【豊中】涼しく芸術観賞♪「豊中と四人の画家」展が豊中市立文化芸術センターで7月18日まで開催中!

【豊中】涼しく芸術観賞♪「豊中と四人の画家」展が豊中市立文化芸術センターで7月18日まで開催中!

こんにちは。
今年は早くも夏のような気候になってきましたね!

豊中市立文化芸術センターで開催中の「豊中と四人の画家」展へ行ってきました。

こうした屋内で開催される展覧会は天候に左右されずに涼しくゆっくりと観賞できるのも嬉しいですよね♪

7月18日(祝・月)まで開催しています!

7月18日(祝・月)まで開催しています!

約100点の展示は、見応えあり!

昭和期、豊中で画家として活躍した野村廣太郎さん、青野馬左奈さん、平通武男さん、小出三郎さん。
この4人の画家の作品が約100点展示されており、大変見応えがあり感銘を受けました。

野村廣太郎さんは豊中の風景を描かれており、東豊中の桜並木や萩野寺の月見、上新田村の秋祭りの様子などを情緒豊かに表現されていて、絵を観ていると日本の四季の美しさや風情を改めて感じ、優しい気持ちに包まれました。

青野馬左奈さんは、夜の街の風景を中心にパステルと水彩を使って軽やかに描かれていました。昔、岡町の瑞輪寺で絵を教えておられたそうです。
平通武男さんは日展系の画家で、大型の作品を油彩で重厚に描かれています。なんと、豊中市立第五中学校で美術講師をされていたそうですよ!
小出三郎さんは裸婦などの人物と農家の風景を描くことをテーマとした画家さん。油彩以外にもデッサンの作品も出品されていました。

野村廣太郎さんの作品。よく見ると、箕面動物園と書かれているのが分かります

野村廣太郎さんの作品。よく見ると、箕面動物園と書かれているのが分かります

豊中市さんから画像をお借りしました

豊中市さんから画像をお借りしました

4人の画家の絵画にはそれぞれ違った魅力があり、やはり芸術作品は実際に観ることで心に響くものが違い、感動も深く、とても贅沢な時間を過ごすことができます。
少しの間日常を忘れてその時代にタイムスリップできるような感覚になれるので私は展覧会に行くことがとても好きです!

不思議なスタンプコーナーもあり、子供から大人まで楽しめる展覧会♪

会場内には「不思議なスタンプ」コーナーもあり、アート鑑賞シートにスタンプを押せるようになっているので、子供から大人まで楽しめる展覧会だと思います(*^-^*)
私もスタンプを押しましたが、驚きがありワクワクしました♪

素晴らしい展覧会ですが、入場料が無料ということもありがたい限りです!!

ユニークなスタンプ(豊中市さんから画像をお借りしました)

ユニークなスタンプ(豊中市さんから画像をお借りしました)

最寄り駅は阪急曽根駅です♪こちらも記念にぜひ

最寄り駅は阪急曽根駅です♪こちらも記念にぜひ

豊中市立文化芸術センター

  • 豊中市特別展2022 豊中と四人の画家
    6月22日(水)~7月18日(祝月)
    10:00~19:00(最終日は17:00まで)
    ※月曜休館(7月18日は開館)

    会場:豊中市立文化芸術センター展示室
    料金:入場無料

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

ジモトミンマリン

北摂に住む旅や芸術、エンターテイメントが好きな30代の主婦です。心ときめくものに出会ったら写真を撮っています。北摂の四季や芸術、魅力について発信をしていきたいと思います!

north