【北摂】「まちっと北摂」週間人気記事ランキングTOP10!(5/22〜5/28)

【北摂】「まちっと北摂」週間人気記事ランキングTOP10!(5/22〜5/28)

北摂エリア(豊中、箕面、吹田、池田、茨木)のジモトミン・まちのスペシャリスト発、リアルな街ネタニュースサイト「まちっと北摂」で閲覧された、先週(5/22~5/28)の人気記事ランキングTOP10を紹介します。

今週のTOPは、5月27日(土)・28日(日)服部緑地で開催された「ダンスキッチンカーフェス」の記事でした!

週末は、「WAN DOG FESTA」も開催された服部緑地。リニューアルに向けて、さまざまなイベントや取り組みが進んでいますね!

★イベント情報・まちっと北摂のオススメ情報は、メールマガジン、LINEでも配信中です。

【「まちっと北摂」メールマガジン会員登録はコチラ→】

【「まちっと北摂」LINEお友達登録はコチラ→】

【豊中】5月27日(土)・28日(日)服部緑地で「ダンスキッチンカーフェス」開催!ダンスステージにグルメ&遊びを満喫

こんにちは。まちっと北摂編集部のさっちーです。5月27日(土)・28日(日)にダンスイベントとグルメを同時に楽しめるダンスキッチンカーフェスが服部緑地で開催されるみたいです。 迫力のダンスステージを観覧しながら、グルメやワークショップも楽しもう 「エンターテイナーに活躍の場を!」をコンセプトに、3月に堺市の大泉緑地で開催され好評だったダンスキッチンカーフェス「ONE SHOT」。迫力あるダンスステージに、キッチンカーやエンタメブース、ワークショップなどが登場。ダンス好きの人はもちろん、子どもも大人も盛り上がるフェスが服部緑地にやって来ます。27日(土)は多彩なダンスステージ、28日(日)は小学生から一般部門に分かれたダンスコンテストが開催されます。2日間で総勢100組のダンスチームが集結!見ごたえありそうですね。たこ焼きやかすうどんなど大阪名物から、ハンバーガー、カレー、ローストビーフ丼、クレープなどグルメも充実。まぐろの解体ショーを行うブースもあるみたい。似顔絵やものづくりワークショップ、謎解きイベントなどお子さんも楽しめそうなコンテンツがそろっています。会場は両日ともに大きな噴水のある東中央広場。開催時間は午前10時~午後6時と一日中楽しめます!入場無料なので、公園で遊ぶついでに立ち寄ってみるもよし。ダンサーたちと一緒に盛り上がる2日間、ぜひ足を運んでみてください。▼ダンスキッチンカーフェス「ONE SHOT」のインスタグラム この投稿をInstagramで見る  ダンスキッチンカーフェス【ONE SHOT】(@dance_kitchencar_fes)がシェアした投稿

まちっと編集部さっちー

【箕面】ジモトミン・編集部オススメ「箕面のおいしいランチ」16選 〜おしゃれな人気店から穴場まで!〜

北大阪急行の延伸をひかえ、ますます目が離せない箕面エリア。開発が進むおしゃれなスポット船場から、話題の新店が続々登場の小野原、隠れた名店がいっぱいの阪急箕面線沿線までジモトミン、編集部が実際に食べてオススメする箕面のおいしいランチのお店16選!子連れでもOKのお店、大人がゆったりくつろげるお店、駐車場情報など、ジモトミン独自の視点でオススメポイントを紹介します。※メニュー・料金、営業時間等の内容は取材時のものです。

まちっと北摂編集部

【豊中】6月2日(金)~4日(日)蛍の里で「ほたるの夕べ 2023」が開催されるみたい

※6月2日(金曜)開催予定の「ほたるの夕べ」については中止になりました はじめまして。まちっと北摂編集部さっちーです。北摂の“いいところ”を発掘し、みなさんと一緒に「もっともっと北摂を好きになりたい」をモットーに、北摂のホットな話題、最新情報などをお届けしていきます。どうぞよろしくお願いします! さて、北摂の各所でホタルを鑑賞できる季節がやってきました。自然に囲まれた場所ならではの、この時期だけのイベントですね。豊中の蛍の里では、今年も「ほたるの夕べ 2023」が開催されるみたいですよ。 幻想的に舞うホタルを見にいきませんか? 6月2日(金)~4日(日)の3日間限定で行われる「ほたるの夕べ 2023」。場所は原田南の新豊島川沿いにある小型ドーム施設「蛍の里」。毎年この時期に、豊中市の職員の方が卵から大切に育てたホタルを無料で公開しているんです。ゲンジボタルやヘイケボタルが見られるそうですよ。ホタルの寿命はわずか1週間~10日ほど。その短い期間に放たれる幻想的な光を楽しみたいですね。時間は午後7時40分~9時40分の2時間。蛍の里までは阪急宝塚線 曽根駅から徒歩約15分。駐輪場はありますが、駐車場はないのでご注意ください。

