【吹田】水の生き物、自然にふれあうなら「片山公園」いや「片山パラダイス」で決まりな件

【吹田】水の生き物、自然にふれあうなら「片山公園」いや「片山パラダイス」で決まりな件

先日、ママ友に「吹田・片山公園でメダカが採れるらしい」という声を聞き、え、マジですか!?と、最近生き物へのふれあいに興味を持っている我が子を連れて、早速行ってみました!(実際は、子どもより自分がテンションあがって・・・)

公園だけじゃなく、図書館、体育館、プール。年中楽しめる、そこは「片山パラダイス」

阪急千里線の豊津駅から、歩いて10分弱にある片山公園。中央図書館や市民体育館、プールなど、晴れでも雨でも、夏でも冬でも、年中楽しめる施設が揃ったパラダイスエリア、「片山パラダイス」!今回初めて訪れましたが、地元では「タコ公園」と言われているようで、中央図書館から入り口を抜けると、タコ滑り台などの遊具が迎えてくれました。

吹田市立中央図書館が公園の入口左に。雨の日に来ても、ゆっくり本を楽しめる。いいですね!

吹田市立中央図書館が公園の入口左に。雨の日に来ても、ゆっくり本を楽しめる。いいですね!

お、ここか、公園の入り口

お、ここか、公園の入り口

遊具いっぱい!楽しい・・ここで既に足止めをくらいそうな・・・

遊具いっぱい!楽しい・・ここで既に足止めをくらいそうな・・・

ちょうどバラの季節。広場奥の「平和のバラ園」はとっても素敵なバラの香り!

ちょうどバラの季節。広場奥の「平和のバラ園」はとっても素敵なバラの香り!

おっ、「吹田くわい」!

おっ、「吹田くわい」!

広場から階段を上がると、そこは「水の生き物パラダイス」

さて、年中楽しめそうなポイントをいろいろ発見しつつ、今回は初訪問のため、広場近くで、網を持っている親子連れにヒアリング。

「どこでお魚とれるん??」と聞くと、「上!上!、上の下!」と。

「上の下?」早速向かいます。入口から向かって右。広場から、水が流れる(行った日は水が止まっていましたが)階段を上がると、「上の池」「下の池」という、水場が現れました!

広場から階段を上がると・・・

広場から階段を上がると・・・

上の池。ショウブがきれいな季節

上の池。ショウブがきれいな季節

上の池から、休憩所をこえて、下ったところに、たくさんの人が。ここが「下の池」

上の池から、休憩所をこえて、下ったところに、たくさんの人が。ここが「下の池」

いざ、網投入、ひとすくい!・・・と、すぐに、ゲットだぜっ!

「下の池」に陣取り、周りの親子連れの釣果を確認。軒並みザリガニゲット中!これは大いに期待。目を凝らすと、水草の間を泳ぐメダカの姿。いざ網投入!

さっそくヤゴゲット!更に、ちっちゃいメダカが!こんなに簡単に、楽しすぎる!見て見て、妻よ、わが子よ、パパすごくない?!

ここまで、我が子の出演なし・・・。親が本気になってしまう系です。妻と子どもも、もちろん網を片手に、エンジョイしていました。という取って付けの感想を記させていただきます。

めいっぱい楽しんで、生き物はリリースして、終了です。片山公園、間違いない!再訪確定!

狙いを定めて・・・

狙いを定めて・・・

ひとすくい!

ひとすくい!

おおっ!いきなりヤゴゲット!

おおっ!いきなりヤゴゲット!

メダカゲット!ちっちゃい!かわいい!

メダカゲット!ちっちゃい!かわいい!

タニシも!

タニシも!

これからの季節、水遊びや自然とふれあいをするなら、安全対策・熱中症対策は万全に!

これからの季節、子どもはもちろん、大人も水遊びがめちゃめちゃ楽しい季節ですね!そして、自然の生き物とふれあう経験、これも大人、子ども関係なくとっても大事。北摂にも水遊び、川遊び、自然の生き物と触れ合うことができるスポットがいろいろあって、紹介しています!

#自然とふれあう

#水遊び

#川遊び

#公園

ぜひ、子どもだけでなく、大人も、楽しいスポットを超満喫するために、安全対策・熱中症対策は万全におでかけください!

◆水場では子どもから目を離さない
◆浅瀬でも、泥や藻で滑りやすいので、滑りにくい靴で
◆濁っていて気づかないことも。急な深みに注意
◆急な天候の変化や、雨による増水注意
◆足や体が水に入っていて、遊びに熱中すると、暑さを忘れがち!水分補給や帽子、日陰での休憩は大事

片山公園

  • 大阪府吹田市出口町4−31

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部こんちゃん

北摂生まれ北摂育ち、一度北摂を出て、もうきっと戻ることはないと思っていましたが偶然のきっかけで北摂に夢のUターン! 北摂に縁と魅力と愛を感じ暮らす毎日。この愛を存分に発信できればと思っています! テーマは(レコードを掘って、音楽とオーディエンスを繋ぐDJのように) 「北摂の人・モノ」を掘って掘ってつなぎまくる! 「北摂の魅力ある人・モノ」を発掘して、「北摂」らしいか検証し、また別の「北摂」を教えてもらって「北摂の街・人・モノ・想い」を繋いでいこうと思っています!

north