【池田】激しく炎を上げる大松明が練り歩く!伝統行事「がんがら火まつり」2022年は8月24日開催

【池田】激しく炎を上げる大松明が練り歩く!伝統行事「がんがら火まつり」2022年は8月24日開催

こんにちは!まちっと北摂編集部りんごです。

もうすぐ夏も終わりですね。寂しいやら、暑いのが終わりそうでほっとするやら。

そんなことを考える、8月の終わりに、
池田市で熱っつい祭り「がんがら火まつり」が行われるのをご存じでしょうか?

北摂を代表する伝統行事

「火難厄除け」「家内安全」を願って江戸時代から始まったとされる池田市の伝統行事で、大阪府の無形民俗文化財にも指定されている貴重なお祭り。

毎年8月24日に、五月山の中腹にある愛宕神社の神火が、山の麓にある「油掛地蔵」で重さ100㎏、高さ4mの大松明に移されます。
その大松明を若者らが担ぎ、約3kmの市内を練り歩くのです。

大きな炎を上げる、大松明は迫力満点

愛宕神社の神火は、五月山の斜面に灯る大一文字にも点火されます。

見どころは市役所前とさくら通り!

「大松明が組み合わさる瞬間に火花が飛び散り圧巻」「炎の熱気が強くびっくり」「火の粉が担ぎ手にかかっているが、それに耐えながら練り歩く姿がかっこいい」と、過去に観覧した人のコメントからも、その迫力が伝わります!

昨年、一昨年は沿道の観覧が自粛されていましたが、今年は感染対策を行いながら、観覧ができるのだそう。

観覧スポットは、市役所前とさくら通り!

大迫力の火まつりは、間近で見るのが一番!大松明を担ぐ若者の姿を目に焼き付けてくださいね。

がんがら火まつり

  • 8月24日(水)開催
    大松明の巡回=午後7時30分~10時
    見どころ=池田市役所前・さくら通り
    ※写真はすべて池田市提供

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部りんご

大阪生まれ、大阪育ち。結婚後、家族4人で北摂暮らしに。空が広く、緑が豊かで、子育てもしやすい北摂の街の雰囲気がとても大好きです。お気に入りの風景は、新御堂筋から見える夕焼け。アイコンの画像はお気に入りの2歳の頃の私です。

north