まちっと編集部さっちー

【豊中】服部緑地が2024年の大変貌に向け始動!「Hattori Well-being Park」へ

こんにちは! 「教えたい/教えて」コーナーに、ニックネーム「アニー」さんから、これから服部緑地が大変貌!という情報をいただきました。ありがとうございます!❝服部緑地が2024年にかけて大規模な改修をしていくそうです。多様な人と自然がつながるサードプレイス「Hattori Well-being Park」として生まれ変わるそうで、期待でいっぱいです!大阪府のホームページに、イメージ図や改修スケジュールなどの詳細が載っていました。これまでも、学生や子育て世代、高齢の方々など幅広い年齢層に親しまれてきた服部緑地ですが、ますます賑わうようになるのかなと今から楽しみです!❞ 谷あいの原っぱの遊具の改修、休憩場所の新設、売店やレストラン「メイブーム」の閉店など、部分的に始まっていたプロジェクトもここに来て一気に加速しそう! 実際に現地の様子も踏まえて、ご紹介します! イベントや施設オープンの情報も!「服部緑地」の最新情報はこちらもご覧ください(関連記事一覧へリンク)   心・体・社会が元気になる、施設・イベントがどんどん生まれるって! 令和2年4月に池田土木事務所/公園課が発表した「服部緑地マネジメントプラン(案)」で服部緑地が今後変化していくことを知り、追加情報を今かと待ちわびていましたところ今回発表されたのが大阪府ホームページ内の公園紹介ぺージに掲出された、こちらの資料。令和5年度から20年間の指定管理業務において心・体・社会が元気になる(ウェルネス)公園 「Hattori Well-being Park」をテーマに新しい「施設」と「イベント等のコンテンツ」の提供をすることで人と自然が心地よく繋がる場、“サードプレイス”になれればという想いがあるそう。2023年度(令和5年度)の間に、さまざまな準備、整備を進めるようですよ! ちなみに・・・  【季節ごとの自然と触れ合いながら、自然と一緒にリラックスできる「心のウェルネス」】 ●円形花壇 (マップ⑦)ここが・・・イメージ画では、キッチンカー等も登場。芝生でゆっくりと団らんできそう。 ●レストハウス (マップ⑨)ここが・・・ 開放感満載のレストスペースに。 ●東中央広場 (マップ⑧)ここが・・・イメージ画では、マルシェイベントでしょうか?街と公園と人の交流が生まれそう! ●複合温浴施設 (マップ②)ここに・・・緑地公園近隣に温浴施設、スーパー銭湯がなかったので、このニュースは本当にうれしい!高頻度で通ってしまいそう。いなり山の竹林を眺めながらのお湯が楽しめるかしら。 ●カフェ (マップ①)このあたりに・・・くつろぎのカフェスペースに。子どもは「こどもの楽園」で、大人は「カフェ」で。一緒に楽しめそう!緑地公園駅から公園に続く緑道にもカフェがオープンするようです! ●関西最大級のアウトドアイベントや、いなりやまの竹を使ったライトアップ等のイベント自然を感じ、心が豊かになるイベントが開催されるようです!2022年も「集いの原っぱ」等で、イベントが開催されていましたがこれまで以上に様々なジャンルのイベントが増えるとうれしいですね【誰もが健康に、多彩なスポーツにも挑戦できる「体のウェルネス」】 ●スケボーパーク (マップ④) このあたりに・・・東京オリンピック後さらに人気となっている「スケートボード」パークができて、名ボーダーが生まれるでしょうか?! ●フットサルコート (マップ⑤)このあたりに・・・服部緑地には、陸上競技場、人工芝サッカー場もありますがフットサルコートもできて、ますますサッカーの盛り上がりが見えそう! ●スケートボード、ノルディックウォーキング等施設を活用したスクール開催現在もサッカーや陸上などの習い事、マラソン、オリエンテーリング等のイベントが開催されている服部緑地ですが老若男女が楽しめるスクール、イベントの選択肢が増えるのはうれしい。  【にぎわう、交流する、憩う。誰もが利用しやすい場に「社会のウェルネス」】 ●体験型農園 (マップ⑥)おそらくここあたりに・・・自分で収穫する作物は、おいしさひとしお。そんな体験が服部緑地で出来るようになるんですね! ●誰もが利用しやすい遊具 (マップ⑪)こどもの楽園の奥のエリアでしょうか。 ●農園での収穫祭、地域特産品の販売マルシェ等のイベントその他、コンビニエンスストアのオープンや、1月に閉店したバーベキュー&カフェレストラン「メイブーム」の再開業も予定されていそう。現在資料に掲載されている、スケジュールはコチラ自然と共生しながら、より利用しやすい公園に! 今の景色が変わることを想像するだけでワクワクしますが昔から遊び慣れた、大好きな風景でもあります。ちゃんと今の良さを残しながら、より過ごしやすい公園へと進化してほしい!◆公園内を円形花壇を中心に4ブロックに分類し、多様な自然と人が共生する状態づくり◆樹木管理計画に基づいて、生物多様性が富み、景観のよい森づくり◆ICTや先進技術を使って、支払いや移動、安全面等の利便が高まる、使いやすい公園づくり新しい施設や、イベントだけでなく、自然と共生しながら、より利用しやすい公園へと生まれ変わるようです。この2年で大きく生まれ変わる予定の服部緑地。これまで以上に人と街と自然が繋がり、心行き交う場になっていく様子をこれからも見守りたいと思います!

