【松戸】子育て世代へ向けたPR映像『これまでも、これからも、このまちで』が完成!

【松戸】子育て世代へ向けたPR映像『これまでも、これからも、このまちで』が完成!

おはこんばんちわ。
まちっと編集部のナタリーです。

先日、SUUMO住みたい街ランキングにて流山が大躍進! というニュースをお伝えいたしましたが、松戸市も負けてません!
2年連続で「共働き子育てしやすい街ランキング」1位に輝いた松戸市が、このほど、子育て世代へ向けて街の魅力をPRする映像を作成、完成したとのことでご紹介いたします。

“子育てしやすい街 2年連続No.1”の千葉県松戸市、子育て世代へ向けてPR動画を作成

千葉県松戸市は「共働き子育てしやすい街ランキング」(日本経済新聞社/日経xwoman 調査)で2020、2021年の2年連続1位を獲得。市内全23駅の駅ナカ・駅前に小規模保育施設を整備し、その施設数は県内1位(令和3年12月時点:105)、待機児童ゼロは6年連続(国基準)、都心へのアクセスも便利なエリアとして、共働きの夫婦にも嬉しい環境が整っています。
その充実した支援施策やサポート体制を子育て世代に向けてPRをするため、市は新たなPR映像を企画し、株式会社ポニーキャニオンが制作。本日配信をスタートいたしました。

映像は、主人公が両親から溢れんばかりの愛情を受けて育った幼少時代を振り返り、自らが生まれ育った街、松戸市でこれから子育てをしていくことへの期待と希望を描くストーリー。
映像の中には小規模保育施設、送迎保育ステーション、幼稚園、夜間小児急病センター、放課後児童クラブ、21世紀の森と広場、戸定邸などが登場し、松戸市の支援施策、サポート体制、住みやすい環境が伝わる内容となっています。

【PR映像】
タイトル : 「これまでも、これからも、このまちで」
監督:    奈良崎悠記(Juvenile.)
出演:    宮田祐奈 磯部優香 村川翔一 萬谷愛理 本田涼香
テーマ曲: 「このまちで」
       Vocal:BENI Music&Words:3 rd Productions

テーマ曲はBENIの書き下ろし!

さらに、この映像のために書き下ろされたテーマ曲「このまちで」は、シンガーでありながら若い女性を中心に新たなファッションリーダーとして支持されているBENIさんが担当。
BENIさんご本人も母として、子育ての真っ只中に今回の松戸市のPRに参加し、下記のコメントを寄せています。

■BENI コメント
「今回、楽曲「このまちで」を通して、松戸市の皆さんと一つになれた気がしていて、とても嬉しく思っています。紫陽花や桜並木、松戸市の素晴らしい風景を思い浮かべながらレコーディングさせて頂きました。皆さんの想い出と重ねて何度でも聴いて頂きたいです。」

【BENI Profile】
ファッションや写真、アート等のセンスは同世代の女性から支持されておりキュートな容姿を備えつつ、鮮明かつパワフル、そして感情豊かな歌声を持つカリスマシンガー。
圧倒的な歌唱力と音楽性の高さに注目が集まり、2ndアルバム「Lovebox」がオリコンチャート1位を獲得。

エキゾチックな美貌でファッションアイコンとしても、多くの女性から支持 を得ている。
また自身初となる英語詞カバーアルバム「COVERS」はオリコン1位を記録しロングヒット、日本ゴールドディスク大賞「企画・アルバム・ オブ・ザ・イヤー」受賞。iTunes年間アルバムランキングでも1位を獲得、「COVERS 3」まで合わせシリーズ合計100万枚のヒットを記録。
さらにワールドワイドな活動も展開しておりNe-Yo、Mary J. Blige、Sergio Mendes等、海外アーティストの作品にもコラボ参加している。

松戸市の子育て支援について

千葉県松戸市は、人口:約50万人(千葉県内第3位 ※令和3年10月末現在)。江戸川を挟んで東京都に接し、ベッドタウンとして人気が高く、都心への近さもありながら市内には自然や公園といった緑も多く、スポーツ施設や図書館、子育て支援施設、病院なども豊富です。
近年では上野東京ラインが開業したことにより、東京都心へのアクセス(東京駅までは最短で約24分)が向上。”共働き子育てしやすい街ランキング”で2年連続1位となるなど、制度・施設が充実した街としてファミリー層を中心に支持を受けています。

子育て支援詳細は、松戸市子育て情報サイト「まつどDE子育て」をチェックしてみてください!

松戸市公式ホームページ

★この記事が気になったり、いいね!と思ったらハートマークやお気に入りのボタンを押してくださいね。

※記事に掲載した内容は公開日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけ、サービス利用の際はHP等で最新情報の確認をしてください

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • LINEで送る

ライター一覧

この記事を書いたのは…

author avatar

まちっと編集部ナタリー・ティエン

「まちっと」コンテンツプロデューサー。三度の飯と酒をこよなく愛する、ソロ活の求道者。宝くじが当たったらラム酒の風呂に入りたい。三千世界の酒場を巡り、いつか運命の一杯と相まみえる日が来ることを願ってやまない夢見がちな三十路です。よろしくお願いします。

north