【柏】歌で希望を分け与えたい。Nozomさんにインタビュー

【柏】歌で希望を分け与えたい。Nozomさんにインタビュー

「まちっと柏」をご覧の皆様、グリフォンです。
こんにちは。

柏まつりの記事は今回で最後。
今回は、柏市在住のシンガー「Nozom」さんにインタビューをしてまいりました。
柏市のイベントでも少しずつ呼ばれ始めており、豊富な経験をバックボーンに介護士としての顔も持つ柏「うたのおにいさん」。
いったいどんな方なのかご紹介しましょう。
画像枠

母親の一言で始まった歌との出会い

Q. Nozomさんの歌との出会いを教えてください。
A. 私は昔から歌やピアノに触れていたわけではないんですが、保育園の頃に母親から「吉幾三」さんの歌を覚えなさい、といわれたんです。それがきっかけでした。

小学生が童謡とかアニメとか歌ってても普通じゃないですか。だからもっと面白いことをやりなさい。
人生をもっと楽しく、自分の思った道を進んでいきなさい、と教えられました。
それで音楽を好きになっていきましたね。

Q. それはなかなかユニークな教えですね。確かに、人生一度きりですから決められた人生は面白くない。どうせだったら、自分の思うとおりに進んでいくのがいいですよね。
A. 大学時代は歌に打ち込んでいましたね。二松學舍大学のアカペラサークルに所属して練習してたり、都内の文化祭に出たりしていました。
練習は柏駅やタカシマヤの前でしていたこともあるんです。
ギターデュオを組んで曲の投稿なんかもしていた時期もありました。

Q. Psalm(サーム)の活動もこの頃からですか?
A. はい。渋谷のライブハウス「多作」でアルバイトをしていたときに、店長をしていたのがPsalmのハマ(現在もPsalmのリーダー)だったんです。それで練習を見に来ないかと誘われて気がついたらPsalmに加入していました。
画像枠

柏を中心にこれから活動していきたい

Q. Psalmでは渋谷公会堂や赤坂BLITZなど大きな会場で活動されていましたね。今は介護士としても活動されていますが、歌手としての今後の展望は?
A. ご存知のようにこれまでPsalmの活動では都内で歌わせていただくことが多かったんですが、Psalmを離れ、結婚もしてこれからは柏を主な活動場所としてやっていこうと思っています。自分で歌ったり、イベントMCをしたりする他、多くの人に自分の歌を届けてそれが少しでも皆さんの希望になれればいいなと思っています。
Q. 希望という名前に負けないよう、これからも色々な場所でNozomさんのご活躍を期待しています。
  本日はありがとうございました。
画像枠

Nozomさんの活動がこれから楽しみ

Nozomさんは7月29日(土)の柏まつりを皮切りに、色々なイベントに参加されています。
8月26日(土)、27日(日)の松葉町夏まつりのMCもされた他、様々なプロジェクトも進行しているのだとか・・・。

今後の活躍が楽しみです!

さて、次回のまちっと柏は?

次回は、柏の小さなイタリアンのご紹介です。
お楽しみに\(^o^)/

Nozom

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

東葛地域アンバサダーグリフォン

「#柏を盛り上げよう運動」で、柏市民に柏の街をもっと好きになってもらうための活動をしています。カメラを通した柏の息吹を、みなさんにお伝えできるよう日々撮影中。自分たちの住んでいる街をもっと好きになりたいと思いませんか? そのお手伝いをいたします!

north