まちっと編集部さんこう

【茨木】入場無料!5月21日(日)「いばらき×立命館DAY 2023(OIC EXPO)」立命館大学 大阪いばらきキャンパスで開催

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。5月21日(日)、立命館大学 大阪いばらきキャンパスで、ワクワクする未来が体感できる「いばらき×立命館DAY 2023(OIC EXPO)」が開催されます! 学生・自治体・企業など150以上の楽しい企画が大集合! 3年ぶりにキャンパスを一般開放し、ステージ・体験・展示・飲食など150以上の団体が出展する大学と地域の交流イベント。今年は「ワクワクする未来を体感できる特別な1日」をテーマに、ドローン飛行見学やロボット展示、スポーツ体験企画、演舞や吹奏楽、和太鼓などさまざまなジャンルのパフォーマンスが楽しめるステージなどを実施。2025大阪・関西万博プレイベントとして、大阪・関西万博プロデューサーの中島さち子さんとのコラボレーション企画「五感で楽しむスペシャルライブ」も開催されます(入場無料・当日午前10時より整理券配布)。そのほか縁日ブースやキッチンカーの出店、パトカーにはしご車、ショベルカーなど乗車体験ブース、ランタン作りや工作体験ができるワークショップなど、お子さんと一緒に楽しめる企画も盛りだくさん!大阪いばらきキャンパスは、JR京都線 茨木駅から徒歩約5分、大阪モノレール 宇野辺駅から徒歩約7分とアクセスも良好。入場無料・事前申込不要なので、ぜひ気軽に立ち寄ってみてくださいね。【イベントの詳細はこちら】

まちっと編集部だんだん

【箕面】お得な堂島ロールのはしっこをやっと買えた!モンシェール ファクトリー ショップ

みなさんは、「堂島ロール」で知られる大阪の名店「パティスリーモンシェール」の工場「モンシェール ファクトリー ショップ」が箕面にあるのはご存じですか?私が初めて知ったのは、約7年前。たまたま目にしたネット記事に、堂島ロールがお得に買えると書かれていて「絶対に行く!」と決心。ただ、その頃から育児や仕事でバタバタ。パパがたまにお土産で買ってきてくれる「堂島ロール」をいただくたびに、「箕面の店行きたいな…」と思い出すくらいになっていました。 1日2回販売、数量限定で早いもの勝ち! 茨木にお出かけした帰り道。たまたま通った「モンシェール ファクトリー ショップ」の前がすんごい行列。目にするとダメですね、うらやましくなって(笑)。翌週の朝、思い切って車を走らせました。堂島ロールの切れはし「はしっこロール」が販売されるのは、午前10時からと午後4時30分からの1日2回。私は平日の9時30分に訪れたのですが、前から4番目でした。開店時間が近づくにつれ、人が次々に訪れ、開店時には20人くらいになっていました。はしっこロールは数量限定。1箱400円! 見た目を整えるために、はしっこを切り落としただけなので、もちろん味は全く同じで美味。前の人たちが2箱ずつ購入されていたので、お店の方に「1人2箱ずつですか?」と尋ねたら、「いいえ、大丈夫ですよ」とニッコリ。ほんとは5箱くらい買いたかったのですが、列のことを思い出して、プレーンを2箱、フルーツを1箱いただきました。はしっこ感ゼロ!食べ応え満点 待ちきれず、帰ってすぐにオープン♪当たり前なのですが、間違いなく「堂島ロール」♡ “はしっこ”と聞いていたので、どんくらいペラペラなのかな?と思っていたら、全然!! 十分です。子どももパパも私も大好きなので、3箱はその日のうちになくなり、次の日の喪失感といったら。もっと買えばよかった。思い出したら、また食べたくなったので、近いうちに行ってきます。

