブルが二つ。
コーヒーの香りが出迎えてくれます。
いつも楽しみにしているのはオーナーおすすめの期間限定コーヒー。
なかなかお目にかかることの少ないスペシャルコーヒーを本日もいただきます。

カウンターのテーブルは1枚板。こだわりの店内です

カウンターのテーブルは1枚板。こだわりの店内です

大倉陶園のカップたち。一つ一つが芸術品

大倉陶園のカップたち。一つ一つが芸術品

期間限定のコーヒー。1月に伺ったこの日は「イエメン バニーナヒミ イエメニア」なんと300年ぶりの歴史的発見の品種だそう

期間限定のコーヒー。1月に伺ったこの日は「イエメン バニーナヒミ イエメニア」なんと300年ぶりの歴史的発見の品種だそう

自分のもとにやってくる「珠玉の1杯」をライブで見つめます

オーナーの廣井さんは大阪の「蘭館珈琲ハウス」にて珈琲の基礎を学び、
箕面市外院にある「箕面ダンケ」の初代店長を務められた経歴をお持ちです。
念願のご自身の店「廣屋珈琲店」を丸10年、西宮甲子園口で営業されました。
その後、自宅兼店舗として箕面市桜井に移られ今年で4年目を迎えられます。
西宮時代より関西有名グルメ雑誌にも度々取り上げられ、その縁から先日もFMラジオでも紹介。
リスナーの方が桜井の方にも足を運んでくださったそうです。 

オーナーの妙技にしばし見入りながら...

オーナーの妙技にしばし見入りながら...

丁寧に淹れられたコーヒーは、「大倉ホワイト」が放つ白によってさらに際立ちます

丁寧に淹れられたコーヒーは、「大倉ホワイト」が放つ白によってさらに際立ちます

ガトーショコラ。コーヒーとの鉄板ですね(笑)他にはチーズケーキも。こちらもまたすばらしい相性。

ガトーショコラ。コーヒーとの鉄板ですね(笑)他にはチーズケーキも。こちらもまたすばらしい相性。

こだわりの自家焙煎

特別に焙煎室をのぞかせていただきました。
ここで職人として日々豆と向き合い、深煎り焙煎を生み出してらっしゃるのですね(感動)

窓越しには阪急箕面線。
電車が通るとノスタルジックな景色になりそう。
是非、お店に足を運んでみてください。

自家焙煎の豆はテイクアウトはもちろん、発送もされてます。詳しくはHPを。
廣屋珈琲店
https://www.hiroya-kaffee.com/

焙煎室から見える阪急線。電車からもお店が見える(?)かも

焙煎室から見える阪急線。電車からもお店が見える(?)かも

コーヒー豆やカフェオレベースが販売されています

コーヒー豆やカフェオレベースが販売されています

廣屋珈琲店

  • 住所: 大阪府箕面市桜井2丁目17−3
    電話: 072-720-7055
    営業時間:10:00~18:00(L,O 17:30)
    定休日:毎週火曜日と水曜日
    駐車場:3台

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミンぱでぃ

ーぱでぃのつぶやきーお店の方から何度かお聞きした言葉。。「地元のことは地元の人が一番知ってるものね~」当たり前のことだけど、この活動が小さくても地元にとってプラスになってるのかも、いや、なっていたいなぁと思った今日この頃です!【プロフィール】生まれも育ちも、また結婚してもなお(今のところは笑)北摂在住の主婦です。私にとって日常であった「北摂」ですが、改めて見つめ直した目線で発信していけるようにがんばります!

north