柏の葉の「Grün(グリューン)」は100%植物由来のスムージーと700種の観葉植物が魅力

柏の葉の「Grün(グリューン)」は100%植物由来のスムージーと700種の観葉植物が魅力

mrs

柏の葉キャンパス駅から徒歩3分、コイルリンクガレージに今年3月オープンした「Grün(グリューン)」。おいしいスムージーが飲めると聞いて、訪ねてみました。

大小の観葉植物や多肉植物で森の中みたい


店内は観葉植物や多肉植物など緑がいっぱい

つくばエクスプレスの高架沿いを歩き、着いた店先には植物がたくさん並んでいました。店内に入ると上から下まで緑がいっぱい、まるで森の中に入ったようでした。


色鮮やかな植物や切り花も

マネージャーの富島敦さんは「外に置いてある植物はご自宅の庭やベランダで、店内の植物は家の中で育てられます」と。全部で600~700種類、大小さまざまあり、中には珍しい植物もあるようです。


機能的なガーデニンググッズも

きれいな砂利の量り売りや、便利そうなガーデニンググッズのコーナーもありました。

自家製アーモンドミルクを使ったスムージー


店内の片隅にあるスムージーのカウンター

スムージーは100%植物由来――肉・魚・卵・牛乳は不使用です。使われている「アーモンドミルク」は、毎朝絞り出す新鮮な自家製。一晩水につけた生アーモンドと水にデーツとヒマラヤ塩を足し、ミキサーにかけ、キメの細かいチーズクロスで濾過しているそうです。


左からストロベリー・ウォリアー750円、ピニャ・グリーン700円、サマーブリーズ800円。ストローは紙製

店名「Grün(グリューン)」の由来をお聞きすると、「ドイツ語で『緑』の意味です」と、飲食担当のドイツ人、デットジェンス・マルテさんが日本語で答えてくれました。

スムージーのほかジュースやホットドリンクもあり、テイクアウトも可能です。

2階には「シェアする本棚」やテラス席


2階へのらせん階段

店内中央には、植物が絡みついたらせん階段が。わくわくしながら上ります。


いろいろな本が置かれた「シェアする本棚」

ここは「シェアする本棚」。自分の本棚から2冊持ってくると、「しおり」1枚がもらえます。それと交換で、この本棚から1冊持ち帰ることができるそうです。アイデアは、柏駅前の「kamonかしわインフォメーションセンター」(ファミリかしわ3階)からとのこと。


眺めのいいテラス席

2階にはテラス席が4席。ここで街を眺めながら過ごすのも楽しそう。

「ドリンクで体を健康に、植物を眺めて心を健康に、さらに環境負荷を減らし、地球も健康に」と富島さん。

《店舗情報》
「Grün(グリューン)」
住所 千葉県柏市若柴186番地中央146街区1
コイルリンクガレージ101/201
つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」から徒歩3分
TEL 04-7136-7863
営業時間 スムージー9:00~16:00 グリーン10:00~18:00
定休日 月曜
店内5席・2階テラス4席
駐車場 立体駐車場(有料/時間貸し)併設
公式インスタグラム https://www.instagram.com/gruen.jp/

(リビングかしわWeb特派員:Mami)

オリジナルサイトで読む

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

リビングかしわWeb

柏、我孫子、流山、松戸、野田を中心とした東葛エリアのグルメ、イベント、お出かけ情報が満載の「リビングかしわWeb」。地元在住の「リビング地域特派員」が街ネタを発信する「地域特派員レポート」や、旬ネタ満載の「開店・閉店記事」など、地元密着の情報を盛りだくさんに発信しています。 ※公開日、公開内容は「リビングかしわWeb」に掲載された時点の情報です。既に内容が変更されている場合がありますので、お出かけの際はHPなどで最新の情報を確認してください

north