ジモトミンひまわり

【箕面】5月27日(土)森町中央公園で「森の町まつり」開催!自然の中で食と体験を楽しもう

こんにちは。まちっと北摂編集部のさっちーです。5月27日(土)箕面の森町中央公園で、「森の町の暮らし」を体感できるお祭りイベント「森の町まつり」が開催されるみたいです。 食と体験を通して、「森の町で暮らすこと」を考えよう イベント会場「森町中央公園」があるエリアは、豊かな自然環境に囲まれた「森の町」。家から山々が見え、薪ストーブやバルコニーでたき火をしながら暮らす人も。近くにはキャンプ場や子どもたちが自由に遊べる公園もあります。そんな「森の町での暮らし」の魅力を紹介する同イベントでは、普段なかなかできない薪割り体験や馬とのふれあい、ヤッサン一座の紙芝居、サッカー、芝生ヨガなど大自然の中で子どもから大人まで楽しめるコンテンツを用意。箕面ビールやドーナツ、カレー、鯖寿司、ベーグルなど北摂で人気のお店も出店し、グルメも楽しめます。山々に囲まれた公園でお子さんと一緒に遊んで、食べて、自然を感じて。公園の高台からの眺めもよく、広々とした空間でリフレッシュできそうです。会場までは阪急バス「森町中央公園」下車後、徒歩約2分。千里中央からバスで向かうのがよさそうです。車で来場する場合は、会場近くに有料駐車場(JPM箕面森町駐車場)があります。新緑深まる自然の中で、“森の町での暮らし”をぜひ体感してみてくださいね。▼「森の町まつり」インスタグラム この投稿をInstagramで見る  森の町まつり|5/27箕面森町で開催🏕(@morinomachi_minoh)がシェアした投稿

まちっと編集部さっちー

【茨木】ジモトミンがオススメ!とっておきのカフェ11選 ~おいしい、おしゃれなお店満載~

どんどん新しいお店がオープンし、おしゃれな街に進化している「茨木」。今回は、普段実際に利用しているジモトミンがオススメする、とっておきの茨木のカフェを11店ご紹介します!友だちや、一人でまったりカフェ利用して、おいしいコーヒーを味わうのはもちろん、モーニングやランチでおいしいカフェ飯に舌鼓。子連れも楽しめるお店、テイクアウト利用できるお店、古民家カフェや気持ちのいいテラス席でくつろげるお店も!カフェへのおでかけの際はイベント・お出かけ情報もチェックして、おいしい!おしゃれ!楽しい!茨木を満喫してくださいね。

まちっと北摂編集部

【池田】ジモトミンがオススメ!「大阪・池田の美味しいランチ」14選 

学生の街、活気あふれる「石橋阪大前駅」から、カップヌードルミュージアム、五月山公園等観光スポット満載の「池田駅」、緑あふれる「細河地区」まで、エリアによって異なるさまざまな魅力があふれる街「大阪・池田」そんな「池田」で、ジモトミン・まちのスペシャリストが実際に食べてオススメする美味しいランチのお店を14店ご紹介します!市内で人気のお店から、子連れでも予約して訪れたい隠れ家ランチ、学生もうれしいボリュームランチまで、ジモトミン独自の視点でオススメポイントを紹介します。※メニュー・料金、営業時間等の内容は取材時のものです。

