【松戸】さむーい季節に昭和の純喫茶で一休み(純喫茶・若松)

【松戸】さむーい季節に昭和の純喫茶で一休み(純喫茶・若松)

おはこんばんちわ。
まちっと編集部のナタリーです。

今年こそは体を動かす新しい習い事を始めようと心に決めておりましたが、いざ年が明けてみると毎日家の中でぬくぬくと丸まって怠惰を飼い太らせている日々です。
だって尋常でなく寒いんだもの。
ぜんぶ冬が悪い。私は悪くない。

万年運動不足のアラフォーにおすすめの(つまりあまりに負荷が大きすぎると即故障の可能性があるしそもそも継続しないという前提)スポーツがあれば、コメントででも教えてください。
一体健康な人はどんな運動をしてるんだ…? 謎…

純喫茶の対義語は何か。

純喫茶、という言葉の定義は現代においてもはや概念的というか、とても曖昧です。
「純」と付くからには、「不純喫茶」もあるのか。
ググってみました。

------引用------
純喫茶(じゅんきっさ)とは、酒類を扱わない、純粋な喫茶店のこと。酒類を扱い、女給(ホステス)による接客を伴う特殊喫茶(カフェー)に対してのレトロニム的な呼称。
(Wikipediaより)
------引用おわり------

特殊喫茶…!
不純喫茶なんかよりよっぽどな雰囲気の語感!
「レトロニム的な呼称」という表現もなんとなく気に入りました。
つまり純喫茶というカテゴリの興りは昭和初期にまで遡り、バブル初期くらいまではバリバリの現役だったようです。

今や純喫茶といえば昭和レトロなカフェの類義語。
「映え」を求めて若い子が乗り込んできては、パフェやらプリンアラモード片手に自撮りに励んでいるイメージ(凄まじい偏見)。

そんな純喫茶、実は松戸に数多く点在しているとのことを小耳に挟みまして。
まずは、以前伺ったカルガモコーヒーさんのオーナーさんにご紹介いただいた、純喫茶・若松さんにお邪魔してきました。

昭和へといざなう若松さんの階段

昭和へといざなう若松さんの階段

はじめて来るのに圧倒的に懐かしい。居心地よすぎな昭和の喫茶店

若大将とか社長シリーズで見たような気がする、個性的なデザインのシャンデリアが下がる狭い階段。
足元は赤絨毯。
そこを上った先が、純喫茶・若松の入り口です。

店内の様相も、もちろんこちらの期待を裏切りません。
年季は入っているけれど綺麗に整えられたソファは、クラシカルな花柄。
天井の照明は嵌め込み式のダウンライトですが、なぜか全部違う模様の家紋が…。
テーブルの上には仁義なき戦いにおいて時として武器代わりに使われていたような、絢爛でごついクリスタルの灰皿。

おお…これぞ正真正銘の純喫茶…!

こちらの若松さん、今は名物店主の典子さんがお一人で切り盛りしてらっしゃいます。
この日はまだ年が明けて日も浅かったためか、私の他にお客さんは一組のみ。
途中から私だけになったので、典子さんとじっくりお話させてもらう機会ができました。

テレビなどでお店が紹介されてから、今までにない若いお客さんが増え、彼ら彼女らがSNSでお店のことを発信するのを見て、更に新しいお客さんが来てくれているとのこと。

「私の知らないところで、インスタグラム? とかに載ってるらしいのよねー。あれって世界中で見れちゃうの? へー」
と仰っておいででした。
今後、お店に行ってSNSに掲載する際には、ぜひ典子さんにも教えてあげてください。
お忙しくなければ色々と面白いお話も聞けるかも。

コロナ禍前は地元でイベントがあれば必ず声が掛かって、プロジェクトチームに参加していた、まさに「街の顔」でもある典子さん。
この2年間はお祭りもことごとく中止になりとても寂しい、とのこと。
まったく同感です。。

街に再び活気が戻り、心気なく大騒ぎできる日が来ることに、レトロ空間で思いを馳せるのでした。。
なんだか典子さんの話になちゃったな。
現場からは以上です!

ジャズの流れる店内でぼんやりしていると、まるでタイムスリップしたかのよう。。

ジャズの流れる店内でぼんやりしていると、まるでタイムスリップしたかのよう。。

熱々のおしぼりはサンローランの可愛いタオル♪こんなところもアットホーム。

熱々のおしぼりはサンローランの可愛いタオル♪こんなところもアットホーム。

おしゃれなカップ&ソーサーでいただくシンプルな味わいのコーヒー

おしゃれなカップ&ソーサーでいただくシンプルな味わいのコーヒー

ホットな地元情報を投稿してくれるジモトミン募集中!

まちっと柏では、まちの魅力を発信してくれる人=ジモトミンを随時募集中です!

まちっと柏のキーワードは、「街(まち)」×「人(ひと)」。
柏、松戸、我孫子、流山、野田のまちに暮らす人、働く人、学ぶ人=ジモトミン が主役です。

ジモトミンがまちで見つけた“ネタ”を自分目線で投稿することで、リアルタイムに街の旬が分かります。
ジモトミン同士や、ジモトミンとまちの人たちが繋がる場も提供していきます。

面白そうと思ったらぜひ手を挙げてくださいね!

純喫茶・若松

  • 千葉県松戸市本町18-2 2F

    営業時間 10:00~18:00
    定休日  不定休
    ※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部ナタリー・ティエン

「まちっと」コンテンツプロデューサー。三度の飯と酒をこよなく愛する、ソロ活の求道者。宝くじが当たったらラム酒の風呂に入りたい。三千世界の酒場を巡り、いつか運命の一杯と相まみえる日が来ることを願ってやまない夢見がちな三十路です。よろしくお願いします。

north