【吹田】ニフレルの特別企画「WAO!ワオキツネザル」の先行体験イベントでワオキツネザルとマダガスカルの魅力に触れる!

【吹田】ニフレルの特別企画「WAO!ワオキツネザル」の先行体験イベントでワオキツネザルとマダガスカルの魅力に触れる!

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

サンケイリビング新聞社さんから招待をしていただき、4/23(土)にEXPOCITYの生きているミュージアム「ニフレル」で開催された特別企画「WAO!ワオキツネザル」の先行体験イベントに参加させていただきました!
ニフレルでは8/31(水)まで、ワオキツネザルとマダガスカルの自然環境を学ぶ特別企画「WAO!ワオキツネザル」を開催しています。

今回の先行体験イベントには小学生5名が参加しており、ワオキツネザルに与えるエサづくり体験やトークイベント、マダガスカルバニラを使ったアイスクリームの試食等が行われました。

生きているミュージアム「ニフレル」

生きているミュージアム「ニフレル」

ワオキツネザルに与えるエサ作り体験と朝ごはんの様子を観察!!

「うごきにふれるゾーン」では10頭のワオキツネザルが暮らしています。
ニフレルのポロシャツを着た小学生のみんなが朝食のエサのバナナなどを木の枝に準備。
みんな真剣な表情でした!!


滅多にない貴重な体験ですね♪

滅多にない貴重な体験ですね♪

そして、エサの準備が終わった後、勢いよくワオキツネザルが登場!!
ワオキツネザルに会うのは初めてでしたが動きが素早くて活発な姿に驚きました!!


動きの速いワオキツネザル

動きの速いワオキツネザル

自由に動き回る姿を間近で観察できるのも、他の動物園とは違うニフレルの魅力!!
「こんな近くにいる!!」とワクワクして見ているだけで面白くて時間が経つのも忘れそう!!
見上げると上の方でエサを食べているマイペースなワオキツネザルも発見!

縞模様の尻尾が長い!

縞模様の尻尾が長い!

マイペースに朝食を食べるワオキツネザル

マイペースに朝食を食べるワオキツネザル

マダガスカルのことを知る!トークイベントの観覧♪

マダガスカル産のバニラの輸入・販売を手がけるCo・En・Corporation代表の武末克久さんによるスペシャルトークイベント「ワオキツネザルが暮らすマダガスカルってどんなとこ?」が行われました!
モニターで現地の様子やマダガスカルに住むワオキツネザル以外の動物についても説明をしていただきました。印象的だったのは指先に乗る小さなカメレオン!

マダガスカルはアフリカ大陸の南東にあるインド洋西部に位置し、日本の約1.6倍の面積を持つ島国。
固有種が多く生息していて、その中にはキツネザルも含まれており、ワオキツネザルもその一種。でも、マダガスカルに生息するキツネザルの96%が絶滅の危機にあるそうなんです。

そこでニフレルでは「うごきにふれるゾーン」で暮らすワオキツネザルにスポットを当てて、本来の生息地であるマダガスカルの魅力も知っていただき、環境保全につなげたいという想いでパネル展示やオリジナルぬりえワークショップ、オンラインツアーなどのイベントを実施しているのだそう。

自然豊かなマダガスカルのお写真を見せていただきました!

自然豊かなマダガスカルのお写真を見せていただきました!

マダガスカルバニラを使ったアイスクリームを試食

ニフレル2Fのカフェ「EAT EAT EAT」で4月28日(木)から販売されているマダガスカルの大自然の中で育つ「アグロフォレストリバニラ」を使用した「マダガスカルバニラのアイスクリーム」を試食させていただきました!
売上の一部はマダガスカルの環境保全活動を行う国際NGOに寄付されます。

マダガスカルの持続可能な「アグロフォレストリー」農法で作られ、無添加で身体にも地球にも優しいアイス。
濃厚で満足感があり圧倒的に美味しい!!それなのに、後味がスッキリ。

このマダガスカルバニラのアイスクリームは、株式会社トランジットジェネラルオフィスの、食を通して環境問題にフォーカスするプロジェクト「FARMER⇄YOU」企画の第三弾で、輸入・販売を手がけるCO・En・Corporationの協力のもと、無添加クラフトアイスクリームブランドHANDELS VAGENが研究・開発を行い作られた特別なアイスです。

とにかく美味しかったので、既にまた食べたい!という気持ちになっています(*^^*)

マダガスカルバニラのアイスクリーム!価格は500円です!

マダガスカルバニラのアイスクリーム!価格は500円です!

日本から遠い国・マダガスカルに想いを馳せる時間

今回のイベントに参加してワオキツネザルの様子を観察したり、イベントに携わった皆様の熱い想いを聞かせていただく中で、マダガスカルに想いを馳せることができ、「アグロフォレストリー」という持続可能な農法についても初めて知りました。遠い国であったとしても同じ地球で生活している人や動物がいるということを知ることで「繋がり」のようなものを感じ、優しい気持ちにさせていただきました。

子供も大人も楽しみながら学習もできるニフレルに行くと知的好奇心も刺激され、視野も広げてくれますが、何よりも動物や生き物と触れ合えることで心を癒してくれる場所だと改めて思いました♪

NIFREL(ニフレル)

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミンマリン

北摂に住む旅や芸術、エンターテイメントが好きな30代の主婦です。心ときめくものに出会ったら写真を撮っています。北摂の四季や芸術、魅力について発信をしていきたいと思います!

north