【柏】「フェーブ」って何?ちょっと個性的なパン屋さんを発見!

【柏】「フェーブ」って何?ちょっと個性的なパン屋さんを発見!

はじめまして。
まちっと編集部のまみーちょです。

これから、東葛エリアの素敵な情報をお届けしてまいります。よろしくお願いいたします!

本日は柏駅東口から
歩いて6分ほどのところにある、
こじんまりとしたパン屋さんに
お邪魔してきました。
その名も「ベーカリーフェーブ」。

パンは全て個包装で並べられており、
私は1番大きい「レーズンとクルミのリュスティック」(350円)を購入しました。

「レーズンとクルミのリュスティック」(350円)

「レーズンとクルミのリュスティック」(350円)

「リュスティック」って…?

リュスティックとは、フランスパンの一種で
加水率が高めの扱いにくい生地で作るパンのことだそうです。

通常、パンは生地を成形して焼きますが、
リュスティックは成形をしない、独特なものなんだとか。
(成形しないのに、ぐちゃぐちゃではないのが不思議…)

まずはそのままでいただきます。

持つとずっしり重いので、
硬いパンなのかと思っていましたが、
全体的に意外と柔らかめです。
寝ぼけている朝でも食べやすい…!

中は密度濃いめのパンなのに、
ふわふわ食感というのが不思議な感覚😲

レーズンが程よい甘さでくるみがザクザク入ってます。外側はちょっと香ばしい感じ。

続いて、焼いてみました。

我が家はトースターがないので、グリルで軽く焼きました

我が家はトースターがないので、グリルで軽く焼きました

焼くとサクッサクッに!
くるみの香りが際立ちます。
焼いても水分が抜けてぼそぼそするということはありませんでした。

お店には小さな置物のようなディスプレイが。

可愛い!けど…何だこれ?

可愛い!けど…何だこれ?

小さな置物の正体は・・・

店員さんににうかがったところ、店名にもある「フェーブ」がまさにこれ!とのこと。

フランス語で「フェーブ」=豆。
豆のように2-3cm程度の小さい陶器の人形が並んでいました。

この「フェーブ」を、新年を祝うフランスのお菓子ガレット・デ・ロワに入れる。
切り分けて一斉に食べた時に、
フェーブが当たった人は王冠をかぶり、
祝福を受けるんだそう👑(その幸運は1年間持続するとも言われている)

最初は本物の豆でやっていたようですが、
いつからか陶器製の可愛い人形になったようです。

ロシアンルーレットみたいで楽しそうですね!
(王冠フェーブ付きガレット・デ・ロワの
予約販売会もあるようなので、
気になる方はお店のTwitterをチェックしてみてくださいね♪)

行くたびにフェーブが増えていないか確認してしまいそうです😆

ベーカリーフェーブ

  • 住所: 千葉県柏市泉町2−7 オークライク泉 1F
    電話番号:04-7186-6629
    営業時間 : 11時〜19時(売切れた場合終了)
    定休日: 毎週火・水曜日

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部まみーちょ

健康第一!と言いつつ甘い物も大好き。グルメ情報やお出かけスポットを紹介します。

north