柏銘菓と余ったお餅で簡単リメイクレシピ「ライスペーパー餅」

柏銘菓と余ったお餅で簡単リメイクレシピ「ライスペーパー餅」

mrs

余ったお餅をリメイク!

もう2月。なのに冷蔵庫の中を覗いてみると…。そう、お正月のお餅が残っています。どうしょう…。今更、お雑煮って感じでもないしそこで私は3時のおやつに柏銘菓の【柏火山】とコーヒーを飲みながら考えました。

食品フードロス問題を考えると、お餅を捨ててしまうのは勿体ないオバケが出そうです。「う~ん」っと、コーヒーを飲みながら【柏火山焼】は美味しいなぁーと眺めていると閃きました。

この余ったお餅柏銘菓の柏火山焼】で【ライスペーパー餅】を作ってみよう!という事で。

柏火山焼と余ったお餅で作るライスペーパー餅

◇材料
・薄切りしたお餅
・柏火山焼(もしくは余ったお煎餅)
・ゆであずき
・ライスペーパー

・片栗粉
・ごま油

まずは柏銘菓の【柏火山焼】をボールに入れて、すり棒で砕いて、あられ上にします。何故か、あんことあられって合うんですよね。口の中で甘さと、しょっぱさが絶妙なコンビネーションを感じさせる組み合わせです。

次に湯煎して柔らかくしたライスペーパーの上に薄切りした余ったお餅を載せます。その際にライスペーパーが柔らかく破けやすいので、そ~っと広げて下さい。

ここで、ゆであずきの登場です。お餅の上にぽってりとのせましょう。

いよいよ、すり棒でくだいた【柏火山焼】の登場です。あられ状にした柏火山焼をあんこの上に、まんべんなくのせます。この柏火山焼が食べた時に良いアクセントになり、ほんのり甘じょっぱい味を演出します。

再び、薄くスライスしたお餅で、あずきと柏火山焼をサンドします。

いよいよライスペーパーで包みましょう。ライスペーパーは柔らかいので破けない様に丁寧に扱います。「う~ん。良い感じに包まれました」

そのままでは、お餅がベタベタしてくっついてしまうので片栗粉をまぶします。

次に、たっぷりと敷いた、ごま油の中でじっくりと揚げ焼きをしていきます。

完成!

完成です。出来上がった「ライスペーパー餅」を見てみると、生八つ橋の様な風合いです。

どれどれ…。と食べてみると、私は天才かも…。と自画自賛。               味は、まるで…。ごま団子の様。

余ったお餅と【柏火山焼】でアジアンスィーツになるなんて。

食品フード問題も身近に解決をしています。素晴らしい。ぜひ余ったお餅と【柏火山焼】で作ってみて下さい。驚くこと間違いなしです。

有限会社 やまと米菓
住所:千葉県柏市宿連寺238
電話:04-7131-4629
公式HP:https://www.kashiwakazan.com/

(リビングかしわWeb特派員:トクコ)

オリジナルサイトで読む

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

リビングかしわWeb

柏、我孫子、流山、松戸、野田を中心とした東葛エリアのグルメ、イベント、お出かけ情報が満載の「リビングかしわWeb」。地元在住の「リビング地域特派員」が街ネタを発信する「地域特派員レポート」や、旬ネタ満載の「開店・閉店記事」など、地元密着の情報を盛りだくさんに発信しています。 ※公開日、公開内容は「リビングかしわWeb」に掲載された時点の情報です。既に内容が変更されている場合がありますので、お出かけの際はHPなどで最新の情報を確認してください

north