日光天然氷のかき氷とコーヒー★吉岡茶房 手賀沼焙煎所@我孫子市

日光天然氷のかき氷とコーヒー★吉岡茶房 手賀沼焙煎所@我孫子市

mrs

はじめまして!新人地域特派員のフリーランス主婦りんごです。これからリビンクかしわ地域のおでかけスポット情報を発信できることにワクワクしています。どうぞよろしくお願いします。

吉岡茶房は自家焙煎にこだわった本格喫茶

まだ梅雨空が続いていますが、だんだん蒸し暑くなってきましたね。これからの暑い季節に食べたくなるかき氷。今回は日光天然氷をつかったグルメかき氷のお店、我孫子市の吉岡茶房をご紹介します。

かき氷を目当てに来店しましたが、お店に着くとまず目に飛び込んできたのは手賀沼焙煎所という看板。吉岡茶房は豆を直輸入し、自家焙煎して提供する本格的な喫茶店でもあるのです。ピーベリーというコーヒー豆の木から5%しか取れない貴重な豆を取り扱っています。

商社を介さずに、原産地と直接取引することで、生産者がよりよい収入を得られ、品質の安定した良い豆を仕入れることができているそうです。いわゆるフェアトレードですね。ソーシャルグッドなコーヒーも是非飲みたい!

伺ったのは日曜日のお昼過ぎ。人気のお店と知っていたので、行列は必須と思っていましたが、15分程度で入店できました。普段はカレープレートやスーププレートなども提供するカフェですが、この日は食事メニューがお休みで回転がはやかったのです。

四代目氷屋徳次郎の日光天然氷を使ったかき氷は全6種類

入店すると、店内はレトロモダンでとても趣のある雰囲気。店内には、カウンター席と4人掛けのテーブル席が3つあります。かき氷は 「普通サイズ」 と 「ハーフサイズ」 の2タイプ。ハーフサイズは普通サイズの3分の2の大きさとのこと。

隣のテーブルの方々が食べているかき氷に目移りしながら悩んだ結果、生いちごミルク期間限定のカフェオレ、そして水出しコーヒーを頼みました♪

素敵なガラスの器にこんもりと盛られた、見るからにふわふわのかき氷。

こちらはハーフサイズです

生いちごミルクはのいちごは、大粒の果肉が形を残したままで食べ応えがあります。

氷はふんわりとした食感でスッキリとすぐに溶けて無くなってしまいました。おいしい!

こちらもハーフサイズです

カフェオレかき氷はカフェオレ用に合わせた珈琲をあえて作り、蜜にしているそうです。かき氷ですが濃厚で、贅沢なアイスカフェオレを飲んでいるかのような感覚でした。

水出しのアイスコーヒーは、後味がとってもスッキリ。豆の風味やコクが感じられて、とても美味しかったです。

店内の商品は、すべて吉岡さんがひとつずつ丁寧に作っている様子が伺えました。カウンター席で美味しいコーヒーの淹れ方をじっくり見入るのもいいかもしれませんね。

吉岡茶房は2013年のOPEN以来ずっと、日光の天然氷を使ったかき氷が人気のお店ですが、かき氷を食べられるシーズンは4月〜10月までと期間限定です!ぜひお家族や友人と食べにいってはいかがですか?

■吉岡茶房 手賀沼焙煎所
https://yoshioka-shoten44.com/
〒277-1147 我孫子市若松170-4
TEL 04-7107-0800
営業時間 11:00~18:00(LO17:30)
定休日 月曜日(祝の場合翌火曜日)

 

(リビングかしわWeb特派員:フリーランス主婦りんご)

オリジナルサイトで読む

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

リビングかしわWeb

柏、我孫子、流山、松戸、野田を中心とした東葛エリアのグルメ、イベント、お出かけ情報が満載の「リビングかしわWeb」。地元在住の「リビング地域特派員」が街ネタを発信する「地域特派員レポート」や、旬ネタ満載の「開店・閉店記事」など、地元密着の情報を盛りだくさんに発信しています。 ※公開日、公開内容は「リビングかしわWeb」に掲載された時点の情報です。既に内容が変更されている場合がありますので、お出かけの際はHPなどで最新の情報を確認してください

north