まちっと北摂編集部

【吹田】プロが教える「万博お祭り広場ガレージセール」買い物攻略法!掘り出しものをゲットするには?2024年最新スケジュールも紹介

こんにちは!まちっと北摂編集部だんだんです。万博記念公園のお祭り広場で「ガレージセール」が定期的に開催されているのをご存じですか?関西最大級のフリーマーケットに参加してみたいけど、「どんなものが売っているのかな?」「欲しいものが見つかるかな?」と広い会場内で、果たして上手に買い物できるのか心配な人もいるのでは。そこでだんだん、イベントを主催する「日本ガレージセール協会」の方に、「万博お祭り広場ガレージセールで上手に買い物する方法」を詳しく聞いてみました。プロならではの視点で“ガレージセール攻略法&裏技”を伝授します!▼後半には2024年の最新スケジュールも紹介! 「ガレージセール」と「リサイクルフェア」の違いは? 万博記念公園で開催されるガレージセールの種類は2つ、「万博お祭り広場ガレージセール」と「EXPOお祭り広場リサイクルフェア」。どちらのイベントもプロ(新品・中古問わず仕入れ品や同一商品を販売)、アマチュア(一般家庭内不用品、リサイクル品を販売)、手作り(自分で作った作品を販売)のブース出店があります。出品されるものとしては、シーズンごとの洋服、日用品、おもちゃなどが多く、お米・くだもの・野菜などを販売するブースもあるそうです。 「万博お祭り広場ガレージセール」は開催頻度が高く、出店数は約300ブース。車で会場に乗り入れての出店が可能なので、比較的大型のもの(家具、家電など)も出店されます。「EXPOお祭り広場リサイクルフェア」は季節ごとの開催で、出店数は約600ブース。手荷物出店限定なので、手作り雑貨などの出店が多く、アットホームな雰囲気。大型のものを狙いたいなら「万博お祭り広場ガレージセール」、手作りのアイテムなどを狙いたいなら「EXPOお祭り広場リサイクルフェア」に参加するのがオススメ! 目玉商品は午前中、安さ重視なら午後が狙い目! 開催時間は午前9時30分~午後4時30分(EXPOお祭り広場リサイクルフェアは午後5時まで)。プロいわく、お目当ての商品やその日の目玉商品を狙うなら、とにかく早めに会場に向かうのがベスト!毎回約5000人と来場者も多く、イベントのスタートと同時に、ブース目掛けて駆け足で(!)入場する人もいるそうなので、遅くとも午前中には入場したほうがよさそうです。とにかく安いものをゲットしたい!という人は、値下げが始まる午後が狙い目。「今日中に売り切ってしまいたい」という出店者が、終了時間が近づくとともに値下げを始めるそうなので、欲しいものが残っていれば、破格の値段でゲットできるかもしれません! いい商品かどうかは、その場で必ずチェックして! 基本的に、家庭で使わなくなったもの(リサイクル品)が出品されるガレージセール。安いからといってよく確認せずに衝動買いしてしまうと、後々後悔することに・・・。商品を買うときのチェックポイントは、●汚れやキズなどがないか ●セット販売の場合、部品の不足などがないか ●おもちゃなどはちゃんと作動するか家電を購入した場合は本部で通電チェックしてもらえるので、故障などがないか確認しましょう。高額商品を購入した場合には、万が一何かあった場合の連絡先を確認しておくと安心です。プロいわく、ガレージセールのおきては「商品を手に取った人に買う権利がある」。「これいいな」と商品を眺めていたら、あっという間に取られてしまったというのはよくある話。買いたいものを見つけたらすかさず手にとって、「これはどこで買ったの?」「どのくらい使ったの?」「元値はいくら?」など出店者に気になることを聞いてみましょう。聞くのはタダ!なので、納得して購入できるようにどんどん質問してみてください。 プロが教える“値切りの交渉術” 「もともと安いのに、こちらから値切ってもいいの?」と思いがちですが、ガレージセールの醍醐味はここにあり!もちろん値切ってもOK。出店者とコミュニケーションをとって安く手に入れるのも、ガレージセールの楽しみの一つなんですって!上手く値切る方法として、まずは商品について質問したり、気に入ったポイントを伝えたりして、出店者と仲良くなるのがポイント。空気が温まったところで、安くなるかどうか聞いてみたり、「こっちも買うので安くなりませんか?」とまとめ買いでの値引きを交渉してみるのもオススメとのこと。お互い気持ちよく売り買いできるよう、そのときの出会い、コミュニケーションを楽しんでください! さぁ、参加しよう!2024年4月~7月の開催日は? 2024年4月~7月の開催日は以下の通りです。【万博お祭り広場ガレージセール】2024年4月14日(日)・21日(日)、5月12日(日)・19日(日)、6月9日(日)・30日(日)、7月14日(日)午前9時30分~午後4時30分。入場料は大人(高校生以上)400円、小・中学生200円、幼稚園以下無料です(別途、万博自然文化園入園料が必要)。イベント当日は、キッチンカーの出店などもあるそう。雨天中止の発表やイベントの詳細などは、イベントのInstagramやX(旧:Twitter)などで確認できます。「ガレージセールに出店したい!」という人は、ホームページで出店方法などを確認!出店するもよし、お買い物を楽しむもよし!ぜひ気軽に参加してみてくださいね。

まちっと編集部だんだん

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと北摂編集部

「まちっと北摂」編集部です。とっておきの北摂情報、編集部からのお知らせを発信していきます!

公式LINEバナー

週間人気記事ランキング

週間人気記事ランキング

north